cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

月組『New Wave-月-』

この記事はだいたい 411 で読めます

花組に引き続き若手バウ公演を見てきました。
…やっぱり他の組もやろうよ。星はもう95がバウ主演だからにしても雪とか、とくにWSさえ久しくやってない宙でさ…

花ではキキちゃんが大層酷い客席一本釣りをしていた3人客席降り(ちなつは次の場面があるので不在)ではこちらもみやるりが…酷い一本釣りを。うわー立たせて抱きしめてるわー(誰かがやられているのを見るのが楽しい)。
たまきちがものっすごい余裕を感じさせる投げキスっぷりで…おおうたまきちかっこいい…

それはそうと、1幕はまゆぽんこと輝月・半端ない・ゆうまくんがピンマイクではなくイヤホンマイク装備でですね…どんなけ歌うんやろうかと思っていたら! いきなり冒頭の『EL VIENTO』でソロ歌ってるしまたこれが安定感に満ち満ちてて…いやもうほんとにね。ここの音源欲しい。1幕は最後のほうでも『愛はるかに』歌ってるしほんとにすごいよねまゆぽん。
メンバー紹介では同じ95のあーさと背中合わせにポーズ決めてるんだけど、まさに誰かが言ってたエドアル感。
そんなまゆぽん、2幕ではあのヴァンパイアレクイエムまで歌うしでですね…! いやーまゆぽん半端ないってマジで。
どうでもいいことなんだけどまゆぽんとまんちゃんが近くにいるとなんかそこだけ癒しオーラみたいなのがほわーってあるような雰囲気。

ハーフムーンのちなつがものすごく「オトコ」でなんかもうどうしていいか(いや、どうもしないんだけど)(黙ってオペラを揚げるのみ)、組んでるくらげちゃんもぱっとした雰囲気が可愛いなぁ…でもちなつと組んでるダンスはとてもじゃないが「可愛い」の範疇ではない…
ここのるねくん、評判の筋肉生かしてリフトも頑張ってるし、あーさははあーさでまたエロい顔してるわで目が足りない。

月の光を歌うみゅーちゃん、私やっぱりみゅーちゃんの歌声好きだわ…
で、たまきちの…なんといえば良いのかこのシルバー&パープルみたいなロング鬘。たまきちの死が生で見られなかったことが口惜しくて仕方ないんだけどたまきちこういう格好も似合うよね。背が高いのもあるだろうけど。

2幕の頭が『ごらんなさい』なんだけど、流石に4人で小公子の動きはしてくれない…か…(何期待してるの)(いやでも千秋楽くらい)
懐かしい曲メドレーの中で、からんくんが『ミッドサマーイブ』歌うんだけど、なんかこう…少年のようで。あーさら4人で歌ってるとこはまるでアイドルのようでした。
まゆぽんのヴァンパイアレクイエムからとしくんの『最後のダンス』、この流れはすごい迫力であった…

んで、スカステの稽古場映像かなんかで話題になってたちなつのレオタード。ちなつのダルマ(タコ足・黒)!
ちなつの長身(足、なっが!!!!)とあいまってなんていうか…すごく…すごいです(ボキャ貧)。いやほんとに、長い足をたまきちにからませながら踊るちなつ!!! 21日ソワレは風共組もノリノリでひゅーひゅー聞こえてました。

あと、2幕後半で、としくんがメインで歌って、まんちゃんが踊る場面でなんかこう、どうしようもなく泣きたい気持ちになったのはなんでだろうか。

最後の挨拶の時に、みゅーちゃんに対してみやるりが「可愛い」って何度か言ってたんだけど、娘役への「可愛い」が花男とはやっぱり全然違っててですね。花男は「かーわいー(超デレ)」なんだけど今日聞いたのは「かわいーw」な感じだったので。

21日マチネはこの日、休演日だった梅芸風共メンバーが大勢客席に。
今日のニューウェーブ、として紹介された叶羽時ちゃん、やってみたいことがある、とのことで、客席を煽ってみたいと。
「皆さん、盛り上がってますかー!」
とやって、楽しげにしているところに客席の龍さんから「大劇場でもやっていーよー!」の声が。龍さん、スカーレットだからか髪が伸びててマスクだしで最初誰かわからんかった…

21日ソワレも引き続き梅芸風共メンバーがお越しに。
今回のニューウェーブは夢奈留音くん。たまきちに「可愛い可愛い」言われて「よしよししたい」とまで…なんだろうたまきちがムツゴロウさんに見えてきた…
るねくんはいい筋肉してる、と言われてたけどお衣装がお衣装だけに全く見えないわけで。……としく脱がそうとしないであげて…! るねくんの筋肉はその後のGIの場面とかで腕まくりしてるから…!
そんなるねくんはまだ頬がふっくらしてるんだけど、みやるりにその可愛い頬には何が詰まっているのかと聞かれ、「夢と愛と希望です!」と返したるねくん。よう言うた。…みやるりととしくんは「(頬の肉と一緒に詰めてた物も)もうなくなっちゃってねー」…るねくんは顔赤くして「減らします」って言ってた…な…

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA