cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

月組『PUCK(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 943 で読めます

あーさ(朝美絢)の新公初主演を見てきました。…ここにも95期! ほんとに花盛りですね95期。

それはさておき。

あーさを個人認識したのは割りと遅くて、ベルばら新公の衛兵隊では「誰あの綺麗な顔の子」だったのですが、顔と名前を一致させる努力もせずに、「朝美絢」という名前を覚えたのは月雲の時でした。あの末っ子皇子も可愛かったなぁ…。そういう意味では同期のまゆぽんこと輝月ゆうまくんの方が個人認識は早かったですね。よく歌ってたからか。
とはいえ、可愛いだけじゃないというのもじゅうじゅう承知で…男臭い芝居やら踊りをする子だなぁと思っていたのですよ。小柄なのに娘役さんリフトする安定感といい、花詩集新公でのギラギラ具合といい。…いやぁあのギラギラ具合は完全に想定以上でした。

そんな訳でどんなギラギラキラキラした妖精さんになるのかとても楽しみでした。あーさのエルフ耳!!


とにかく何を始めに書こうかと思った時、 あーさもまゆぽんもぐっさんもアドリブ飛ばしまくりや! っていうのが最初でした。いや、ほんとに月組さんの新公はとても安定してるし、完成度高いんだけど、それに加えてこんなにアドリブ入れ込んでくるか、と。なんという強心臓。

パック|朝美絢

「天国に行くほど良くもないが、地獄に落ちるほど悪くもない」を体現したような天使というには邪悪さを感じる妖精さんでした。確かに宝塚的な意味でのフェアリータイプではないけれど、この演目をやるにおいては間違いなく「妖精役者」でした。
生まれて直ぐからのあの激しいダンス…をしながらの歌はさすがにキツそうだなぁ…と思ったのですが。

三色スミレを使ってウッドペッカーズにいたずらをする場面では

「後ろにキノコがあるよぉ~」
(食べたウッドペッカーズが次々黒アフロ頭になっていく)
「わ、みんな毒キノコになっちゃった!」
「ん? アフロ? アフロといえば~月組の龍真咲さんみたいにキメてほしいな~」
(とりあえずキザるウッドペッカーズ)
「ん~でもどっちかっていうと~大阪のおばちゃんみたい~」

大阪wwのwwwおばちゃんwww
ウッドペッカーズの面々の「大阪のおばちゃん」イメージはそれかww(手首の高速スナップ)

最後は

「あ、ほらほら唐揚げの特売があるよ~詰め放題だよぉ~」

とワゴンに群がるおばちゃんをやらせて終了でした。…あーさ…容赦ねぇ…

初主演の割に、というか、初主演らしいヒヤヒヤしたところがなかった…ということに後から気づきました。そういえば初主演でした。でも花詩集で場面貰ってたから、度胸が天下一品なのは知ってたし。
ある意味、一番の不安要素だったのがローラースケートだったのですが、初日のまさおよりは上手かった…よ…? 脚を開いて後ろに滑るなんて芸当もやってたし。銀橋へも自分で滑って出ていたので(途中からは手を引いてもらってたけど)。

ご挨拶も、最初こそ詰まったけれど、後は涙にくれることなくしっかりと…しっかり…と…話していたのですが、 お客様は神様だな、と思いました あたりから迷走が始まっていたのではないかと思います。

ハーミア|海乃美月

本人も「大人の役をやることが多い」と言うだけあって、ほんとに大人っぽい娘役さん(KINGDOMのあのエージェントはすげぇカッコ良かった)だから、子供の心を忘れないハーミアをどう演じるのかな、と楽しみにしていました。
…うん、さすがに最初の幼ハーミアは無理が……いや、無理があるほうがおかしいい学年なんだけどこればっかりはどうしても大人っぽいからさ…!
その代わり、成長するに連れて外見や雰囲気にに年齢が追いついていくというか、「綺麗になったなハーミア」への説得力が。

歌が上手いのも、芝居が出来るのも、既に折り紙つきの娘役さんなので、もはや新公で何をいうことがあるんだろう…状態。

最後の場面、ストーンステージに登る時に最後の一歩で躓いたように見えてひやっとしたんだけど、それを受け止めて支えたあーさと顔を見合わせて笑ったのを見てもうあれはフリであったのかと。
いやぁ可愛いラストシーンでした。

ヘレン|早乙女わかば

コマヘレンとは髪型もメイクもがらっと変えて、チリチリ髪にそばかす顔のヘレンでした。…うん、可愛くないかも。仕草とかもどちらかといえば「ガサツ」な部類に入るヘレンで(脚広げてガッツポーズしたり)、現代的に言うなら「自分が可愛くないことを自覚した上で女の子と仲良くするためにガサツキャラになった」みたいな感じ。
根はいい子なんだよ。ほんと。

しかし「きたないは綺麗」の理屈で行くと、見た目が「きたない」ヘレンは綺麗な心を持っている訳で。…実際、ちょっと(ちょっと?)わがままなだけで邪気はないんだし。

ライオネル(ラリー)|蓮つかさ

前回の新公(特に花詩集)で、歌うのに慣れてないなぁ(NW経験組と慣れの部分で差があるなー)と思ったのが嘘のよう…堂々とした芝居と歌いっぷりでした。いや、元々上手いんだけど、見せ方が惜しいなーと思ってたところが埋まってた。
やっぱりショーの新公って一気にレベル上がるのね…もちろんそれだけじゃないけどさ。

ダニエル(ダニー)|輝月ゆうま

まず、幼ダニーが出てきただけで客席爆笑。そりゃまゆぽんの長身で子役をやるだけでも笑いを誘うのに(本公演もだけど)、それがとっても大げさな 花輪君前髪 で、しかも花輪君ポーズ決めたら笑うなってのが無理でございますよ…!

で、ダニーといえば、パパとのビリヤード。いったいどうなるのかと思ったら…

まゆぽんに超ドヤ顔でキュー渡したルイセパパ。相変わらずブレイクショットは掠りもせず(左に逸れてた)に客席から笑いが。まゆぽんに突っ込まれて「手が震えてね」とかなんとか。

まゆぽん「私が決めて見せますよ」で見事ブレイクショット成功。
ルイセ「…スマートだね」
まゆぽん「… ドヤッ

ドヤ顔のみならず口でドヤッって言ったよこのひと…!

引き続き背面うちなんてやろうとするルイセパパ、もちろん玉は明後日の方向に…
ここの場面、本公演もだけど、本来の台詞の合間にお互いのツッコミを混ぜてるからもう何が何だかww

明日への指針でも思ったけど、まゆぽん悪役も似合うよねぇ…もっと血も涙もなくて最後に死ぬような悪役も見てみたいですね。もちろん思いっきり正義の味方みたいなのも見たい。要するにまゆぽんの演技の幅をもっと見たい。
それにしても遊戯室で歌い踊るまゆぽんの安定感ときたら 底無しかつ青天井 ですね。ほんとに。

オーベロン|春海ゆう

安定したオベロン様でした。マギーのような第一声からの存在感というのはなかったけど、お衣装変えてから、あのシルエット五角形のお衣装を振り回す勢いで演じるぐっさんはとても頼もしかったです。
タイテーニアのはーちゃんの方が学年上なのも姉さん女房に振り回されてる感じが強まっててよかったです。
何よりパックとのやりとりの数々がほんっとにテンポよくてね。

タイテーニアにコケにされた後で怒り狂うオベロン様、「次に会ったときはこの角で突いてやろうか!」ってキレててパックに「その角痛そうですもんねー」と言われてたり。
本公演もだけど、パックとの掛け合いがほんとに親子漫才のようでした。

(スミレ取りに行くとこでローラースケート履かせるのに手間取る妖精たち)
オベロン様「用意はいいか」
パック「まだです!!!(自信満々な声で)」
オベロン様「妖精たち頑張れ。ん?難しいか?  フェアリーパワーで頑張れ」
パック「頑張れ頑張れ((o(´∀`)o))」

…応援してる場合かww

やっとローラースケート履けたと思ったら

オベロン様「では出発…」
パック「ちょっと待ってくださーい」(クラウチングスタートの姿勢で助走つける仕草)
オベロン様「それではよーい…どん!」
立ち上がって普通によろよろ滑ってりつつ「いってきまーす」
オベロン様「スタートダッシュが遅いぞ!」

戻ってきたパックを受け止める時も「おーこっちだこっちだ」…完全に保護者w

ツタのエレベーターにしても、

オベロン様「妖精たちに作らせたんだ」
パック「こんなのも作れるんですねー」
オベロン様「シートベルトはカチャッとな」
パック「カチャッとカチャッとー」
オベロン様「危ないからな」

もはやコントのような台詞の投げ合いw

オベロン様「さあフェアリーパワーで浮き上がらせるのだー」
妖精たち「「「フェアリーパワー」」」

……!? なにそのハンドパワーみたいなの…! 打ち合わせどこまでしてたのかわからないアドリブだったよ…!

パック「(だんだん上がっていくツタに)オベロン様ーちょっと怖いです!」
オベロン様「そのうち慣れる!

根性論かwww

タイテーニア|晴音アキ

すっかり歌枠のはーちゃん。長の期なのもあって、ほんとうに堂々たる妖精の女王でした。ロバちゃん☆のところのスキャット…ヴォカリーズ? の部分はちょっと苦しそうだったかなぁ…。
どうしても声量とかは本役さんよりも劣るから(オーベロンも)、妖精大戦争みたいにはなりそうにない痴話喧嘩で終わりそうな二人だな、とも。

はーちゃんといえば、あーさの挨拶の間中、保護者のような視線を向けつつ、あーさの一言一言に頷いていたのが印象的でした。…タイテーニアのあのひゅっと伸びた羽飾りが頭についてるから頭が動くとよく分かるのもあるけれど。

ボビー|暁千星

98期とはいえ既に新公主演の経験があるだけあって、ものっすごい安定感でした。ラインナップの立ち位置でしか学年を感じない。
どうしても「森番」にしては線が細すぎるのですが、それを言い出すとまぁなんていうかry
ありくんすげぇ、と思ったのは、森で記憶を失ったパックを拾って、歌えるか、踊れるかと聞く場面。パックは踊れる、の仕草でその場でフェッテ3回転くらいだったかな。それに対してありくんも「おー俺もそれ得意なんだよー」と3〜4連続のフェッテ。

ちょうきれい。

元々ダンスもすごい(目を疑う位置まで脚上がってた)のは前回の花詩集新公でもよくわかってたけど、ほんとに軸しっかりしてるのね…
…まぁパックには置いて行かれてたけど。

その他の面々

まずは長の挨拶もした珠城りょう。たまきちも遂に(やっと?)新公卒業か…。いや、ほんとに馴染み過ぎてて最初どこにいるかわからなかったんですよね。おじいちゃん。

るねくんはウッドペッカーズの中でも可愛い担当なのか、女の子のやるはずだった振りをやらされて「可愛いから大丈夫だよ」みたいな言われようww

パパルイセくんはウッドペッカーズを遊戯室から追い出す場面でも後ろで超ノリノリで、入婿なんだけど「若いころはブイブイ言わせてたんだぜぇ(古)」みたいなパパでした。
ビリヤードのあれこれについてはまゆぽんのところで書いたので繰り返しません。

パンフ確認してなくて名前が出てこないんだけど、最後、ダニーとハーミアの結婚式場面のキャスター。今回、噛んだのは彼だけじゃないかなぁ…と(相変わらず完成度高いな月組新公)思ったのですが、そもそもあんなけどもってるキャラなら噛んだのも芝居のうちなんじゃないかと思える…。

そんなこんなですごく可愛い(ただし実力はがっちり伴っている)新公でした。
東京でアドリブのあたりがどう進化していくんだろう…。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA