cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

『劇場版ドラゴンボールZ  復活の「F」 』を見てきました

この記事はだいたい 639 で読めます

ぶっちゃけた話、1800円の通常料金払って見るほどのものかと言うと、そうでもない。いや、マジで。

バトルシーンがかなり多め。ただしこれは前回バトルシーンが少なかったことの反動だとか。 

まぁこのへんは仕方の無い部分もあるなーと。なんせ、既に連載はずっと以前に終了していて、テレビシリーズも既に終了して久しく、下地になるものがこの1年で全く増えてないんだから。オリジナルストーリーで映画を作るにしても、既存のキャラクターを使うしかなくて(一気に新キャラを増やしてその役所、立ち位置の説明を織り込んでストーリーを展開させるにはアニメ映画では時間がなさすぎ)、結局手駒の無さ(増やしにくさ)でストーリー展開の幅が狭まってる。

あらすじ

破壊神ビルスとの闘い後、再び平和が訪れた地球にフリーザ軍の生き残りであるソルベとタゴマが、ドラゴンボールを求めて近づいていた。その目的は、軍の再起のためにフリーザを復活させること。宇宙史上最悪のその願いは遂に叶えられ、蘇ったフリーザは悟空たちサイヤ人への復讐を目論む。そして、地球に新フリーザ軍が押し寄せ、悟飯、ピッコロ、クリリンらは1000人の兵士と激突。悟空とベジータは、フリーザとの宿命の対決へと挑むが、フリーザは圧倒的なパワーアップを果たしていた。

ネタバレ含む感想

先着でもらえたミニ冊子。

確かに中身はネタバレ満載でした(´∀`*)

以下、ネタバレ考慮しない感想っていうかツッコミなんですけども。あと、若干(?)腐臭がするのは気のせいではないです。

あれこれツッコミどころはたくさんあるんですが、非常に伏線がわかりやすくて、もれなく回収されてるあたりは破綻のない(あくまでその部分では)シナリオでした。

ドラゴンボールで復活するフリーザ

何故誰もその可能性を考えず、また対抗策を講じなかったのか

そもそもドラゴンボールみたいな危険な代物をなぜ野放しにしているのか(だからピラフ一味が6個まで集めてしまってるわけで)。前作で使ってしまったからまだ回収してなかっただけなのか。それにしたって手抜かりが過ぎるだろう。

あと、シェンロンに復活を頼むときに「バラバラでもいいからとにかく復活してくれ」じゃなくてヤムチャみたいに「完全な体で復活させてくれ」って頼めばよかったんじゃね、っていう。

そんなフリーザ、復活してしばらくはあの優雅で残酷なプリンスっぷりだったのに…戦うとなると…あれ? そんなに絶望的な感じがないぞ…? ていうかあの白と紫の最終形態がスタイルとして完全すぎて、いくら色を変えたといってもあれを超える洗練された空気感はもうないんだよね…完成されすぎてたんだよ過去のあのフリーザ様が。

なので後で書くけど狙撃からの流れはなんていうか、あのフリーザ様も落ちたものだと。

一切空気読まないビルスとウイス

なんという空気デストロイヤー。

終始一貫して地球のこともフリーザの復讐もどうでもよく、食い意地だけで生きてる破壊神とそのお付き。まぁ神様なんてフリーダムなもんだからこれくらい理不尽な存在のほうがいいんだろう…DBZの地球の神様が情に厚すぎただけで。

そういえばウイスが落書きした悟空とベジータの胸元のサイン、今回は最後までそのままだったから、現在の師匠はウイスってことなんだろうな、と。

見ろ、部下がゴミのようだ

1000人の(寄せ集め)フリーザ軍と共に地球侵攻してきた新フリーザ様。

この見るからにザコな1000人の兵士がですね…羽虫も塊で来るとウザいな! っていう。

最後まで誘蛾灯に飛び込んでやられる羽虫でしたね…地球組の見せ場のためだけ。

…それにしてもあの宇宙船のどこにこんなに乗ってたんだ。あの中は異空間に通じているのか。

戦う亀仙人

強い。

いや、なんかこんなガチで戦う亀仙人見たのって…あれ、いつぶり? 強かったんや…!

地球人最強と戦力外通告二人

警察官やってるクリリンがほんとに、あの世界の中で唯一まともに社会に溶け込んで生きてるな、と(悟飯もか)。銀行強盗を律儀に乗り物で追いかけるあたりとかw 飛んだ方が速いだろうに相手が普通の人間だからか。

そんな地球人最強のクリリン(着メロはワンピ)。嫁さんに頭を丸めて貰って気合入れて…嫁に「かっこいい」って言って貰えてよかったね! 聞こえてないだろうけど!←

そんな頼りになるクリリンの一方で、天津飯に「チャオズとヤムチャはおいてきた、危険の方が大きそうだ」とあっさり戦力外通告されてる二人www クリリンとどこでこんなに差が付いた/(^o^)\

子世代出番無し

前作であまりにもオールスターすぎたからか、出番無しになった悟天とトランクス。

作者の言葉で、子世代は戦いに巻き込まない選択をしたということなので、もし続編を今後もやるのであれば手駒を温存したということかなぁ…

光線銃でやられる悟空

見た人がだいたい突っ込んでるのがこの場面。「もしもの時」のためにフリーザが部下に狙撃待機させてた件。

伝説の超サイヤ人なのに光線銃の狙撃で致命傷ってどうなん。ウイスに言われてた「実力を過信しがち」なところを出したかったんだろうけど、あまりにも唐突…

あと、この場面、昨今のアニメの表現規制を如実に感じたわ…血反吐吐かないんだもん。流血もしない。ただ殴り合って体が薄汚れていくだけ。昔のドラゴンボールならもっと血まみれになってたし、光線銃で射貫かれて傷口踏みにじられたらしい血が滲んで当たり前だった。表現がマイルドになってるせいで、瀕死感がない…

ベジータ出番掻っ攫われ

ベジータも青サイヤ人になれたのはとてもよかったんだけど、目の前でフリーザに地球爆破されて、やり直しになったらその場面は悟空に持って行かれるしで…今回のベジータは姫ポジションか…(飛躍したようで他に言いようのないあれこれ)

あれなそれ

そこどうでもええやろ、って言われるけど私には大事なところ。

一瞬の未来トランクス

セル編の冒頭、メカフリーザを一刀のもとに切り捨て(原作)、粉微塵にして消し去った(アニメ)未来トランクスが回想シーンで!

いや、あの未来トランクスの登場シーンはほんとに格好良すぎてですね! セル編の未来トランクスはほんとに格好良かったんですよ!! でも未来が変わってしまったからトランクス(幼)は小生意気だし、GTの青年トランクスは今ひとつ頼りないし…あの格好良かったトランクスは消え去ってしまった…

そんなだからあの一瞬は格好良かった登場シーンを思い出して懐かしく思いました。

……数秒もないシーンで何長々書いてんだ自分。

子守ピッコロさん

パンちゃんのゆりかごを律儀に(足で)揺らし続けるピッコロさんww パンちゃん機嫌よく寝てるからしかも上手いんだろうなwww

悟飯といい悟天といい、ピッコロさんの子守スキルハンパないです…

眼鏡を外してマジになる悟飯

胴着が見つからなくて緑のジャージw で戦う眼鏡悟飯ちゃん。修行もあんまりしてなくて弱体化してるのかと思いきや、まだちゃんと超サイヤ人にもなれる…いや、いっそなれなくてもよかったんじゃね、とも思うけど(酷) そこはやはりセルにとどめを刺した(潜在能力は悟空以上の)男として…ってそれならもっと立場良くてもよかったんじゃないの? なんか中途半端。

けど眼鏡を外して超変化するあの流れは格好良かったですね。

専用カスタマイズ地獄を作って貰ってるフリーザ様

これは冒頭からも思ってたんだけど、一見天国のような穏やかな花畑でファンシーなぬいぐるみの楽団が演奏し、天使が和やか無邪気に歌い踊る…フリーザ様にとっての地獄。

専用の地獄を用意されるとかさすがフリーザ様ですね!

普通の地獄だと過去にクーデターやらかしたからですかね。

まぁそんなこんな感想ですが、周りはやはり親子連れというか、父親と子供、みたいな二世代が多かったですね。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA