cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

星組『こうもり/THE ENTERTAINER』宝塚大劇場

この記事はだいたい 548 で読めます

みちこさんと風ちゃんの歌唱力とエンタメ力が存分に発揮された演目だなぁ、という印象。「お芝居」と言うのも憚られるオペレッタで、ほんとに風ちゃんの歌唱力凄いわ…。けどまぁ内容は特に…うん。華やかで賑やかでハッピーエンドだけど、特に浮き沈みがあったりするストーリーではないから大体同じテンションで進んでいくというか。みちこさんが風ちゃんに惚れた理由が凄い後出しで途中なんで好意寄せてるんだっけ? って前知識の無さを露呈してました。あと、まぁ役が少ないのは如何ともしがたいわな…。

こうもり

幕開きのあの…レインボーこうもりは何事かと思ったけど、風ちゃんのポスターにもなってる赤いドレスが存外にエアリーで可愛かったし、伯爵夫人のふりをしてるときの扇の使い方がとても可愛くて、ベルばらじゃない演目で(正直ベルばらはしばらくいい)輪っかのドレスを着る演目を見てみたいなぁ。

さゆみのコメディセンスは言わずもがなだけど、やりすぎない程度で丁度良いというか、これ、どこからアドリブなんですかね…アドリブとそうでないのとの境目が所見ではさっぱり分からないよ…!

噂に聞いてた牢獄の中、椅子の上に三角座りすることちゃんは大層可愛かったです。男役でイキイキしてるねぇ。さゆみ侯爵にお仕えしてるけど忠誠心あんまりなさそうな所がまたいいよね。返事がぞんざい。

弁護士のカイちゃんはなんつーか…うさんくさいね! ほんとに有能なのか疑わしい所がこの作品にとてもあってるね!

愛里ちゃんは「フリ」とはいえ可愛い顔して「スポンサーになって☆(ゝω・)v」ってやるのえげつなくてすごく良い。こんな子にストレートに頼まれたら財布ごと渡しちゃうよね。その財布はがっちり奥さんに握られてるけど。

杏瑠ちゃんがいつの間にか凄く大人の女性になっていて、娘役さんはすぐ大人になってしまうなぁという一抹の寂寥感。

それにしても、最後にさゆみがニケ(よりによってニケ)にはりつけにされて「こうもり伯爵」ってやられるのは二股膏薬というか二枚舌なさゆみ(役名で言えよ)(カタカナ苦手)に対する最大限の皮肉になってて、いやーよくできたラストですね。

しかし看守のみきちぐさんは巻き添え不憫。

あと、後ろにいるしーらんが視線泥棒すぎて辛い。気がついたらオペラ向けてるこわい。

そしていつも私のオペラを容赦なく奪っていくまいけるの不在が…

…あと、れんた(となっちゃん)夫婦だけお衣装の系統違いすぎててとくにれんた…何系なのそれ…

汝鳥さんがメイドさん4人連れて歌ってる時に、一人ずつ去っていくというか、愛する相手を見つけて飛び立っていくのが、一人になった汝鳥さんは肩をすくめるだけだけど、なんかすごく物悲しい感じ。冒頭では「惚れた女は若い男と逃げた」と冗談にしてるけど、普通ならそれを恨んだり、マイナス感情にしてしまうところなのに、教授はもうしっかり昇華して悟ってるんかなぁ…みたいな。

あと、マギーさんの役名がどうしてもオフロスキーとしか頭に残らなくてそれどこのフロンターレだよ、っていう(ひどい)。でも退屈しきってたマギーさんがラストシーンで床を叩いて笑い転げてるのすごく象徴的。

THE ENTERTAINER

ショーはタイトルがこれだから予想はしてたけど幕開きからサポにはお馴染みのエンターテイナーのメロディで、初舞台生ロケットもこれ。月組さんでも使われてた(でもってこれまでのショーでは今回も使われたSingSingSingに比べてヘビーユースされてたわけでもない)事を思うと短期スパンで被ったなぁ…という印象は拭えないかな…

それにしてもですよ、フィナーレでアイドルグループばりな衣装と曲とで男役が踊ってた場面、満を持して一人ゴールド衣装で真ん中に立つことちゃん…左右にかいちゃんとしーらん。いやぁ…大きくなりましたねぇ…とはいえもう新公も卒業だし、真風も新公卒業の頃には確かにこんな感じだったといえばそうなのですが、成長が早いのとタダでさえ月日の流れるのか早いのとでもうそんなになるのかと(年寄りか)

……自分で書いてて真風の新公卒業とか遠い昔の事にしか思えんかったけどたった3年前のことか…そうか…

フィナーレといえば、青い衣装で真ん中にみちこさんを迎える場面、どことなくゆうさんのルパラのエスポワールの場面を色違いで思い出したり。

みちこさんとまさこさんのダンスシーン、宙で二人の並びを見ていたのがつい最近のような、遠い昔の事のような。組が変わって、でもこの二人の並びにかいちゃんもいて、なんか巡り合わせって不思議なもんだなぁ…マギーさんとまさこさんの銀橋迫力あって格好良すぎてまさこさんがいなくなるなんて実感なさ過ぎて。

マギーさんが英語で歌うとやっぱり格好いいなぁ…

デュエダンは最近よく使われるけどデュエダンとしては初使用(なはず)のJupiter。デュエダンなのに歌うトップコンビ。そして短め。まぁスパニッシュでぽんちょのソロでデュエダンしてるといえばしてるか。

ぽんちょのソロ(女装)は分かっちゃいたけど強めなレディですよね。私がぽんちょ顔と名前を一致させたの割と遅くてメイ執だったので…ええ、あれも女装でしたが。上から見てると銀橋で隣近所の愛里ちゃんより胸がおおkいやなんでもない。

話はどんどん遡っていくけど、初日に見た人が「ラルフ」って言ってたあのミッチェル。出てきた瞬間…(;´∀`)…うわぁ…ってなりましたよね…どこで買ってきたんだその服…そしてなぜそれをあわせたんだ…逆にそのセンスすごいわ!!

マギーさんとまさこさんのおみ足見てたら真ん中見えないしでもこんな(おみ足見られる)機会なんてないし! まさこさんのおみ足なんてファンタジスタ以来じゃないのさ…何年ぶりだよ…

初舞台生の口上はこれまでの幕が開いたら一列に整列+3人だけ前に出ているスタイルじゃなく、日舞になってて、いやーぴしっと揃って扇を置いて手を添える仕草が上から見てると大変綺麗でした。

時間は取るけれど、こういうのもいいんじゃないですかね。青田買いする人にとっても。

ロケットの衣装はまぁ例年通りどことなくトンチキな(こら)あれでしたが背負い羽がない分だけすっきりしてて、綺麗に揃ってるな、と思いました。私感だけど。

このロケット、ショーの序盤で、さゆみが「これからのエンターテイナー」みたいな歌詞を歌うから、これはよいエールだな、と。それに伴って降りてくる初舞台生は「102」の人文字作って降りてくるし。…もう…102か…100超えてからもう+2なのね…

ロケットといえば、みちこさん以下揃っての燕尾ロケットは圧巻でしたわ…あんなん100周年の時の100人ロケット以来や…(そりゃそうだ)

お芝居にしてもショーにしても、トップコンビに歌わせまくりやな! という印象の二本立てでした。…いや、それ普通やん、と思う自分と、いやでもそうじゃないショーも往々にしてあるし、と言い訳する自分とがいる…

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA