cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

宙組『ベルサイユのばら-オスカル編-(役替)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 148 で読めます

初日、新公と見てからの役替りBパターン…でもってmy楽を見てきました。
初日とくらべて…あれ? 民衆の場面でベルナールソロじゃなかったっけ…? 新公でも思ったけどロベスピエールと歌ってる…? と思ったら初日は確かにソロだったけど喉への負担とかもあったのか途中からロベスピエールと歌うようになったんだとか。
背中合わせ(少し語弊)で歌うビジュアルはいいなぁ…。

「翼ある人々」でしみじみ感じた緒月さんの包容力はAパターンのアランでも感じたけれど、アンドレになった時の「俺は今日まで」のあのセリフに、同期で、雪組で一緒にやってきて今宙組で…っていう…「今日まで」の部分が実際にあるからか、より深く聞こえるというか。そんな感じでした。

カイちゃんのアランは当たり前だけど緒月アランと比べて粗野さが上回るというか。…なのになぜみんなしてそんな軍服きっちり着込んでるんだ…。月組くらい雑な着方をしてる人がいないと「何だその格好は!」と言われても…みんな全く着崩してないからなんとも。
それはさておき、一番違いを思ったのはバスティーユでオスカルが死ぬ場面での立ち姿でした。緒月アランはしっかりと礼の姿勢だったのだけれどカイちゃんアランは偏に悔しさというかそういう感じだったので。

まぁくんジェロ様は確かにお貴族様だったんだけど、新公のずんくんジェローデルがあまりにも純白の貴公子過ぎてな…まぁくんはしゅっとしてるけど王子とか貴族というよりはリーマンとかスーツ系との親和性が高いような。

このBパターンは母と一緒に見に行ったのですが、案の定1幕最後のフライイングペガサス+黄金聖闘士な場面で一瞬のぽかーん→盛大な動揺→よくわかんないけどなんか凄いから拍手…の一連の流れをやらかしておりました。幕間最初の一言が「あんなんアリ!?」だったのですがなんだかんだ言って「いやーいいもん見たわー」と言っていたのでまぁそういうことなのでしょう。
それにしてもあのペガサス、羽を広げて羽ばたいた瞬間は初日からずいぶん経ったけどまだどよめきが起こるのはそれだけ初見の人もいるってことなのかな。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA