cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

月組『ベルサイユのばら〜オスカルとアンドレ編〜(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 452 で読めます

本公演を見ていない状態での新公なので、比較とかはなしに、こういうものを見に行ったのだ、というつもりで。

いやーしかし完成度の高い新公でした。
歌う人がみんなしてしっかり声出てるし堂々たる歌い上げっぷりで…いやーよき新公でした。

どうでもいいけどベルばらのセットを見ると、「ロイヤルシリーズ」とか「ロココシリーズピンクリメイク」としか思えないとび森脳です。

ゆうきのオスカルは最初出てきたときはなんかこう…まんま、「男役の女装」に見えたのだけれど、だんだんとオスカルが肩肘張った状態から自分の「女性性」を需要していくように、だんだん女らしく見えてきて、ワイングラスたたき落とされた時とか仕草が完全に女性やったね。
というか失礼ながら彼女をしっかり認識したことがなかったので、今回の新公主演でお芝居も歌もうまくて、正直なんでこれまで目に入ってこんかったんやろかと。

ちなつのアンドレは、これ見たさで今回チケット取ったと言っても過言ではないくらいに楽しみにしてたのですよちなつのアンドレ。
最初の印象は「化粧濃ッ」だったのですが、それも男臭い方向に濃かったし。けど、アンドレはオスカルに女性性を意識させるくらいに男性性を持ってる(ただイケメンなだけじゃなく、オスカルが自分とアンドレの決定的な性別差を意識するためにも必要な要素なんじゃないか)と思えば男臭い方が良いのか。
それにしても、最初から銀橋渡って歌うところから堂々たるもので、少し声が上擦ったかな? とは思う物の、他の場面でもものすごいうまかったです。
…ところでその蜂の巣演技は蘭寿さん直伝ですかね?(見事に蜂の巣)
ワインの下りに到るまでに独りでぐるぐるして暴走して我に返って…のあたりはなんていうか…古典臭だなぁとも思いました。良くも悪くも。本の話ですが。

たまきちのアランは最早なんの心配もしてない安定感抜群のたまきちクオリティでした。
しかし何が気になったって…荒くれアランの開襟状態の胸板がですね……並大抵ではない厚みでしてね…た、逞しい…!

ベルナール(髪型のせいか遠目に時々あーさーに見える)が抜群の安定感で誰だっけ…とよくよく見たらさもありなん。君か輝月ゆうまくん。
いや、ほんと、歌ってよし芝居させてもよし、ヒゲも似合う(前回バウ公演)ってなかなかの逸材ですねゆうまくん。ラインナップの立ち位置まだそこですか…恐ろしいな!

ブイエ将軍のからんとジャルジェ将軍のスミスはどちらも威厳ある芝居には苦戦してたかなぁ…という印象。これは新公学年で専科さんや組長の役だから仕方ない…というと本人等の努力を無視するようだけど、年齢(と経験)っていうディスアドバンテージだけはね…

そんなからんは挨拶で、ヒゲで喋りにくいのか淡々としてたけど、流暢に挨拶をした上に、新公メンバーのチームワークを駅伝の襷に例え、東京公演を復路に例えて客席から笑いを引き出す余裕っぷりでした。
スミスパパにも実はほろりとさせられました。オスカルがパリに出兵する前夜の場面で…

ロザリーのくらげちゃんは歌もあったし(上手かった)、かわいかったんだけど…え、これ…本公演ちゃぴなの…? と思わなくもない(´・ω・`)

あまりらのジェローデルがよく言えば「善人貴族」でまぁ身も蓋もない言い方をすれば「性善説で生きてるよーなボンボン」だった訳ですが、出番少ないなりにその純粋さでもってオスカルの思いを汲んで「身を引きます」と言ったときの気高さにこっちがもだもだするわ! てなもんでした。

オスカルとアンドレ編のフェルゼンはどうしてもオスカルの、自分への恋心を知った上で自分の愛する人のために「協力してくれるよね?^ω^」っていう感じがやらしーと思うのです。
捨て台詞があれだし、フェルゼンにこそ「男らしくないぞ!」と思ってしまうというか(´ε`;)ウーン…

ル・ルーのゆめちゃんは、たまたま最近アリスの恋人を見たのでなんていうか…ロリ専科?(こら)
にしてもロリが似合うって可愛いよなぁ…そしてにこやかに残酷な事を言うのも似合うなぁゆめちゃん…(´・ω・`)

そういえば、パンフレットにはラストシーンは「ガラスの馬車」とあったからあの噂の空飛ぶ馬車wktk …ってしてたんですが。

カットでしたね。

(´・ω・`)ショボーン

バスティーユのあの行き場のない感情の救いどころが一切ないままに終わる…ただでさえ新公はフィナーレないのに。
まぁ諸々の事情のあることなのでしょうが、少し残念。
まぁそんな所はありつつも、とっても完成度が高い新公でした! 東京でご覧になる方は期待盛り盛りで。


関連展覧会

ベルばらといえば、40周年を記念した全国巡回展が開催中なのを思い出したので追記。
2013年3月20日〜4月1日@岡山天満屋
2013年5月1日〜13日@阪急うめだ本店
2013年8月22日〜9月3日@さっぽろ東急百貨店
2013年9月14日〜10月14日@そごう横浜店
詳しくは特設サイトにてご確認下さい。
朝日新聞社 – 「ベルサイユのばら」展
全国巡回展

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA