cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

月組『月雲の皇子』バウホール

この記事はだいたい 454 で読めます

たまきちバウを1回きりですが見て来ました。…これは…いいわ…はっちさんがいい意味で溶けこんでた…あの…そんな「上級生」いないよねバウメンバー。はっちさんが全然孤立してないの。すごすぎる。

1幕はどっちかっていうとちなつのが主役っぽかったし、2幕はたまきちがほぼ出ずっぱりで。…ダブル主演でもよかったんじゃ…?
みゅーちゃんは前回バウの春の雪で歌声も絶品だったのだけれど、今回は設定上1幕は口を利いてはいけない…だったのが…仕方ないとはいえ残念だわ。
それにしても本当に下級生とは思えない実力舞台でした。

特に輝月ゆうまくんな(またか)

ゆうまくんほんとになんなんですかね彼は。今回、はっちさん・夏月都さん(なぜかさん付けしたくなる…)・さち花ちゃん・和葉ちゃんと有瀬くん・スミスあたりが年かさの役だったのですが(その辺の男役はヒゲ担当)、ゆうまくん…ぶっちぎってた…はっちさんと舞台に二人っきりで芝居してるのに…二人の雰囲気がほぼ同じってどゆことですか。どゆことですか。全然負けてないゆうまくん。
所謂書記官の長みたいな立場の渡来人なんだけど、初登場場面で「文字とは!!!」っていう説明をするんだけどそこが完全に独り舞台。0番でピンスポ浴びて歌って踊って立て板に水の長台詞…すげぇ…いやほんとにゆうまくんすごかったんですよ(何度も言う)。月見るたびに「ゆうまくんすげー…」しか出てこない。スゴい。

そんな訳でゆうまくんの衝撃が大きすぎたんですが、和葉ちゃんも半端無かったです。老けメイクといい、立ち姿といい…えっと…何期でしたっけ…? みたいな。そんな上級生出てたかなぁ…と本気で首をかしげるくらい自然な皇太后でした。
しかし皇太后の気まぐれな愛情表現(byはっちさん)が最後の最後で納得が行ったというか…これはシナリオもスゴい良かったわ…ネグレクト気味な母親なのかと思ったら全然そうじゃなかった…! 伏線の回収が凄く鮮やかだったと思う。ここは。

春の雪でおばあさま役をしてた夏月都さん、今回はみゅーちゃんの付き人で、完全に白髪の老婆だったさちかちゃんもだけど、こういう「自然な老い芝居」が出来る娘役(しかもまだそこまで上級生でもない)がこんなにいるって…月組すごいなぁ…。
夏月都さんはナレーションもいれてて、日本昔ばなしちっくな語り口でした。そう、このナレーションで開演すぐにある程度の物語が語られるので、完全に「前知識ゼロで目の前の展開を追いたい」人にはネタバレに映るかも…とはいえ、原作というか、予めのストーリーはググれば出てくるし、知ってる人は知ってる話だから完全書きおろしのネタバレとはわけが違うのだけど。

パンフではもうちょい思春期っぽかった伊予の土蜘蛛なからんくん。舞台上ではめっちゃ可愛かったんですが。…可愛かったんだけど…実は初めてまじまじと歌声を聞きましてですね…上手かったんだ。こんな上手かったんかい! っていうね。
初めて認識したといえば朝美絢くん。末っ子皇子ですっごい可愛かったんだ。たまきちとちなつの髪に飾られた藤の花を「カワイイですよ」といじったりで美味しい立場でもあったし。…ラストシーンで「あにうえぇぇぇぇ」って叫んだのはこの子だったのかな…? ラストシーン、たまきち抱いてるちなつは何も言ってないのにいきなり絶叫が入ってどこからかと。
この末っ子王子、名前からして穴穂の次に皇位につく(雄略天皇)ってことを思うとほんとに美味しい立ち位置。

真ん中の3人について全然書いてないんだけど。

みゅーちゃん今回も幸せになれなかった…か…でも悲恋向きなのかなぁ…と思う雰囲気があるのも事実で。歌も芝居もほんとに安定してるなぁ…。

たまきちが上手いのなんて今更で、確かに初主演なんだけど新公で学年の割に場数を踏んでるからほんっとうに堂々たるもんでさ。
1幕の貴公子然とした姿も、2幕の(ポスターにもなってる)土蜘蛛の姿もどっちもほんとに…カッコ良かったんだ。そういえば土蜘蛛のときは肌の色濃くしてると思うんだけど、フィナーレでまた皇子の姿になった時には塗りなおしてたのかな…?
2幕のちなつとの殺陣シーン、グラフだったかで「(ちなつは)涼しい顔なのにそれまで立回りしてるたまきちは汗だく」ってのを見かけてたから…ほんとにたまきち汗だく…!

ちなつはほんっとかっこ良かった。そろそろ本気で「カワイイちなつ」の認識を捨てなければと。
それにしてもどことなく漂うヨン・ホゲの影というか。こういう「弟」的な立場から周囲の思惑で思った方向からずらされて、後は己の意志として突き進んでダークサイドに…っていう流れがどうしてもヨン・ホゲを思わせるというか。この後、暗殺されるっていうのにも納得がいくスメラミコトの姿でした。

…ただ、どうでもいいことを言うとこの時代まだ「○○天皇」っていう言い方はしてなかったから「允恭天皇」っていう固有名詞が出てくるたびにちょっともやっとしてた。
そんなことはお芝居の完成度の高さだとかに比べたらすごく些細なことだけど。

あと、このストーリーだと衣通皇女は完全に血縁関係にはない訳だから、軽皇子との結婚については何の問題もないわけで。…三輪山のカンナギであることは大問題だけど。だから三輪山から帰された後で穴穂が衣通を妻にすることにも何の問題もない…のかな。…表向きは同母妹のままなら穴穂も軽皇子に対して正当化出来る理由はないんだけども…そのへんようわからん。あと、衣通に長田大娘皇女と二人分の役割をもたせてるのは宝塚的な脚色なんだろうな、って。そりゃ同じ女を取り合う方がストーリー的には分り易いか。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA