cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

宙組『モンテ・クリスト伯(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 441 で読めます

93期が長として最後の新人公演でしたモンクリ新公。愛ちゃんは「誰がために鐘は鳴る」「美しき生涯」「華やかなりし日々」に続いて4回めの新公主演、花乃ちゃんは前回の「銀河英雄伝説」に続いて2回めの新公ヒロインでした。
…いや、なんかこう…普通に上手かったんですよ。銀英伝が何故あんなにも ヽ(・ω・)/ズコー であったのか…っていうか銀英伝どんなけ難しかったんや…と思うことしきり。

とりあえず覚えてる部分というか、印象に残った部分だけメモ。


エドモン・ダンテス:愛月ひかる(凰稀かなめ)
新公主演も4回め、気がつけばもう一番上…な愛ちゃんは最後の挨拶にいたるまで本当に堂々としたもので…鐘新公で「愛ちゃん!」って呼ばれて可愛い返事をし、涙ながらに挨拶をした御人が…大きくならはったもんや(おかんか
いやしかしなにが一番衝撃ってあの、入所記念日に押される焼印のやな。押された時のうめき声がやな。うめき声というよりも完全に喘ぎ声でやな…それが3回もあるもんだからもうちょっとした18禁ですよ。

メルセデス:花乃まりあ(実咲凛音)
母親になってからのかのちゃんの迫力が半端無かったです。本公演でも、幼気なメルセデスよりも母親メルセデスの鬼気迫る感じに圧倒されているのですが、それは新公でも変わらず。

アルベール:春瀬央季(愛月ひかる)
かなこアルベールは愛ちゃんアルベールとは違った方向にヘタレ王子でした。とはいえ、本人のビジュアルはどうしたって「美形」なわけで。可愛い要素の本役さんよりは大人っぽかったかなぁ…。

フェルナン:蒼羽りく(朝夏まなと)
悪いボンボンなりくでした。まぁくんとはまた少し雰囲気の違う「極悪人」といった感じで、面白かったです。どっちかっていうと享楽的な感じが強かったような。

ダングラール:美月悠(悠未ひろ)
牢獄のシーンで、飢餓に苛まれていく鬼気迫る感じはやっぱり悠未さんの迫力って凄いんやなぁ…と。とても同じ日数閉じ込められたとは思えない。決して美月くんが下手な訳ではないんだけど、悠未さんすげぇ。
開放された後で、水を飲もうと川におちて溺死…の下りでセリ下がる時に、暗転するまでずっとイイ顔をしていたのが印象的でした。
あと、本公演のフランツとヴァランティーヌが新公だとダングラール・エルミーヌ府夫婦になるのかー。

オービーヌ:実咲凛音(鈴奈沙也)
トップ娘役も新公出る…上にモブじゃなくセリフも名前もある役…と思ってはいたのですが。が。
みりおん上手いんだから普通の(っていうと悪い意味みたいに聞こえるけど)ヒロインらしいヒロインだけじゃなく、こういう毒のある脇役ももっと見たかったんだよー! っていうのを実感しました。
なんか見た目がカルロッタみたいだったのは髪型(パンチパーマ風味)とお衣装のせいかな。でも高笑いよかったです。

ヴィルフォール:桜木みなと(蓮水ゆうや)
育ちのいい格好が似合うなぁずんくん。…っていう感想に終始した気がします。最初のお衣装ね。
「ナポレオンばんざーーーーい!!!」って下手から上手に走り抜けるノワルティエが勢い余ってヅラを落とし…「落としましたよぉぉぉぉ」って…おい。そこだけはコミカルにやったけど、それ以外は一貫して冷たい顔の検事総長でした。綺麗な顔つきだからしゅっとした悪役似合うねぇ…ヴィルフォールが悪役かといえば…巻き込まれた側だから私はあんまりヴィルフォールを三悪人の一角とは思えないでいるのだけれど。
それにしても髭なしパートがあっきーに似ていてびっくりですよ。

ファリア司祭:星吹彩翔(寿つかさ)
お衣装はボロで、姿は老人だけど、モンチが沢山歌っててほんとに良かったです。特に最後、銀橋にダンテスとメルセデスが出ている場面でのせり上がりからのソロパートは本当に良かった!

ルイジ・ヴァンパ:和希そら(七海ひろき)と海賊たち
なんていうか賑やかな海賊(密輸団)一味でした。3バカも本公演とは違ったノリで出てきたし、何より真ん中で歌って踊ってる和希が…なんていうか…子供海賊団みたいな雰囲気で(あれ?)いや、ビジュアル整ってるし歌も上手いんだけど、いかんせん身長が他の面々に比べて低いので、本公演よりも増すコミカルさというか。
ベルチッチオ翔ももう安定のうまさで。…ただ、ベルツッチオが下手花道に走って行って「復讐はいつかアンタ自身をも!!!………殺しますよ」のこの間が本公演でも新公でもようわからん。

現代パートの面々はミス・メアリーのかなりちゃんがあおいさんとは違ってセクシー路線でやってた(一々お色気ポーズ)のに目を取られて他の4人の印象があまり…。蒔世くんはスルタン役で死ぬ時の「うらぎったなぁぁぁ」がええ声過ぎて。七生くんもいい感じにボンボンな雰囲気で…だからなんで銀英伝はあんなに ヽ(・ω・)/ズコー であったのかと。

特に名のある役はついていなかったのだけれど、今回が新公初出演になる98期の中で、初舞台生挨拶の時から気になっていた瑠風輝さん。獄吏としての出番ではだいたいてんれーの位置(獄吏の中で香盤一番上)に入っていたので…つまり割と最初の時点からセリフがある。本公演では96期がやっていた銀橋での金返せコール(違)でも先頭切って走ってきてたし、初新公なのに堂々としたもんだなぁ…と。…まぁ初新公とはいえもう研2目前な訳ですが。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA