cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

宙組『エリザベート』宝塚大劇場(初日)

この記事はだいたい 67 で読めます

理解のある上司のお陰で有休もぎ取って見てきましたエリザ初日。

正直、エリザベートっていう演目は宝塚でも9回目だし、直近だと花組でやってたしでそんなに目新しさもなく、むしろチケット取りづらい(・д・)チッ くらいの気持ちだったんですよ。最早定番だから、見る前からある程度の満足感は予想が出来てるというか。

…いや、普通に超満足でした。わたしのばか。


まず何を置いてもトート(朝夏まなと)がね、すんごい活き活きしてたんですよ。青い血、っていやいやご冗談を! どう見ても真っ赤な血が滾ってる帝王でした。帝王であることは何の疑いもない、正しくそれは帝王でした。

それにしたって足が長すぎてですね(今さら)、最後通告の場面(今作のトートは衝立の向こうから出てきます)でシシィの机に腰掛けて長い足を見せびらかしたり、ルドルフの棺の上でも長い足を見せびらかしたり…うわぁ…足長ーい…

あと、画像出た段階でバンコランという意見がありましたが、想定以上にバンコランでした。

この、ルドルフの棺の上なんですけども。何を思ったか棺の上でとても格好良く膝を立てて座ったかと思えば気怠げに髪を掻き上げ…え、グラビア?(違) いやいや、ルドルフの死体の上でなにやってんですか閣下。色気ダダ漏れで格好いいですけども!

シシィ(実咲凜音)はもうね! 凄いの一言でね! 知ってた! でもやっぱり「私だけに」が圧巻すぎてな…一幕ラストの肖像画の白いドレス姿は誰のシシィでもひれ伏したくなる場面だけど、みりおんもやっぱりひれ伏したくなるシシィでした。\えーあんえりざべーと!/

一幕から圧倒されてんのに二幕のみりおんはもっと凄かった…過剰なダイエットでやつれてる姿がほんとに見てるこっちが心配でたまらないくらいやつれていて…みりおん凄い…怖いこの子…思えばあのコードヒーローでみりおんすごい、ってなったあの時と同じ二人で宙組でトップコンビになって、エリザっていう作品でまた「みりおんすごい」ってなるこの輪廻感。

ラストシーンではトートに泣き笑いみたいな表情で寄り添ってて、なんかまた少女に戻ったみたいで…初めてトートに出会ったあの頃に戻ったみたいな。

そうそう、マックス(悠真倫)がまりんさんだから、みりおんを見る目がほんとに保護者になってて、それは終演後の挨拶でまぁくんを見る目も同じで、花組で育ったのを見てきたんだもんなぁまりんさん…

誰から書けばいいのかわからんくらい目が足りないんだけど、ゾフィー(純矢ちとせ)は安定のせーこでした。サンクチュアリといい、冷静冷徹冷酷な皇太后をやるせーこはほんとに重厚な芝居で、青年フランツの手綱をがっちり掴んでましたね。

そんなせーこに却下される死刑囚の母(花音舞)きゃのんさんはやっぱりお母さん役上手いよなぁ…今回、歌うまさんにはそれぞれ少しずつでもソロがあって良かったです。

フランツ(真風涼帆)はまず、凄く歌上手くなったな、って思いました。星の頃にもノバボサとランスロットで一皮むけたなーと思ってたけど、ここへ来てさらに進化してました。とてもいいフランツでした。青年期の頼りない姿から、壮年期の厳格なハプスブルクの盟主としての姿、老年期の姿…どれも良かった…だからこそどうしてシシィはこのフランツに寄り添うことが出来なかったのか…ゾフィーの存在や、ハプスブルクという柵がなければ夫婦になれていたんだろうか。それともフランツより先にトートに魅入られてしまった以上は取り返しがつかなかったんだろうか。

ルドルフ(桜木みなと)は流石の仕上がりでした。ハンガリー国王、のところで音がするくらいパァァっと晴れやかな顔になったりして(\エーアンルドルフ/)、いやー表情豊か! プログラムの3人ルドルフの中で一番革命する気があるルドルフでしたが、責任感から国をひっくり返そうとしたり、それでいて母親の愛情には飢えてて、繊細な造りでしたとても。やっと会えた母親に、甘えさせて欲しかったのに「もう大人」と拒絶されて、そもそも誰もルドルフを子供扱いしてくれなかったまま大きくなってしまったルドルフの孤独感と絶望みたいなのがにじみ出ていました。拳銃自殺の時の表情もすごく良かったです。

だからこそこのパターン1回しか見られないの残念すぎる…他二人は他二人で見所有るのもわかってるんだけど。

役替わりルドルフのエルマー(澄輝さやと)とシュテファン(蒼羽りく)の二人はジュラ(春瀬央季)と三人組でツェップス(凛城きら)と一緒に革命起こすぞチーム。……みんなやる気に満ちてるけどなんかこう…武力行使には向いてないよね。議会制民主主義の世界なら民衆の支持を集めて与党になれたかも知れないけど。あっきーが一幕の皇帝夫妻ハンガリー訪問の場面で「ハンガリーはエリザベートの手に落ちた」みたいに嘆いてるのが印象的でした。あの場面、これまでさらっと流してたけど凄く意味深な演出だよね。ハンガリー国旗のトリコロールドレス(とその美貌)でハンガリー国民を掌握したシシィ。

ハンガリーといえば、オーストリア=ハンガリー帝国の戴冠式の場面。歌手(瑠風輝)がこれまでの大劇場で一番長いソロかな? もえこがこんなに歌うようになるなんてねぇ…(おかんか) 新公ではトートだし、毎公演株価上昇中ですよもえこ。それはそうと、皇帝夫妻のマグを少女(華雪りら)から奪って泣かせてるのももえこでしたね。今作では誰が泣かしたのかと思えばもえこでしたw キャラ的に似合わないwww

思いついた順に書くとマダム・ヴォルフ(伶美うらら)ですが、配役の時点でマダムが一番人気であることに満場一致だったわけですが、スチル出てもやっぱり美しすぎてゆーりちゃんさすがっす…肉食女子…うっかりゆーりちゃん見てたらマデレーネ(結乃かなり)の登場見逃してて気がついたらゆいちぃが自慢のターンを決めてたっていう…ゆーりちゃん視線泥棒…

そんな娼婦達を引き入れようと画策する中でも実行部隊なラウシャー(天玲美音)、エリザで退団なてんれー、一幕の皇帝に反教会勢力の粛清を求める場面からしててんれーが言うと怖いよ。ほんとに血の粛清が起こりそうで、トラファルガーのシェイエスも良かったけどいっそロベスピエールとかも見たかったナァ…

少年ルドルフ(星風まどか)は歌も慣れてたし可愛かったけどそれだけにやっぱり「猫を殺した」が唐突でな…勇気を試すために猫を殺す、って発想に至るこの不健全な養育環境はやばいよハプスブルク。そりゃ時代に取り残されて衰退するよ。猫を殺した、って言われた閣下も「やれやれだぜ」みたいな顔するよ!

配役出たときに一番ざわめいたのは多分ヴィンディッシュ嬢(星吹彩翔)だったと思うんだけど、もんちがやるとほんと上手いから狂気が見えるわ…扇を交換する流れがよく見えなかったので次はちゃんと見ないと…色んな意味が込められた扇交換のはずなんだから。

あと、全体的にコーラスがやっぱり綺麗でね。ミルクのところも凄く良かったんですよ。目は足りないわ耳は幸せだわでなんつー贅沢な悩みか。

次に見るときはりくルドになってからかな…


おまけ。

エリザのバスオイルをネタになるかなーと思って買ってみました。…割と普通のミルクっぽい乳白色なお湯になるやつでした。底に溜まるようなのでもなくて良く溶けるし肌にも残らないので…使いやすいんじゃないかな…

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket