cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

宙組『華やかなりし日々(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 220 で読めます

 ももちの挨拶が見たかった、とほぼその一心でした。しっかりと「百千糸です」と挨拶でも名乗ってくれて…ももち…!(´Д⊂ヽ ももちのアンナ・ヘルドはせーことは違う曲のチョイスで、それでも歌唱力にはなんの心配もないですよももちだから。…裾は気になったけども。それにしてもももちはホントにこういう「毒」のある芝居がすごく上手いと思う。こないだのエージェントにしても、その前のおねね様にしても。あんな可愛い外見で福々しい顔で可愛い声なのに、ドスの効いた芝居がすごくハマる。
 同じように愛ちゃんはもう何の心配もないというか、堂々たる新公主演でした。
 ただ、愛ちゃんに限った事ではないけどカミカミの神が舞い降りていた気がします…よ…。

 樹茉ちゃんのジークフェルドは悠未さんの体格を生かした大きい芝居はさすがに写せないし、どうするのかなー…と思ったけど、小さいネタを存分に出して来てて、特にアンナが引きぬかれた後の場面ではみなとくんピーターを後ろから二人羽織状態で操ってみたり(これは悠未さんとちーちゃんではできないよね…)、でもって髭もお似合いやった。みなとくんも爽やかで、でもってヘタレなマネージャーがよく似あってたわー。
 あと、一番気になってたりくのグラント(とその一味)。りくのニヤリ顔を席の都合で目の前で見てしまってうわぁぁぁぁっていう気分になりました。しかしヘタレ。大ちゃん以上にヘタレっていうか、ビビリ? 初日の開演前に警察を見てパンフレット取り落としてみたり。部下で目についたのは春瀬くん。春瀬くんは本公演のショーでもウインク飛ばしてて、おーこの子やるなー…って思ってたんだけど、今回はいっちゃんの役で、新公でも特攻隊長なのか、いっちゃんと同じように左頬に傷跡を描いてたんだけど…いっちゃんが一筋「/」ていうか「ノ」って感じで描いてたのに対して…「キ」っていうか「≠」っていうか。…ええんか、ほんまにその傷でええんか…! っていう。
 りんきらは…正直あまり記憶に残ってなくて(ごめん…)どうしても頭の中で処理が追いついてない感じで…もともとりんきらのイメージがロミジュリ新公で止まってるのが大問題でした。
 もんちは銀橋でしっかり歌ってくれて、上手かったー。本公演よりも強かなイメージを受けました。…あのニックは果たしてブタ箱に入ったのかなぁ…お勤めを終えて出てくるイメージがないからずらかったんではないかな←

 特に大きな…良くも悪くもサプライズのない、安定した新公だったと思います。次の銀英伝は銀英伝というだけで楽しみなのですがもう百千はいないんだよね…(´・ω・`)

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA