cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

【SCRAP】かくれ鬼の家からの脱出

この記事はだいたい 27 で読めます

エヴァからの連戦で行ってきました浅草かくれ鬼。

お化け屋敷、大好きです。小さい頃から怖い話(それもほん怖やらよりは古典的な妖怪話や幽霊話)が好きで、怖くない訳がないのに遊園地に行くとお化け屋敷をせがむ子供でした。

そう、怖くない訳がないのに。

まぁ子供なりの「ええかっこしい」やったということですかねぇ…怖がらへん自分かっこええやろ、みたいな。


しかし嘘も吐き通せば真になるというか、相変わらず自分ではビビリだと思ってはいるもの傍目にはそんな気配が微塵も見えない程度には耐性がついていたようです。

というか、元から焦るほど冷静になるタイプなのでおばけトイレの秘密でもBIOHAZARD THE ESCAPEでも、周りがキャーキャー言ってる間は割と冷静にいられたかと。今回は参加者の中に本気で怖がる人がいてくれたので、私は黙々と謎を解いて体を張るだけでした。

浅草アジトは制限時間が30分と短い代わりに、延長システム(10分800円)が導入されているアジト。10分800円ってお高いですわよ! でもいつもの「あと5分あったら出来てた」の悔しさを解消できるならこのシステムはアリだと思うわ…強制ではないし、まして参加者の総意でなくてもいい。6人の内、コンティニューしない人がいてもいい。

でもやっぱり制限時間内に脱出したい。

スタートダッシュは遅かったと思うんですよ。というか、ホール系のスタートダッシュは得意だけど、アジト系のスタートダッシュは私、ほんっとにヘタクソというか根本的に苦手というか、そう、役立たず。

とはいえ、私の参加した回は6人中5人がリアル脱出ゲーム二桁経験者、かつ、複数回脱出成功者という…説明不要組。なので、私も自分がやったところ以外はさっぱりわからん!

それでもお化け屋敷耐性を発揮して最後に美味しいところだけいただいちゃいました(∀`*ゞ)

そんなわけで久しぶりのだっしゅほーい(∩´∀`)∩

コンティニューせずに、制限時間内にクリアですよ!

ベテラン揃いだったからか、難易度としては低めな印象でした。実際、脱出率も割と高めだし。お化け屋敷耐性がある人ならそんなに苦ではないかも。…逆にお化け屋敷耐性がない人には恐怖の30分間で、コンティニューするどころか「早く出たい!」ってなるのかも。

初めて浅草に来たものだから、浅草寺にも行ってきたんですが、あの大きい香炉で炊かれてる線香の煙を頭に浴びせた効用もあろうってもんですかね。

Pocket


1 comment

  1. Pingback: 【SCRAP】第3新東京市からの脱出 | cella

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA