cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

星組『風と共に去りぬ』梅田芸術劇場

この記事はだいたい 52 で読めます

月組版を見ていないので宙組以来の風共です。
わりと最近見たような気がしていたけれど宙組風共もう1年以上前なの…月日の流れにびっくりだ。…で、正直風共っていう演目はそれほど好きではなくてですね(ぶっちゃけすぎ)、今回も演目出た段階では「あーもういいかなー」って思ってたんですよ。ええ。

だってことちゃんがスカーレットやるって言うから。

みっきーがベルだって言うじゃない。

みつるがアシュレでまいけるがワイティング婦人ってry


そんな訳で。

ことちゃんのスカーレット…というか、女役はまぁロミジュリの愛も女役…に入れると楚留香でもやっていたし、普通に可愛いんだろうな(声は低いけど)と思っていたのですが。

思った以上に浅田真央に似ていたと。いやマジで。

最初の場面の歌が誰も彼もがっつり男役声なのはそういうこだわりがあるのかしら。ことちゃんもあの場面は(女役にしては)すごく低音…というか、いつもの音程だったし。
みつるアシュレに対するあのべた惚れ…というかもう目がキラキラしててね! アシュレ大好き!! がだだ漏れてましたね。

喪服姿でアトランタにやってきた時は顔芸がすごく進化してましたね。スカーレットってああいうキャラクターだっけ? という部分ではよくわからないけれど、少なくともスカーレットの一筋縄ではいかない二面性というか、ソトヅラはよく現れていたのではないかと。

新公除けばここ最近見た中で一番若いスカーレットだからか、とても奔放なエネルギーを感じました。若さスパークリング!(作品が違います)
特に、レットに緑色の羽帽子を貰うあの場面、すごく、少女でした…

明日になれば、を歌い上げるところはさすがの声量でしたね。パレードもそうだけど、ほんっとに生き生き歌うなぁことちゃん。
杏瑠ちゃんとの裏表な歌は …あんまり聞こえなかった…ような…

あと、最後のデュエダン(ネギみたいなお衣装のあれ)もものっすごいいきいきと踊ってたけど、さゆみが勢い余って膝かっくんかましかけてた…ね…

それにしてもほんとにことちゃんは抜擢が続くなぁ…

先にことちゃんについて書いてしまったけど、ちょいちょい宙組版と変更であったり、カットされてるなーという印象。あの南部魂の歌がなかったりとか。細かい演出だとレットの壁ドンがなくなってたり。

特に二幕のバトラー邸の場面、宙ではさっつんが一大演説を打った場面。奥様方が儀礼的な支援のお礼を告げて帰る展開になってました。あの演説はさっつんの印象が強すぎたからこれはこれで良かったです。

そう、この奥様方がですね。
ミード夫人の柚長がまず強そう。
メリーウェザー夫人の珠華ゆふちゃんも強そう。
エルシング夫人の毬愛まゆちゃんも強そう。
……
ワイティング夫人のまいけるがすんごい可愛いんですけど!!!

プログラムのスチルより断然可憐で可愛いんですけど! え、ちょ、マジで? こんなに可愛くなるとかずるい。マジで反則にもほどがあるまいける。
宙で同じ91期のてんれーがやってた役だけど、すごく…可憐です…
そんなまいける、夫人じゃないときは南部の青年として燃えるアトランタで銃を手にしていましたね…こっちはかっこよくてますますずるい。

完全に想定範囲をぶっちぎったまいけるに対して、予想通りの迫力美人だったみっきーベル。
別にみっきーが地方出身者だからそう思う訳ではないんだけど、このベルも田舎から出てきて店を持つまで苦労したんだろうな…とか思いました。だからアトランタ駅で新入りを迎える時もあんな保護者顔なのかなとか。
「およしよ」はそんなにエロくなかった(何を期待していたというのか)
私、個人的にこのベルというキャラクターがすごく人間的に好きだというか。このお芝居の中で、一番心情を理解できるのがベルだというか。毎回メラニーにお金を持ってきて、裏口から帰るという場面でじわっとくる。

そんなメラニーなはるこ。
元々メラニーという人は悟りを開いたような精神の成熟した女性(と言うと言い過ぎだしどうしてもアシュレの子供を欲しがる女としての顔もあるはず)だけれど、今回のスカーレットがあからさまに年下というか幼い雰囲気を醸し出しているからか、メラニーが「お姉さん」な空気感がとても。でもアシュレは「あなた(スカーレット)を姉のように慕っている」というもんだから…いや、それはどうなんだろう。ある意味、スカーレットとメラニーも裏表な感じ。
今回のはるこの扱いが今ひとつようわからんというか、多分これ、宝塚初見な人は相当混乱するだろうな…フィナーレでさゆみとデュエダンあるのにパレードは真ん中で降りるけど歌なしっていう…

あとちょいちょい印象に残ったことを。

ミード博士の息子、フィルの音咲いつきくん。ソロでぱーんと歌ってて、歌、うま!! 誰この歌うま、と思ってプログラム確認したら音咲いつきくん。…まだ顔しっかり認識できてないのがあだになったか…

ルネれんたの幸薄っぷりがほんとに…ほんとに…なんでそんなに幸薄(´Д⊂ヽ
フィナーレで出てきたときにれんたのマイクが超絶不安定で。拾ったり拾わなかったり…後から出てきたみっきーのマイクはしっかり入ってたんだけど…。(´・ω・`)しょぼーん。

さやかさんマミーのあの瓶から指がぬけなくなったー! のとこは客席から笑いが起きてましたね。
マミーも少し台詞とか変わったかな…

みつるのアシュレ、メラニーを失ってから一気に幼児退行したみたいな雰囲気でした。
それにしてもタキシードジャンクションかっこよかった!!

終演後の柚長の挨拶で、大阪出身者として「大阪府大阪市出身、全国ツアー初参加の紅ゆずるです(その後でご自分のことも東大阪市出身の万里柚美です、と)」と紹介されていて…Σ(゚◇゚;)マジデッ!?
真ん中に立って回るまで一度も全国ツアー経験なし!?
そんなだから、主演の挨拶を終えてから「これは…私が締めてよろしいので?」と柚長に確認した上で、たっぷり間を取ってから「本日はほんとうに…」で、客席から笑いが。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA