cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

【SCRAP】時空研究所からの脱出

この記事はだいたい 148 で読めます

いつか東京行ったときに行きたいなーと思ってた時空研究所。心斎橋OPAで期間限定開催ということで行ってきました。

その後の予定もあって、朝一の回を選んだので定員10人のところ8人での参加でした。

…そしてこの「その後の予定もあって」の部分を大いに後悔することになるのであった…


タイムマシンの研究をしていた施設に閉じ込められた我々一同、タイムマシンを起動させ、研究所から脱出せよ、というストーリー。

だからといってタイムマシンさえ起動させたら脱出出来るのかと言えば、まぁそんなことはないわな。起動してからが本番ですよね、わかります。

参加人数こそ8人でしたが、初参加は1人か2人? それ以外は(自分を含めるのは手前味噌だが)経験者というか見るからに歴戦の猛者。すんごい見覚えのある…以前別のイベントでお会いしましたよね、っていう。そんなだから開始と同時に無言で探索を始めるという…

結果として脱出出来たからよかったんだけど、経験者が溢れてると小さい声では届かないな、と。最後尾から「必要なのはそれじゃなくてこれ!」と主張しても届かなかったしな…無用なトライアンドエラーで数分を無駄に。

この脱出成功にしても、途中思わぬショートカットをしてしまっていたために、「ヤバいもう時間ない!ここから○○して○○してとか無理!」ってなったときに気がつけばそれらを全てすっとばした結果が目の前に出来上がっていたという…しかも気づかなかっただけで制限時間10分以上前から要件を満たしてたっていう…/(^o^)\ナンテコッタイ

そんなわけで脱出成功した瞬間は「え、これで成功?」みたいなぽかーんとした空気がありました。途中で全く意図しないスキップをしたせいで論理的な解決に至ってなかった…

そんなわけでだっしゅほーい。40組目! それにしても時空研究所、脱出率高すぎやで…

このあとはそのままゴール裏に直行した訳ですが、時空研究所が思いの外、これまでのアジト系で随一の疲労感あふれる脱出であったたために(半分以上は謎解きに手間取ったせいだけど)体力のほとんどをOPAに捨ててゴール裏に行くはめに…計画性、大事。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA