cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

星組「スカーレットピンパーネル」宝塚大劇場

この記事はだいたい 531 で読めます

そろそろ大劇場公演期間も終わりに差し掛かっているところでいまさらのスカピン感想を備忘がてらに。

私は初演の星組を生では見ていないので(必然的に新公も見てない)、さゆみのあの(いまだに一部で語り継がれる)新公の挨拶も噂でしか聞いたことがないのですが、それでもみりおに続いて新公で主演した作品でトップお披露目というのは、当時から見てきたファンにしてみればしみじみ成長を感じるんだろうなぁ…

というわけで、大劇場お披露目を見てきた感想です。


トップコンビのお披露目で「生まれたばかりの夫婦」と歌うあのラストシーン(いきなりラストから)は船出とあいまって本当に「新生星組」だなぁ・・としみじみ。新トップとしてはついこの前にたまきちの月組を見たけれど、やっぱりこちらのほうが学年も上だということもあり、パーシーのちょいちょいはさんでくるアドリブにさゆみのコメディエンヌとしてのあふれる才能を感じました。あと、こういう言い方は不適切なんだけど「歌、上手くなったなぁ…」というのが正直なところです。

いや、ほんとに。

メイちゃんのときのあの…あの二人がいまや…と思ってしまうから私の中であの作品ちょっとしたトラウマになっているのかもしれない。ことあるごとに思い出しては頭を抱える作品。…いや、現地で見てたときはそうでもなかったんだけど映像になったときに自分の劇場補正+思い出補正のひどさに愕然としたというか。

それはさておき。

抑えた芝居をしているさゆみは本当に安心してみていられたし、一方、パーシーがショーブランをからかう場面では相変わらずのコメディセンスだし…初日から二日目くらいまでのコーディネートは「豹柄の上着を着て、ペンとりんごを持って」だったし、その後で見たときは「真っ赤な上着と真っ赤なパンツで茶色いマントをつけて」の段階では何かわからなかったんだけど、その後に「顔がアンパン」って言われて初めてああ、アンパンマンか、と。言われるまでわからなかったけどわかった瞬間はみんなそれとわかるから、ピコ太郎みたいな一斉風靡だけではなくて、そういう普遍的なところを攻めてくるのも面白いね。

マリーの絵のモデルではちょうどWBCやってた時期だったからか、ピッチングのポーズをしてみたものの思いのほかウケなくて「そんなにウケなかったからもういいや」と切り替えてそっちで笑いを取るあたり、すべり芸も気にしない強さがある…さすが関西人。

マルグリットはまりもの印象がすごく強くて、その前のあすかちゃん(映像でしか見てないけど)も強い女性だったから、どうしても「かわいい」イメージの強いあーちゃんでどうなるかと思ったのですが、杞憂だった! あーちゃんの「私、女優よ」っていうプライドの高い女性すごくよかった。何より、ショーブランに対して「(愛したことなど)ないわ」と言い捨てるあの台詞にすごく説得力がありました。自分が美しく魅力にあふれていることをしっかり自覚した上でそれを利用することをいとわない(そしてそれに対して微塵も引け目を感じない)女というか。

ことちゃんのショーブランは本当に楽しみしかなかったです。そして見た瞬間の満足度は期待値のはるか上でした。いや、ほんとに研2のロミジュリで頭角を現してからこっち、毎公演段違いに成長していっているのになお余力を感じさせるのってほんとすごい。この子いったいどこまで伸びるというの…。

前回の大劇場でブラックな役をしたのもあって、主人公に相対する役もずいぶん板についてきたと思いますが、何より! あのマダムギロチンの低音で歌詞がすっきり聞き取れたことに衝撃。…そういえばそんな歌詞だった…! 声量も相変わらずで、あの音域であの声量を維持できるのってほんとすごい。こわい。今公演の初見で、(スカピン自体初見じゃないからどこで拍手入れるのかなんてわかってるはずなのに)拍手入れ忘れて呆然としてしまったんですよマダムギロチン。…すごかった…。

フィナーレ群舞でことちゃんがセンターに立った瞬間ダンサブルになって振り付けの難易度急に上がるのももはやご愛嬌なのか。ほんとやばいわこの子。映像化されないとしてもことちゃんでもう一度フットルースやってほしい。

マダムギロチンといえば、サンシール公爵な夏樹くん。あそこのフレーズ、短いけどすごく大事なところをぽんちょの声でびしっと締めてくれてて、ほんとあのマダムギロチンにチケ代半分以上の価値あると思う(冒頭ですよ)。

ピンパーネル団の貴族たちの中で、やっぱりすごく強そうなしーらん。でも「心配するな、俺たちの頭脳はパーシーだ」って言われた瞬間、なんだろうこの…脳裏によぎる「不安」の二文字は。

でもってあの動物モチーフのおしゃれ着ですが。…あれを着こなす星男やばいわ。ほんとに。

綾くんがいつの間にか正しく星男な成長を遂げていてびっくりしました。ほんと下級生の間はちょっと目を離したとたんにぐっと成長するのね…。

アルマンのせおっちはくらっちにリードを奪われているように見えるというか、くらっちがすごく、あーちゃんとは違う意味で「強い女性」でした。スカピン見るたびにアルマン、真っ先に秘密バラすなよ、って思うんですが、今回のアルマンはマリーに対して真摯であろうとし、マリーもそれに応えるだけの強さを持っているようなカップルでした。

かいちゃんのロベスピエールは、初日見た人から「美しい」「傾国」「話変わる」と聞いていたのですが、確かに美青年でした。確かにこの美貌のロベスピエールが国を傾けたといわれれば納得する。話変わるけど。それでも今回、栄光の日々の歌い継ぎの中で、絶望して、精神的に均衡をなくしていく姿がすごく説得力があって、そういう気持ちに余裕がないと正常な判断力を失って怪しい人物(自分にとってほしい言葉をくれる)を信用してしまうんだなぁ…っていうのがよくわかるロベスピエールでした。

で、星蘭ひとみちゃんのシャルルがすんごい可愛くて可愛くて可愛くて可愛そうで。これほど「可愛(あいすべき)」っていう字面を「かわいい」「かわいそう」で体現するシャルルほんと可愛かった…。

みきちぐさんのピポー軍曹とか、柚長のドゥトゥルネー伯爵夫人とか、じゅんこさんのプリンスオブウェールズも初演と同じ顔ぶれで。みっきーにしても、新公でやったフォークスを今回本役としてやってるし…いやぁ…なんか…いいわぁこういうの…

ものすごく端的に絞って書いたけど、ほんとに、すごくよかったんですよ。「再演か」とか「またスカピンか」とか言わないでぜひ見ていただきたい。

とりあえず私は実況CDがほしい(映像よりも実況CD派)。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket