cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

【Disney】グーフィーとマックスの秘密の日記

この記事はだいたい 213 で読めます

これをやるためだけにアンバサダーホテルに泊まったと言っても過言ではない…いやまじで。
ほんの少しだけ、シェフミもいってみたいなー、って気持ちがあったのは間違いないけど、ほぼほぼこのためだけのアンバサダーホテル宿泊です。

たぶんきっと次はない。

いや、バス送迎は家族連れには良いのかも知れないけど、私には不向きな立地でしたアンバサダー。部屋も安い部屋なのにとても広々していたけれど、それを差し引いてもやっぱりミラコスタかランドホテルがいいなぁ…パークから近いの最高。


さて、この謎解きはホテル内探索(夜中は探索禁止)と部屋での謎解きが必要ということで、ミニー謎が終わってチェックインする時に合わせてキットを購入。ここでも1組1冊で大丈夫と言われたけれど、やっぱり一人一つでないと。

チェックインして部屋に戻って、夜の貸切ミッキー謎までの間に少なくとも探索パートは終わらせておきたい(ミッキー謎から戻ってきてからは探索出来ないので次の部屋謎解きまでは進めておきたい)と謎解き開始。
ここらへんはまぁ簡単ですよ。さくさく進めて、探索まで終わらせて一時中断してミッキー謎解き(の前になんかアトラクション乗るか+晩飯)へ。

ちなみに晩飯はクリスタルパレスレストランにしました。

デザートだけで何種類あるの…!(これで全部な訳がない)

そんな腹拵えからのミッキー謎解き(極寒)を経てホテルに帰還したのは23時半頃。

しかしここからまたグマク謎解きが始まるのです(寝ろよ)

翌日、ゆっくりめの時間にシェフミを設定したとはいえ、あとどれくらい探索と、部屋での謎解きがあるのかわからない以上、次の探索パートまでは進めてから寝よう、と既に酷使した頭を動かそう…とするのですが。まぁ働きませんよね。寒さで凍えたからって湯船に熱いお湯をはって温まったらそりゃ睡魔来ますよね。
もうほんとに笑えるくらい頭が働かないw

しかしどうにかこうにか探索に繋げて泥のように眠り…翌朝チェックアウトまでに余裕をもって解答を提出。
ひねり出した答えはなるほど「綺麗な答え」でした。たどり着いてみれば、なるほど、と思える答えが出てくるんだからほんとによく出来てるよね。正解の持つ説得力がほんとにすごい。

そして我々は次なる謎解き(チデ)に向かったのでした。

【参考】
『グーフィーとマックスの秘密の日記』は東京ディズニーリゾート謎解きプログラム「ディズニーの仲間たちの夢を追え!」内のプログラムの1つとして2015年1月13~3月20日の間、アンバサダーホテルの宿泊者専用に開催されたプログラムです。
難易度は☆4つの設定でした。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA