cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

星組『ロミオとジュリエット』宝塚大劇場(初日)

この記事はだいたい 550 で読めます

3年ぶりの星ロミジュリというか、今年唯一の星組大劇場公演の初日に行って来ました。

どうも(だいたい)初日の女S(席種的な意味で)です。

いやー大劇場のロミジュリも3組目、まして初演の星ということで、手拍子とかもう安定感すらありますよね。…初日という遠慮がちな所を差し引いても安定して入ってたかと。
ちえねねでロミジュリという演目も…安定感あるなぁ…ちえロミオは相変わらずものすごい強そうでしたが。…だからそんな毒薬あらへんて。どんなコブラ毒やねんほんま(3年前と同じツッコミ)。

それはさておき、3年間でものっすごいレベル上げてきた人が…死の真風がですね…ものすごいレベルアップぷりでしてね…! スチルの段階からなにこの…死…! っていう。ちえさんの生命力あふれるロミオを死に誘う真風。
どいちゃんの愛はことちゃんの愛とはまた違った愛で、これは3年で進化したことちゃんの愛と見比べるのが楽しみだー。

で、周りくどいことはやめましょう。ことちゃんですよ。今回大抜擢ベンヴォーリオ(役替り愛)(+新公ロミオ)の礼真琴くんですよ。
いや、もうほんとにね。すごいねことちゃん。脱帽とかお手上げとかそういう言葉しかなかったですよ。
最初出てきた時にちょっと目元の青濃すぎやしませんかね…! って思ったけど、そんなのは些細な事でした。とよこさんのベンヴォーリオの影響が色濃い(そりゃ3年前に見てたんだし)役作りで、ヴェローナの所ではにこりともしない冷徹なベンヴォーリオっぷりでした。…いいわ。
憎しみ、の所ではしーらんマーキューシオとじゃれあって、ここではニコニコして歳相応というか、同世代っぽい雰囲気で。
どちらにしたって踊って良しなのは随分前からみんな知ってたし、歌って良しなのもみんな知ってることで…それに加えて今回はベンヴォーリオでお芝居もガッツリやってスキルアップしたらいいよねー…って思ってたんだけど…いや、普通に上手かったです。ベンヴォーリオっていう役が合ってるのか、普通に立ち姿とかも…ベンヴォーリオでした。もちろん歌って良し。
配役出た時からベンヴォーリオってことは舞台にたった一人で歌う訳じゃないですか「どうやって伝えよう」を。…なんていうか安定感しかなかったんですよ。それまでの場面からも解っちゃいたけどさ。初日でこれならこの先どんどん深みが出てくるのがほんとに楽しみです。
あと、私はあの霊廟で両家が和解して歌うあの歌が大好きなんですが、あれのね…一番前のセンター0番がベンヴォーリオじゃないですか。ことちゃんな訳でですよ。…あーええもん見たわぁ…。

しーらんマーキューシオはこれまでの歴代マーキューシオがどことなく精神に欠損があるような…日常的に瞳孔開き気味な感じというか…そういうのが多かったと思うのですが、しーらんは「普通」でした。確かに「キレる若者」なんだけど、別にそういう意味ではキレてないっていうか。
…いやそれにしても…しーらん…漢でしたわ…ものっすごいかっこよかった…。

べにーのティボルトは逆にこれまでの孤独な中二病ティボルトというよりも、こっちのほうがキレてる感じがしたのはべにーの持ち味だからなのか…。でもヴェローナで太閤閣下に諌められて「御意に」って横行に言うのはやっぱり様になってるなーって。
ティボルトといえば、コロちゃんのキャピュレット夫人。3年前より若くなって、ティボルトへの色仕掛けもレベルアップした気がしました。まぁティボルトはもう完全に「過去の女」扱いなんだけど。それにしたってティボルトが女に対する扱いがほんっっとうに雑というか「モテる俺は釣った魚には一切餌はやらねぇ」っぷりといいますか。むしろ女嫌いなんじゃn…っていう(おちつけ)

ヴェローナの若者たちはスチルで見る限りだとメンチ切ってるれんたとなんか背負ってそうな汐月しゅーくんとを筆頭にモンタギュー圧勝ムードだった訳ですが。…いや、やっぱりモンタギューの方が強そう…だよ…?
キャピュレット組は最初に引き裂かれるカップルのぺっちゃんといい…なんかこう…バトロワになったら各個撃破されそうなタイプというか。モンタギューはそういう所狙い目にしてわーーーっと襲いかかって各個撃破していきそうな感じでした(どんな)
そんなキャピュレット組の中で一番目を引いたのはまいけるでした。最初は「結婚なんて」の所でコミカルな動きをしていて目を引いたのですが、見れば見るほどですね…色気がにじみ出てきましてですね(スルメか)気がついたら視線どろぼーでした。まいけるこわい。
一方のモンタギューの若者は汐月くんが一人明るい色のストレートロング金髪を一房残して一つくくりにしていて(3年前と同じかな?)…相変わらずビジュアル最強すぎるで汐月しゅう…!(脱帽)…っていうのがまずいちばん目を引いてですね(仮面舞踏会の場面にも出てるけど全然モブになれてない)。…と思ってたら相変わらずぱっとした美貌のぽんちょ(夏樹れい)くんが側にいてですね…とんだ視線泥棒だよぽんちょ! いや、カッコ良かったんだよぽんちょ。あのぱっとした美貌で楽しげに踊っているぽんちょを見ているとこっちもなんか口元にやけてくるっていうか。

大公閣下のまさこさん…出番がなぁ…少ないんだよねぇ閣下。…でも登場してきた時の高貴さというかロイヤルな感じは想像以上でした。霊廟からのハケ際、ベンヴォーリオの肩を抱くというか、叩いてたんだけど、その身長差を見るにつけ…ことちゃんどんなけヒールであげてんの…! 他の場面でも本当に一人だけ飛び抜けていらっさった…どうしても近くにいるのが両家の親たちだからかな…。

さやかさんの乳母はいい意味で「すごくおばさん」で、おばさんの図々しさというか、図太さみたいなのが見えた気がしました。ソロもすごい貫禄だったし。

フィナーレの男役群舞、鬘が街の男そのままの人も何人かいて、なんていうかただのイケメンまつりでしたね!(ある意味通常)星ってこういう…アイドルグループ的なのが似合うねぇ…。アイドルなんだけど、こう…あつくr…白い肌と白い歯がきらめくアイドルじゃなくて、飛び散る汗こそ美しい的な。

ちょいちょい「前そんな振付だったっけ?」みたいな場面があったので、また他の組とか、3年前のDVDとか見ようとおもいます。
3年前にはなかったパレードですが(そりゃ梅芸だし)、ねねちゃんの衣装は「愛旅」みたいな感じでした。…でもってことちゃんの立ち位置にね…びっくりしましたよね…前回から真ん中降りしたかと思ったら今回は銀橋メンバーで…専科さんより内側…ですか…すげぇ。

役替りもフルで、稽古場まで収録のBlu-rayが出るんですってよ…DVDも出るけどそんなん(画質もあるし)Blu-ray一択やん…。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA