cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

なんば 隠れ城下町からの脱出

この記事はだいたい 137 で読めます

実はこれまで一度も行ったことがなかったなんばウォークの謎解き。1000円分のレシートで参加できるというハードル一見低そうに見えて、なんばウォークをうろうろうろうろするという部分で難易度高いと思ってた訳ですが、お誘いいただいたので行ってきました。

1000円分の買い物は白地に赤の亀甲模様な名古屋帯を買いました。……いや、次に着たいと思ってた着物が赤なんだけどよさげな帯がなくてさ…


メインはかくれ城下町、サブでbsrの佐助があったのですが、うん、地味にbsrの方が難しかったというか、ヒントというか、小謎で詰まりました。

とはいえ、bsrの方はエリアが随分限定されているので、最悪、足に頼れば強引にでもなんとかなるといえば…なるか…

しかし私は相変わらず単発でしか閃かないので、「何を指しているか」はわかっても「だからどーした」にしかならないという…一人だったら絶対解けてないわ…

小謎を解くために必要な手がかりはほんとになんばウォーク全体に散らばっていて、なんだかんだで2時間くらいかかりました。

そんなこんなで(主に同行者のおかげで)脱出成功!

途中で出した答えがとてももやっとしていて、もやっとしてる時点でそれは間違った回答なのだと言われて凄く納得。思えば「納得いかんけどこれ以上は考えつかんし」で出した答えがあっていた試しはない…

bsrの方も無事クリアしてポスカをげっと。

佐助を見るとだいもんが思い出されるのだけどあれもう2年以上前なの…(꒪⌓꒪)

真田幸村といえば、お馴染みの赤備の鹿角脇立兜。来年の大河は真田丸だから、大阪と和歌山と長野が観光客誘致合戦を繰り広げる訳ですね…

しかしよくよく考えれば私にとって真田幸村という存在はそんなにアイドルでもなかったという事実を再確認。いや、嫌いとか興味ないとかそういうのではないんだけど、愛着がないんだなぁ…というところを再認識。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA