cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

宙組『TOP HAT 』梅田芸術劇場

この記事はだいたい 34 で読めます

まぁくんのプレお披露目、見てきた物の感想書かないまま梅田公演が終わってしまいました。
書かなくてもいいかなぁと思いつつ、自分の備忘録代わりのメモだけ残しておきます。


思えばまぁくんとみりおんといえばコードヒーローのコンビな訳で。あの時のみりおんは研2とは思えないほど上手くて、ていうかあの公演はタソがものすごく演技巧者で(あの当時から既に)、まよちゃんがすんごい爽やかに自殺するわでなかなかに皆殺しの谷の呼び声そのままな皆殺し演目だっわけですが。だいもんが手錠役者のスタートを切ったのもそういえばあれが初めでしたね。
そんな二人を、バウの時と同じ5列目で見ていて、箱の大きさだとか、オーラだとか、なんかこう…大きくなって…みたいな(おかんか)

それはさておき、実は私はまぁくんに対して「チャラい」イメージがあまりなくて、手足が長くてスーツが似合うのはもちろん分かっちゃいるんだけど、どうしてもチャラいイメージがなくて…なんでだろう。どっちかってーと真面目不憫なイメージが強かったのですよ(それもどうか)。
けどこの演目でみんなが言う「まぁくんチャラい」にやっと納得。うん、チャラいわ。
日本人というか日本的な思考回路からぶっ飛んだところで繰り広げられるコメディで、いやーほんとにプレお披露目には絶好のラブコメですね!

今回、何が良かったってみりおんがたくさん歌って踊って場面があったってことですよ! みりおんがあんなに歌うのいつぶりだろう…

この演目を最後に組替えになるカイちゃん。髭の似合う紳士と思いきや、とっても心配性。カイちゃんといい愛ちゃんといい、なかなかに癖の強い役だけど、きっちり客席を自分のペースに巻き込んでたなぁ…と。
それはせーこも同じで、せーこはほんとにこの演目でものすごく大事な人物で、それを更にコミカルに演じてるもんだからほんとにせーこが出てくると雰囲気が変わるというか。
カイちゃんとせーこが「あなたの○○が嫌い」「でもそれ以外はアイラブユー」と歌うあの場面はほんとによかったです。こういう夫婦いいなぁ…。
そしてそれを後ろで見てるウェイター3人。(大きいナリして)かわいいなおい。

で、初日のウェブ記事でひげ面にへんな恰好で物議をかもした愛ちゃん。
イタリア男でラテンノリで直情的な…悪いやつではないけどまぁ「へんなひと」。
常になまってるし、なかなかに難しい役ではあるんだけど、ヘタクソにはできない役だと思うので、愛ちゃんも大きくなったなぁ…(おかんか)。
愛ちゃんといえば、素野変な衣装なんだけどもさ。ローテーブルに仁王立ちになって、おもむろにピンクライトを浴びて、怪しげな音楽とともに始まるストリップに( ゚д゚)ポカーン
しかも愛ちゃんのあえぎ声がエロいのはモンクリ新公でも実証されてるわけで。
変な衣装(パジャマ)は逆に救いでしたね! あれで下に着てるのが普通のパジャマとかインナーではあの場面の落としどころがないもの。

ホテル関係では、花屋のフローラなアリサがえらくぶっ飛んだキャラクターで、私はアリサのぶっ飛んだ役柄が好きなので、コメディエンヌアリサを見られたのはよかったです。

でもってすっしーさん!
四角四面な執事といえば、うたかたの時もそんなだったけど、こっちはやっぱりコメディなので、融通効かないところがまた笑いを誘うという…にこりともしないすっしーさんが容赦なく笑いをさらっていくという…
すっしーさんハンパない(今さら)。

そういえば、お金持ち夫婦で出てくるてんれーとしーちゃん。しーちゃんがすごいかかあ天下なのですが、せーこといいしーちゃんといい、サイトー先生はキツい女性がお好きなのでせうか。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA