cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

おめかしボードゲームパーティ 〜ナイトクラブver.〜

この記事はだいたい 359 で読めます

仕事終わってから覗きに行こうかなー……くらいのつもりで参加申込してたらまさかのシフトの隙間の休日だったので初めから参加してきましたおめかしボドゲ。

恋落ちアイドルで胸キュン台詞を(言われているのを見て)楽しんだり。いやぁおねぇさんがほんとにセクシーでね! まだ19時だというのにここは23時くらいのテンションではなかったかと。
それにしても自分はああいう晒し者おいしい役には向いてないですね。面白い反応できないだろうから見てるのが楽しいです。ニヤニヤ。ニヤニヤ。


今日やったボドゲを自分メモ。

インフェルノ

手待ち札12枚で1枚の場札に対してウノみたいに「同じ色」か「同じ数字」で出していって、出せなくなったらそれまでに場に出たカードが罰点として自分の物に。青黄緑黒は1枚1点だけど、赤だけは数字(1〜5)がそのまま罰点になる…ので赤だけは! 貰いたくない!誰かの手札がなくなった時点で集計するので、自分の手札をはくにはどこかで場のカードをのむっていう戦略もあり。

赤だけは貰わなかったけど初めにごっそり引き取った1点札が多くて(´・ω・`)

チーキーモンキー

サルのぬいぐるみだけが置いてあって、ディスプレイだと思ってたけど……え、これもボドゲなの!? 腹の中に入ってました。
サルのぬいぐるみの中には8種類のチップ(各3〜10枚)、背中から手を突っ込んで内臓宇宙をまさぐり、チップを取り出す。1ターンに何枚連続で取り出してもいいけれど、ダブったらそのターンに引いたチップはすべてサルの体の中へ。
ダブらずにため込んだチップは一つに積み上げて手元に残すものの、誰かが自分のタワーのてっぺんのチップと同じチップを引いたらそれは奪われてしまうという…
最終的に、手元に残ったチップの枚数と、8種類それぞれに一番たくさんためた人には3〜10点のボーナスポイントが入る集計システム。

これな! 欲張るとすぐにダブるんよね…
というか各種類、何枚ずつあるかは初めからわかってるから誰が何を何枚手元に置いてて、サルの中に何枚残ってるかを考えないと中盤以降は勝ち目が遠のくのではないかと。単純なのに奥が深い。

ダイスデビルズ

6人ゲーム。1〜6の悪魔になって、極寒の地獄で少しでも快適に過ごすべくアイテムを集めるゲーム。
悪魔はそれぞれ能力があって、ボスはサイコロ3個振って大きい方から2つを自分のものに出来るとか、相手にサイコロ振り直しを要求出来るとか、ダイスゲームに勝ったらアイテム奪えるとかとか。アイテムは耳当てや暖かいベッド、バーベキューやらストーブやら。得点は1〜3点で、それぞれ3個集めたらボーナスポイント+3点。6人に対して場にはアイテムが各ターン4個しか並ばないので必ずどこかがバッティング。バッティングしたらダイスゲーム(手持ちのダイス2個の合計)で勝負。勝ったらアイテムはもちろん、なんなら役職も交換出来る。

ボス強い! そんなボスのおこぼれを貰う6番デビル(サイコロは1〜4しか出ないけどボスの3個目のダイスを貰える)も強い。
それにしても「地獄が寒い」というのがなんか違和感を覚えるのは地獄といえば燃え盛る劫火、っていうイメージがあるからかな。

バサリ

商人になって「人」「宝石」「ポイント」を集めるために場の札(人の数、貰える宝石の種類と数、ポイントがそれぞれ書かれてる)を見て、自分が欲しいものを提示。バッティングしたら手持ちの宝石を材料に交渉(○色の宝石×個やるから譲れよと)。1クール終了時に人と各色の宝石それぞれを一番たくさん持ってた人には追加ボーナスポイント。

4人でやってたんだけど、ほんとに、ことごとくバッティングするのよね(´・ω・`) 途中からは人を集めるのもポイントも諦めて、バッティングした相手から宝石分捕る(交渉材料積み増し)方にシフトしてました。
言葉が通じない(という設定)でも談合は出来るというかw この1枚でトップ基準を満たすから代わりにとこの色の宝石所持数トップになるように宝石あげるよ、ってのが出来るから最後はそれで追い上げ得点を積み増ししてみたり。

今日は時間も短かったのでこの4つ。後から振り返ればバッティング系のゲームが多かったなと。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA