cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

宙組『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』宝塚大劇場(初日+)

この記事はだいたい 854 で読めます

 初日・2日目と続けて下手側の席で見てきたので特に印象深かったところとかを重点的に。

 まず、お芝居は前評判だとか、事前情報どおりのスーツモノのお芝居です。…無難、と言ってしまうとマイナスイメージかもしれないけれど、特に奇を衒った演出があるわけではなく…なんていうか、いろんな意味で前作の雪とは対照的な芝居やな、と。とてもオーソドックス、だけど淡々と進むというか。でもなんか暖かい。ほっとする。ハートウォーミングと言われるとちょっと首を傾げたくなるけれど。

 なんにせよ。

 祐飛さんが戦わなくて(そりゃ経営や方針をめぐって対立はするけど武器を持って戦わない)そして死ななくて(ここすごい大事)っていうか不倫でなくて(燃え上がるような愛ではなくほんわかした愛だけど)ゆひすみでハッピーエンド

 っていう…これが全部大劇場ゆひすみではじめてっていうね。いや、部分的には不倫じゃなかった誰鐘とか一応死ななかったカサブランカとかあったけどさ。ここまでのハッピーエンドってほんっとこのコンビで初めてでさ。他の組では大団円☆めでたしめでたしってのがあるのになぜ宙組だけ死に別れとか不倫とか別れとかetcばっかだったのかと。
 あと、あとね。

 すみかが等身大の娘っこ!!!

 人妻じゃない! バツイチじゃない! 子供も産まない! シャングリラ以来の娘っこ! しかもドジっ子。いや、ドジっ子はまぁいいけど。ほんとに等身大の小娘と大人の男な祐飛さんっていう。…こういう組み合わせが見たかったんだよー! せっかく学年差あるんだからさー。
 以下ネタバレってか重箱の隅をつついた感想メモです。

 幕開き最初にてるさんが銀橋で祐飛さんのパネルを背景に言うセリフがどうも日替わりアドリブっぽい。「イケメンだが俳優じゃない」とか言った後に、初日は「ちょっとルドルフ・ヴァレンチノに似てるでしょ。見た?アランチャ!って」で2日目の午前はどうも三成だったらしく(三成かっこ良かったよね、疾風もかっこよかったけど、と言ったとか)、2日目の午後は「カサブランカのリックに似てるでしょ。君の瞳に乾杯!(ここで噛んだ)」とか。祐飛さんの役柄を片っ端から取り上げていくのか明日以降のアドリブが気になります。…ヨンホげとかルドルフとか出たら笑うしかない。
 OP映像撮影中のちや姐のかつらが…焦げた焼きそばみたいで…。
 祐飛さんについて銀橋にでるキャンギャル(?)のれーれが戻り際にものっすごいウインクをばっちーんと飛ばしてました。下手銀橋あたり。っていうかここのえりぃがすげーかわいい。
 んで、キャットウォークでポーズ決める悠未さんまさこさん大ちゃん…で、でけぇ…。
 ていうかドジっ子なすみかがもう…ほんと可愛い。っていうかすみかの本質はコメディエンヌなんじゃないかと思うくらいにうまい。客席から登場してお客さんに振って(アドリブっぽい)、警官役の俳優(さっつんとまっぷー)相手にかまして…ホント可愛い。おさげも垢抜けてない感じがすごくいい。
 みーちゃんの中間管理職っていうか、こういう板挟み演技がすごくうまくていいと思う。これ、ちーちゃんだったら下にも上手いこと威張れなさそうで、大ちゃんだったら上に従わなさそうで(どういうイメージ)。
 てるさんがさ、色白なのと金髪と相まってマジで白人男性っぽく見えるから困る(何が)。
 秘書のたらちゃんと、祐飛さんがわのせーこが二人してスタイリッシュで可愛かっこいいファッションショーを繰り広げててすごい可愛い。ていうかせーこマジ強そう。
 伯爵の大ちゃんがどう見ても五峰さんの若いツバメ。いや、お金持ってるのはつばめの方だけど。よっっぽど大ちゃんが五峰さんに惚れ込んでるのか…。いやしかし王子様wであるよ。
 仕立て職人の北翔さん、最初のシーンから何この職人気質のめんどくs(ry とか思ったけど、別れ際のシーンとかはほんっとに…職人魂っていいなぁ…。弟のちーちゃんは嫁をすごい大事にしてて「お金は…大事だよ」の件とかすごいよかった。ていうかこの職場、翔実は仕事してなくね…?(オイ) 割りといっつも喋ってるよーな。
 アメリカンな悠未さんとそのビジネスパートナーのいっちゃん。良い感じに胡散臭いアメリカ人w(褒めてる) ライバルのまさこさん、あの同じデザインのパネルに並ぶキメ顔のまさこさん…w(笑うな)ていうか引き連れている部下がとても濃くて怖いです。さっつんとてんれーとか。
 スタッフのりくちゃんが…とても…いいりくちゃんでした。もんちもとてもいいもんちでした。
 っていうかあっきーが今回も 駆け込み→セリフ→走ってハケ をやってて…もうなにこの駆け込み専科。噛まないようにマジ頑張れ。
 ずんちゃんがすげーよかった。サルバトーレの子供時代の腕白そうな(でもすごい綺麗な顔してんの)格好で、汝鳥さんに頭わしゃわしゃされて泣くところも目が離せないんだけど、記者としてセリフももらってるし、ほんっとに綺麗な顔してるわーとしみじみ見てました。記者といえばももちも記者メンバーにいたね。目の前でセリフ言ってたから思わずガン見してしまったよももち。
 ていうか汝鳥さん出てくるともう涙腺やばい。最後の「棺桶に入るときにはそれを着てやる」のところとかもう涙涙。うわーん。こういう頑固な職人に弱いんだよぉぉぉ。
 あとあもたまのバイオリン…あもたま…
 いや、もうね。いろいろ書き漏らしとかたくさんあるんだけど、ゆひすみが可愛い。死なない。ハッピーエンド。の3点セットでもう十分かもしれん。キスシーンないけどそういや雪もなかったし月は…あれだったけど花も蘭ちゃんからのアレだけだし…なんだ、意外とないんじゃないか。
 ただこれだけは。最後に幕が下りかけてからそっと祐飛さんとの間の隙間を埋めるようににじり寄るすみかに転がるほど萌えたことは声を大にして言っておきます。ええ、初日に見ず知らずの隣の人と、幕間第一声に「可愛いですねぇ」と声を揃えてしみじみ言うくらいには可愛かった。あれはやばい。

『ナイスガイ』

 いっちゃんの腰の動きがやばい(まずそれか)。いや、いっちゃんが目の前にいることが割りと多くて、でもって近くにともえさんもいて、この二人はなんていうか、ダンスのキレがダンチなので。同じ振りなのになんかカウント早い気がするっていう宙組あるある。ほんとに、最初の男役群舞の腰を基点に上半身ぐるっと回す振りで、いっちゃんの動きが…なんか…異次元。
 その前の娘役の踊りから始まるんだけど、ここでせり上がってくるすみかがウエディングドレス姿で「王子様」って歌うのがまじかわいくてまじかわいくてまじかわいくて(何度も言う)でもあの誰鐘の幻想の結婚式の時のが私はもっと可愛かったと思う。あの素朴な花嫁姿はほんっとに。可愛かった。
 歌劇の対談で話題になってたイケメンオークション。下手花道から登場する肉食系女子の面々がすっごい。特にあおいちゃんの頭に是非、注目を。なんか乗ってる。みんな輪っかのドレスに見合うかつらと髪飾りなんだけど、あおいちゃんは…動物乗ってる。前の方で見てぎょっとした…ヒョウだか虎だか…斑点の肉食動物がどーんと乗ってた…。でもって鈴奈さんとかが「草食系がいいわ」「濃い顔が好き」とか言う中であおいちゃんは「マッチョがいいわ!」。せーこは「声フェチ☆」とか言ってて…まぁ…ええ、あの濃い面々をせり落していくわけですが。誰が誰を競り落としたのかしっかり覚えてないんだけどえりぃが大ちゃんをせり落して高笑いしてたよーな? 声フェチのせーこはミスタージャパンのちや姐を競り落としてた。鈴奈さんはミスターアメリカの悠未さんだっけ。…鞭を振り回してとんでもなく破廉恥な歌をうたう悠未さん。で、あおいちゃんだよ。あおいちゃんはすっしーさんがキャットウォークから降りた時点から「マッチョ☆マッチョ☆」とうっきうきしてて…ええ、競り落してらっさいました。あおいちゃんから目が離せません。。
 でもって次が噂のゆひてるゆひのシーンなわけですが。ここのてるさんがほんとに白人の軍人さんに見える。すっげー麗しい。美穂さんはランスロットの泉の魔女の色違いみたいな感じかなー…。ていうか女装の棘たちが…可愛くない…!(男役への褒め言葉と思って…)ほんとにさ、可愛くないんだ。…いや、あのかつらと衣装では娘役だって可愛くはないとおm(ry しかしそんなことが一切気にならないかもしれないくらいに祐飛さんが妖しく美しくてだな! キスシーンといい…最後の首に噛み付くところといい…うわぁうわぁ(もだもだ) しかもその後てるさんを片手で引きずっていくんだよ(ごろんごろん) しかしこの噛み付くシーンでてるさんをよいしょーっと持ち上げてるみーちゃんの筋力に…すげぇ…。
 かちゃの女装はなんか…普通にアリ…っていうと男役としてどうなん、って言われそうやけど…なんやろな…ともえさんの女装は「女装!」って感じなんやけど。キャリアの差か。しかしそんな女装したともえさんを悠未さんがリフトでものっすごい回してて…同期(ほろり)
 あもたまの銀橋ソロはほんとに、泣くかと思った。この後のシーンで退団者だけが真ん中で踊ってさぁ…ほんとに、初日から泣いてどーすんの私。あもたまとともえさんはパレードの階段おりでも歌はないけど真ん中に美穂さんを挟んで3人で真ん中降りてくるから…これ…千秋楽…つら…。
 あと、客席登場のセクシャル9…これは…もう…通路側の人は狙い撃ちされまくりでキャーキャー言えばいいと思う。地引網か一本釣りかはともかく浚いまくりやわ…。そういや冒頭らへんに客席最前列に降りるシーンがあって…最前列に座ったらもれなく一本釣りが待ってるかと。
 ももちのエトワールはもう、待ってました! っていうかね。ほんとに、ももちのエトワール見たかったんだすごく。

 だいぶ端折ったけどそんな感じです。好き嫌いはもちろんあるけど、ゆひすみが幸せになる話が見たいと思っていた私みたいなのにとってはこれで満足です。退団者にもそれぞれ芝居もしくはショーで見せ場があって、うん、千秋楽見る人はぜひ大きな拍手を。(まだ初日開いたとこですよ)

 あ、りくちゃんとうららちゃんの馬ですが。…いや、これは…うん…もう…見てみて、としか。しかし気になるのはショーの冒頭で祐飛さんが脱いだ羽根がだな…横にちょんと置かれててだな…その羽根その扱いでええのん!?!? うん…とても気になる。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA