cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

宙組『エリザベート(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 729 で読めます

是が非でも見たかったエリザ新公を幸いにして見られたので(チケット手に入れる前からとりあえず休みだけは申請してた)見てきました。

正直期待値あげすぎたかな、とも思う所はあったのですが、そんなことはさておいても素晴らしい新公でした!

トート(瑠風輝)

先だってのNWであーちゃんともえこで闇広を歌って以来、是非!やってほしかった!トート!! 新公は最初の登場シーンがあの女優ライト装備の椅子に腰掛けてせり上がってくる場面なのですが、もえこ、ほんとにしゅっとしてかっこよぉなったなぁ…としみじみ。

正直期待値あげすぎたかな、と思ったところも勿論あったけれど、ちゃんと冷たいトートでした。このトートの血は青そうだ!(イカかよ) 表情が余り動かないのも冷徹さを出しているからだと思うけれど、そうなったときのまぁくんのあの限られた感情の振れ幅の中でも嘲るような表情の揺らめきはすごいなぁ…もえこもがんばれ!

歌えることは何ら心配してなかったけれど、ここまで舞台裏でも忙しそうな公演は良い経験になったんじゃないかな…あと、まどかちゃんとの身長差マジ正義。本公演でも思うけど、このトートとシシィの身長差ほんとに最高ですありがとうございます。

客席で( ☉ω☉)ってなったのはハンガリー訪問(新公だからルキーニが話を繋ぐだけ)の後で、三人の革命家が出てくるところ。そのままルキーニが説明するのかと思ったらトートの闇広が入るよう…だけどトートいないよ…!(((( ;゚д゚))))歌いながら出てきたけどあそこほんとギリギリ…直前で上手にはけて、次の場面で下手から出てくるんやもん…良く間に合ったよ…

もえこのトートで一番「大丈夫かなぁ(ハラハラ)」って心配してたのは実はカウチの上でドクトルのコート脱いで真っ赤な裏地見せるところで、ちゃんと引っかからないで脱げるかなぁとか心配してたけどそこは大丈夫でしたね。あそこ勢いよくいかないとかっこつかないものね…いや、かっこついてるか? という疑問もあるけど。

ところでもえこトートのカツラはオリジナルだったそうで、確かにまぁくんのあの黒いトートはもえこでは浮いてしまうよね…それでもある意味正統派なトートでした。まぁくんのトートがとてもカスタマイズされてるから余計にそう思えたのかな。

あ、あとキスシーン頑張って…!ってなりました。もっと!色気を!

エリザベート(星風まどか)

まどかちゃんは王家新公を見てなかったんだけど、ほかの小劇場ヒロインの記憶と比べて「こんなに歌上手かったっけ!?」っていう。今公演は子ルドの時から思ってたんだけど、いやほんと「こんなに歌上手かったっけ!?」

幼いシシィはお転婆キャラで、このまま幼い皇后になるのかと思えば全くそんなこともなくて、「私だけに」を歌い上げたあたりから乗ってきたのか、そこからはぐっと大人の皇后に近づいていったと思います。いやーよかった。

後はお化粧もうちょい…いや、私の好みではなかっただけか…

フランツ(留依蒔世)

あーちゃんフランツは、正直者期待しすぎてたかな、とも思ったんだけど、青年フランツは真風よりも思い悩むところの多そうなフランツで、そして真風よりチャラかった(二言目がそれか)です。

ゾフィーに「冷静に冷酷に」と言われて死刑囚の母親の嘆願を却下する場面、判を押した書類を処理済みの中に入れるのにすごく思い悩んでいて、ああこの場面ではまだ若い皇帝陛下なんだなぁ…と思いつつ、お衣装の袖というか肩幅の本役さんとの差がすごくてどうしてもそこも気になる…

あーちゃんは芝居も歌も上手いから、ちゃんとノーブルなフランツなんだけど、どうしても内面からにじみ出るこの陽性というか…パッショネイトというか。たがが外れたらこの皇帝が革命扇動しそうだ(まさか)

それはさておき、夜のボートはすんごいよかった…耳が幸せ。

だからこそ、今回新公だから最終答弁のシーンがないんだよね…もえことあーちゃんで歌う場面がない…NWではあーちゃんがルドルフだったのに。…でもあーちゃんがルドルフだったら多分革命成功させてしまう。きっと。

マデレーネとの絡みはなんていうか特に色気がなかったというか萌えがなかったのはやっぱり新公学年では難しいのかなぁ…というかあーちゃんからはチャラさは感じるけどエロさはあまり感じられないというか健康的すぎる。

ルキーニ(和希そら)

新公だとルキーニにストーリーテラーの役割がどーんと乗ってくるから、実は一番難しくて、本公演より役の比重増してる役だと思うんですよ。しかしこれを最初から最後まで一貫してノリノリでやってのけたそらがほんっとに漬物石のような安定感でな…どっしり。何の不安もない。それどころかはまり役すぎてこわい。

確かにそらは小柄なんだけど、それがまた「小男」でよかったんですよ。愛ちゃんのスタイルに恵まれたルキーニにはない「小男」っぽさ。この「小男」のニュアンスは乱歩作品に出てくるような怪人物っぽさというか。

ただ、台詞増えてるのに変わってないところは場面の繋がりが違うから不自然だよなぁ…って。これは脚本のせいなんだけど、冒頭の霊廟の場面もないし、最終答弁も無いのに、直前の台詞はその場面を意図してるから…

それにしてもトートにナイフ渡されて、躊躇わずに掌切ったよねそらww それ相当流血するやつやでwww

前後するけど、バートイシュルで歌って踊るルキーニがノリノリすぎて、ほんっと楽しそうにやるね、そら。キッチュの前のアドリブも、「俺は今日しか撮らねぇんだよ」「自分で言うなって?」「撮らないと進まねぇから」と、余裕や……! この人めっちゃ余裕や…!!

新公の長の挨拶もとても立派で、あんなやんちゃ坊主みたいだったそらがすごくすごく立派になって…(´Д⊂ヽ ……おかんか。

ヘレネ(遥羽らら)

冒頭で印象に残ってるのはららちゃんヘレネのほんとに「変な髪型」。ららちゃんの本気…!いや、確かにあの髪型ではゾフィーも容赦なく切り捨てるわ…

マックス(穂稀せり)

今回、穂稀くんはパパだけでなく、裁判官の声といい、お仕事がたくさん。

パパは優しげないいパパでした…歌も何の心配もしてないので安定のクオリティでしたね。

ゾフィー(瀬戸花まり)

宮廷でタダ一人の男、と言うにはまだまだ女傑っぽさが足りないかなぁ、とはじめは思ったのですが(女傑というより高慢な印象)、せーことは違う意味で確かに女傑でした。

せーこが北条政子ならせとぅーは春日局みたいな感じ(通じないよ)

死刑囚の母(天瀬はつひ)のソロに合わせて「結構ね」と返すあの一言がすんごい上から目線で、いやーこれせとぅーはカルロッタとかも上手いことハマるんちゃうかなー

ラウシャー(水香依千)

本役の天玲より生臭坊主レベルが高かったというか、なにこのチャラい大司教様w

シュヴァルツェンブルク侯爵(秋奈るい)・ケンペン男爵(澄風なぎ)

お魚とヤりたい放題(スミレコード)してる本公演のさおりおですが、新公でも秋奈澄風の二人がお魚相手にヤりたい放題…いやでもさすがにさおりおよりは控えめでしたよ。回数的な意味で(なんのだ

シュテファン(潤奈すばる)・ジュラ(琥南まこと)・エルマー(真名瀬みら)

新公では出番をカットされてる革命家たち。どうしてももえこの出遅れ未遂でどきどきしたり、ウィーンのカフェでツェップスと会うところ、革命家3人のうちの一人がお衣装の前もそもそしながら出てきてたりで、出番の割に出てきたら忙しい場面というか。ウィーンのカフェは間の場面飛んでる上に着替え+髭とか老化装備あるもんね…

少年ルドルフ(湖々さくら)・ルドルフ(鷹翔千空)

ルドルフは新公でも全く場面カットされてないからほんとに「演じきる」といった雰囲気。鷹翔くんはシシィが帰ってきた場面だけ歌い出しの音程が迷子でどきどきしたけど、途中から持ち直してて流石と思いました。

もえことはまだ学年差もそんなにないし、なにぶん新公のトートは黄泉の帝王見習いみたいな感じで絶対王者感はないので(そりゃな)トートに誑かされた(言い方)と言うよりは一人でぐるぐるしてるところに軽く背中押されたような感じでした。役作りというか、雰囲気は、私はりくルドに近いようなイメージを受けたけれど、ずんルドに化粧は似ていたようにも思うし…ハイブリッドか(違

さくらちゃんの子ルドはかわいい中にもしっかりと声も出ていたしで…そう、この猫を殺した!からのちょっぴり可哀想、でまぁくんは一々表情動いてるんだけど、流石にもえこはそこまで顔だけで演技は難しいか…とキャリアの差を感じました(そりゃまぁくんと比べても)。


そんな訳で今回ほぼオペラあげっぱなしで全体を見る余裕などなかったのですが、流石新公でもコーラスの宙組と(そらが挨拶でも言ってた)言われるだけあって耳が幸せでした。ミルクよかった…

一方でまだまだ進化の余地はたくさん見えたので、東京の新公に期待ですね。見に行けないけど。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket