cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

星組『眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯に―(新人公演)』(宝塚大劇場)

この記事はだいたい 69 で読めます

ことちゃん、ふうちゃんそれぞれ2回めの新公主演・ヒロインを見てきました。
二人共堂々とした舞台姿で、しかも歌には定評がある二人で、あの1本物をよく演じきったと思います。ことちゃんはロミジュリのように感情ほとばしりすぎて涙する場面もなかったし(というかナポレオンだからそんな方向に感情の発露はもともとないんだけど)。ふうちゃんはやっぱりねねちゃんのお衣装は丈が長いんだなぁ…というズルズル感だったけど別にふうちゃんに限ったことでもないのでこれはもうねねちゃん(超絶スタイル)の衣装が合う娘役はそうそういないってことだろう…。

以下適当な感想です。

ナポレオンを演じたのは新公主演2回めの礼真琴くん。歌が上手いのも声が十分に低いのももう周知のことで、ただ、今回ダンス場面がほっとんどないので(特にナポレオン役は)これまた周知のダンスの上手さは見せ場なし。二階席から見下ろして、オペラ使わないで声だけ聞いてるともうね。ある程度出来上がってる感があるわ。バウ主演が楽しみで仕方ないですね。
ただ、気になるといえばどうしてもオペラで見た時の表情が…うーん…顔歪めればいいというものでもないというか。「楽」以外の感情の(特に大人の男の)出し方の引き出しがまだ無いのかなぁ…元が可愛らしい系の顔立ちだから余計に難しそうに思えるんだけど、そこらへん経験でどうにか。
あと、結婚の場面でいそいそと指輪を取り出したは良かったんだけどかつーん…と落とした音まで聞こえてぎゃってなりましたよ。ちっさい小道具危険…!

ジョセフィーヌを演じたのはめぐりあいは再び2nd以来の新公主演になった妃海風ちゃん。
あの時は金髪の生え際が黒いのが気になるなぁとかぼんやり思ってましたが、今回は役どころもあって、堂々と歌い上げる場面が多かったのがほんとうに、よかったと。女王になる、と歌うあの場面の貫禄は凄かった。

今回のことちゃん。ふうちゃんはディズニーCDでも一緒に歌ってるし、この曲は前々回の新公(エトワールドタカラヅカ)のラスト、本公演には無い、新公だけに挿入された場面で二人して銀橋出てきて歌ってたので、デュエットしてても別に…こう…新鮮味という意味ではあまりなかったかな、と。客席も聞き覚えあるし…みたいな。新公だから何もかもが新鮮であるべきとは思わないからそこに対する意外性のなさは別にマイナスじゃないんだけども。

今回、ひろ香祐くんと紫藤りゅうくんは二人して物語の展開役であるグランマルモンとナポレオン二世。今回カットされた場面はこの二人が会話形式でつないでた印象。
ひろ香くんはまた…うまかったわ…あのもみあげで一瞬誰かと思ったけども、特に最後の「もしもあなたが父に会えたなら」と歌うのがすっっごいよかった。
しどりゅーくんはまたこう…ああ、あのオーストリア皇帝の孫だね、っていう顔立ちでした(どんなだ)DNA的にははっきりくっきりしたおじいちゃん似。お坊ちゃんらしい…こいつ絶対手つやつやしてて綺麗なんやで、っていう二世でした(だからどんなだ)。

夏樹れいくんのバラス(とオーストリア皇帝)(本役:。前回のロミジュリ新公でも0番で歌ってたりで、歌って踊るぽんちょがたくさん見られたのですが、今回は躍らないけど芝居と歌で魅せるぽんちょでですね。
正直なところ…ちょっと…トラファルガーの時のいっちゃん(鳳樹いち)を思い出しました。あの時のいっちゃんと学年も似ているし、貴族の衣装を来てて、歌い方がどことなく似ていて。多分ぽんちょのバラスが「数々の血がこのフランスをー」と歌い始めても違和感ない。…そういう意味では宙組って権力者は歌って支持を取り付けるイメージ(銀英伝とか)。
話がそれた。
オーストリア皇帝になって白軍服で、うわーぽんちょがものっすごい偉いさんやー…と(ぽんちょをなんだと)(割と平民階級が多いイメージ)そんな所にも感動しつつ、ロミジュリが最後でもよかったけど、役どころとしては今回の方が好みなので、新公ラストはこれで、個人的にはよかったと思います。

同じくこれで新公卒業になる十碧れいやくんは本公演で北翔さんがやってるタレーラン。本役を忠実に踏襲した、腹の読めない(読ませない)タレーランでした。いや、普通にうまかったから他になにもいうことが…ない…。

あと、メッテルニヒの飛河蘭くん。…あまりにもさやかさんのコピーが巧すぎてですね…逆にあれ? 本役さん誰だっけ? ってなりました。そっくりだ。

今回の個人的発見…というか今まで知らんかったーってなったのはマルモン(本役:紅ゆずる)の瀬央ゆりあくん。これまで特に注目して見てた事がなかったんだけど、終盤、銀橋で歌い上げた時の声量がですね…半端無かった。エエ声だし、声量もあるし、…ちょっとところどころ音が迷子になってたけども、こんなけ声出てたら次以降が楽しみすぎる。

それからウジェーヌ(本役:礼真琴)をやった天華えまくん。本公演でびっくりしたあの割と尺の長い1曲を新公でもノーカットで歌い上げた上に、随所で凛々しかったのがとても印象的でした。特にナポレオンがジョセフィーヌに離婚を切り出した後の場面で、自分もイタリア副王の座を辞してナポレオンと絶縁する! と宣言する場面は大変凛々しかったです。

今回の新公で一番目を引いたのはブリエンヌ(本役:壱城あずさ)の音咲いつきくん。メガネ!!! 全世界のメガネスキーに見せたいメガネキャラがここに…!!! いや、ほんと二階席からオペラで見下ろしてたらもう最初に出てきた時からどことなくGACKTを彷彿とさせるビジュアルで何このイケメンメガネ。
いや、もうちょっとほんとメガネキャラ好きな人にぜひ見ていただきたい。私の中の歴代メガネキャラランキングで真風のエルモクラートさんを抜いたかもしれん…これは…。

ナポレオンの家族の中では、リュシアン(本役:如月蓮)の漣レイラくん。…いや、ほんとこのれんた→レイラの同腹兄弟感たるや…忠実に写しすぎてた。特に外見。
お母さん役のあんるちゃんも歌は期待通り。…それにしても美穂さんのあの…なんていうんだろう。声音に潜む毒というか針はすっごいなぁ。

あとはイポリット(本役:十碧れいや)の拓斗れいくんもしゅっとしたイケメンやったなぁ…ジョセフィーヌから巻きあげたアクセサリーの一部を落としたのが見えてこれもドキッとしたけども(ちゃんと自分で拾ってはけた)。

そんなこんなで、人数少ないからアルプス越えとかエジプト遠征とかそういう人員が必要な所は舞台上の寂しさを感じさせましたが(それは人数少ない新公だから仕方ない)、OPのコーラスとかはすごくよかったです。
ことちゃんはこういう「自信に満ち溢れる大人の男」っていう始めての役どころで、なかなか…っていうか「柚希さんがやる、自信に満ち溢れ、勢力溢れる大人の男」ってその時点でもう並大抵の「自信に満ち溢れる大人の男」じゃないよねっていう。同じ牛肉でも特売じゃない通常の肉とA5の神戸牛くらい違う。そういう意味では東京がどうなるのか期待(…しといて見に行かないんだけど)。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA