cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

宙組『仮面のロマネスク / Apasionado!!II』中日劇場

この記事はだいたい 350 で読めます

 初・中日でした。…中日初めてどころかそういえば乗換以外で名古屋で降りるのも初めてでした。名古屋の地下街の迷路っぷりは梅田の非じゃないと思いますよ。通路が狭くて死角が多くてきた道がわからない(笑)
 そんなこんなで初中日、カメロマもこれが初見です。アパショも博多版をDVDでしか見てないので生で見るのはこれが初めてです。

 仮面のロマネスク、ホントに面白かった! 説明口調? とかなんでそうなるのかよくわからない、とかはあるけど普通に、見ててお衣装豪華だしキラキラしいし…下級生まで個人認識できるような感じで(だからってできてる訳ではないけど)面白かったです。ただ、感動とかそういうのはなかったかなー…泣くポイントは見つからなかった。
 ただ、ほんっとにね! えりぃが! えりぃがすごく良かったんですよ!!
 いやもうほんと初回はえりぃを見てたら終わってしまった感じ。誇張でもなんでもなく。

 トゥールベル夫人(藤咲えり)えりぃにほんっとよく合う役…っていうか…すごくよかった。うまく言えないけどホントによかった。言い方はアレだけども、なんていうかえりぃってこういう…破滅していく女性がすごく似あうというか。薄幸そうなところが似合うというか。
 ベルロッシュ(鳳翔大)も…なんだろう…すごく…お似合いです…。あの冒頭花束持ってウキウキしてまさこ執事の前を通って行く所とか…うん、あれだ。「貴族」がすごく似あう。さすが王子様。
 ジェルクール(悠未ひろ)、妻にするなら貞淑な少女を自分ごのみに云々…このエロオヤジ…とかまぁ一瞬思いましたけども。セシル(すみれ乃麗)のことはぶっちゃけどう思ってるのかなー…と。愛しているのか? とか。愛と結婚は別物、とロミジュリの乳母も言ってたけど、お互い名家なんだから、打算だけの婚約なのか、でもそこに少しなりとも愛がなければメルトゥイユ夫人(野々すみ花)の復讐も意味がないような…そうでもないのかな、婚約中の相手を寝取られただけでジェルクールとしてはプライドに傷がつくのか。けどナヴァラん(澄輝さやと)とヴァレリー(愛月ひかる)に両側からはやし立てられて「残念残念♪」ってユニゾンでからかわれてるジェルクール…いや、ていうかここのあっきーと愛ちゃんのユニゾンがホントに…可愛いとか格好良いとかじゃなく…なんか…イイ(笑)
 貴族らが踊るシーン、真ん中に悠未さん、その横に大ちゃん、逆側にカイちゃん、そしてあっきー愛ちゃん…とみんな170超の身長がずらっと並んでて…いや、お一人お一人はそりゃ大きういらっさいますが。悠未さんが真ん中にいらっさるから…大ちゃんですら「あ、そんなに大きくない」とか思ってしまう宙男パネェ(いや、悠未さんがパネェのですが)。
 ていうか娼婦のあこさまがマジあこさま。「どんなお金でもお金はお金ェ!」って高笑いするあこさまマジカッコよかったです。
 あと、歌というか、音楽がすごく好きです。次見るのが楽しみー(´∀`*)

 で、アパショ、すっごい楽しい。OPから一気に来るね…! 博多に行けなくてDVDを買ってしまったアパショ。
 何がすごいって梨花ますみさん美穂圭子さん鈴奈沙也さんの神様sですよ。……御利益有りそう(マジで)
 ドラキュラの所、てんちゃんが博多に続いて歌ってるんだけど…いや、博多に続いてといえばあの中詰めの時のお花sが出てくるときのコーラスもなんだけど…博多ではさ、男役の恰好というか、パンツスタイルだったのですよ。あの袖とか足とかにびらびらついてるアレだけども。…今回はさ…ダルマなんよ。さっつんも。真ん中にあこさま。左右にダルマのさっつんとてんれー。……濃ッ
 で、振り分け出てからみんなざわざわしてた悠未さんのお花。初日に「悠未さん推定2m」って聞いてナンノコッチャとおもったら…髪型か! 髪型が盛り上げ噴水で2mか…! 大ちゃんは本気出しすぎなモデルがそこにいました…マジ普通に美人なおねぃさん…。
 あと、カイちゃんナターシャ!! 博多の時はまさか宙組でヴァレンチノをやってカイちゃんがナターシャをやるとは思わんかったけど…ヴァレンチノを見た後でこのシーンを見るとやっぱり…受け取るものは違うなぁ…と。…いやしかしここでもあこさまマジカッコよかったです。
 お芝居でえりちゃんばっかり見てたようにショーではあこさまばっかり見てた気がします。それくらいあこさまかっこ良かった。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA