cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

宙組『美しき生涯 / ルナロッサ』宝塚大劇場(千秋楽)

この記事はだいたい 236 で読めます

 千秋楽を見てきました。気になることはただ一つ、退団が延びたたまみが大階段を降りてくれるかどうか。そしてりりこの最後のエトワール。たまみとりりこの歌声(トニカも歌ってるけど)、トニカの群舞。三人をしっかり見よう、と思って見てきました。

 とはいえ、千秋楽につきもののアドリブから。
 長浜城でおねねさまのおにぎりをmgmgしてるシーンで、前楽ではおねねさまが「正則、こんなところに米粒が」と青天のあたりから米粒を拾ってらしたのだけれど(どうやったらそんなところに米粒がつくんだ隣で立ったまま清正ががっついてたのか←)、今日は「それに引換三成は」の前におねねさまが「所で皆、おにぎりの具は何が好きなのじゃ?」で皆一斉に「おかかでございまする!」でした。おかかwwおかかさまww
 それから大坂城コンサートの所でちや姐の「おーきなお体の割に」がとーっっっても伸ばして「おーーーーーー(中略)ーーーーーーーーきなお体の割に」体揺らして上から下までやって…他の夫婦はずっこけてた。
 そして疾風の「あいつら図体はデカイが頭の中はからっぽだ」とかいうのくしゃみのシーン。清正と二人して「へっへっ…(顔見合わせてニヤァ)」でハケていきました。

 ショーでは中詰から退団者はそれぞれのシーンで違う色合いの花を付けてた。中詰ではりりこは真っ赤、トニカは白と緑、たまみは白と青系だった。祈りのシーンではまた違った色で、トニカは黒とゴールドだった気がする。「もうすぐ朝日昇るー」の所のりりこはマントの上から白いのをつけてた。
 群舞のトニカはみんなが赤いチーフを入れてるところに真っ赤な薔薇(多分)を付けてた。かっこ良かったよートニカ…!

 パレードのエトワール、りりこ。もうここで聞くのは最後になるりりこのエトワール。一番近くで聞いてたんだろうロケットの子がこの時点で涙こらえたような表情してた。そしてそのエトワール、もう。もうね。りりこすごすぎる。初日にアカペラでやった時にもりりこすげぇ! って思ったけど、胸にピンクの花つけたりりこのエトワール、最高やった。割れんばかりの拍手ってほんとにこのことだわ。
 りりこのお花はピンクの…リボン形。…り、りぼん!? その造形に客席思わず笑。事前のすっしーさんの退団者紹介で、りりこの紹介が一番長かったような気がします。
 トニカは最後までキラキラした男役でした。王子系。降りてくる時に2階席から「とーにかちゃーん」という声がかかっていました。お花は真っ白。
 ヴァレンチノ東京公演が決まったために退団が延びたたまみもちゃんと大階段を降りて挨拶をしてくれました。「私が歩んできた道に後悔はありません!」みたいな(一言一句は覚えてない)ものっすごい男前な挨拶を最初にしてくれました。なぜ一定の学年を迎えると娘役はとたんに男前になるのか。…新公卒業した娘役ってかなりの割合ですごいかっこ良くなる気がする…気のせいかな。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA