cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

月組『PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』(宝塚大劇場)初日

この記事はだいたい 83 で読めます

22年ぶりの再演となったPUCKの初日を見てきました。…当然22年前のかなめさん版は見てないので、私にとってはこれが「PUCK初見」でした。…とはいえ歌は別の所で聞いたりもしてるんだよな…直近だとNWでからんくんが歌ってたりもしたし。

PUCK

とにかくまさおのキラッキラ妖精感半端無かったんですよ。解っちゃいたけど「(ある程度の学年の)トップさん」があの幼い好奇心の塊の妖精さんを「お芝居で」やるのって相当無理があると思うんですよ。ショーの一場面とかならまだしも。でもそれが出来るトップさんてほんっとに常時存在するもんではない(だから22年も再演されなかった)というのをしみじみと。

今回は本公演の感想なので、場面の順を追ってグダグダ書いていきます。

まずね、何を置いてもね。少年少女の4人がですねww(笑うな) 研10をとうに過ぎた3人の子役wwwww かちゃとみやるりの子供っぽい演技も客席のクスクス笑いを誘うのですが、容赦なく場の注目をさらったのはこまちゃんヘレンでした。超ブリブリの女の子…! ラリーに秋波を解りやすく大放出するヘレン…その中にちゃぴが入るとそりゃ可愛いですよ。
人間界の様子を観察しながら瞬く間に9年の年月が過ぎ…その間にちょっとずつ成長していく4人の子どもたち…なんだけども。こまちゃんがな…! 普通に綺麗なんだよ。なんでそれに気づかないんだよラリーもダニーも目ぇ腐ってんじゃないのか(そういう話です)。
でもほんとに、二人に「汚い」とか邪険にされてるヘレンがホントにかわいそうでな…こまちゃんのコミカル演技ですごく中和されてると思うもの…。森の中でパックにイタズラされて二人がヘレンにメロメロになった時に「二人共譲らないわよ! だってあなた、どっちも譲ってくれなかったじゃない!!」と叫ぶけど、あれをコメディセリフに出来るってすごいわ…普通に考えたらものすごいドロドロやで…。

それにしても最初に出てきた時からマギーのオーベロン様、存在感といい、エエ声といい、…まさに妖精の王様でした。マギーすごい。あのお衣装、ファントムで使ってるお衣装と同じなのか似てるけど違うものなのかわからないけれど(形状はすごく似てる)、あれ、だいもんが動きにくい、って言ってたと思うんだけど、マギーにかかるとお衣装振り回す勢いで立ちまわってるもんだから…それもマギーすごいなって。
オーベロン様がマギーでタイテーニアがすーちゃんなもんだから、この二人が戦ったら音の戦いにしかならないんじゃないのかって。夫婦喧嘩は常にジャイアンリサイタル状態(声量的な意味で)。
そんなオーベロン様。タイテーニアに復讐(というか仕返し)をするのにパックに三色スミレを取りに行かせる場面。妖精たちがパックにローラースケートを履かせるんだけれども、初日なもんで手間取ってて、

オーベロン「準備はいいか」
パック「まだです(ぼそっ」
オーベロン「早くしろ。初日だぞ」

そんな調子でローラースケート履いたはいいけどものっっっすごい危なっかしくてですね! そもそも生まれてすぐにローラースケート履いて銀橋に出た時点から、妖精たちに手を引かれてるのに危なっかしくていまにもオケボックスか客席に落ちそうで。そんな状態で袖に向かっていくもんだからオーベロン様も思わず「まだ慣れてないな…」とぼそっと。
三色スミレを手に入れて戻ってきた時も、自分で止まれなくてふらふら~…とオケボックスに向かっていくもんだから、オーベロン様が慌てて(オーベロン様が走った…!)「落ちるぞ!」と止めにいく始末。王様というより完全に保護者に見えました。
でもって三色スミレを手に入れたパックを蔦のエレベーターに乗せてタイテーニアの所へ向かわせる…んだけれども「ちゃんとシートベルトをするようにな」とか「リフトアーップ」……オーベロン様、この森って科学技術どうなってるんですか。
たまきちがロバになった時も、ロバ耳がずいぶんイレギュラーに、しかも自由にぺこぺこ動くもんだから、たまきちが手に紐でも仕込んでるのかしら…とふと視線をずらしたら後ろでまさおがコントローラーを弄っていて…まさかBluetooth!? いやほんとこの森って実はネイチャーじゃなくハイテクな森なんじゃ…

技術面で言えば、初演とは恐らく違う場面で、ラリーのPCがMacBook Airだったり、映像記憶がディスクになってたりの場面も違うんだろうな…。
それはそうと、遊戯室でラリーとヘレンのパパがビリヤードしながら会話する場面。二階席の真ん中から見下ろしてたからさ…あのスットコなキューさばきがとてもよく…見えたよ…。るうくんがカッコつけながらキュー渡してブレイクショットに挑むものの、へろへろへろ…とブレイクどころかかすってもいないコースに力なく球を撞いただけなのに、カコーンといい音がしてですねw 自分で「あたってないのに音しましたね」と。客席爆笑。次にみやるりはかなり慎重に狙って、とりあえず球を散らすことには成功。るうくんはキューを背中に回して撞こうとするものの、なかなか姿勢が決まらずに客席もうクスクスが止まりません。みやるりの2手目も、指定された立ち位置から撞かないといけないんだろうな…とは思うけれど、全く何もない方向に向かって球を撞いた…のにまたカコーンといい音がw るうくんからも「どこ狙ったのwww」のツッコミが。
いやいや二人共その腕前でなぜ球撞きしながら会話しようと思ったのよwww

それにしても、エコを旗印に地上げ屋のような真似をしてリゾート施設をつくろうとする…ってどっかのベガスで聞いたような話ですが。遊戯室で歌って踊る姿はそれこそベガスのスーパーマンをデジャヴ。

このお芝居、ホントに舞台上に人が多くて、特にコーラスの生徒がいるとほんとに…目が足りない…!!!! 大体るねくんを見て場面が終わってしまうんだけれど、招待客に学年詐欺甚だしいまゆぽんがいたりもするし、後のウッドペッカーズになるワルガキ達もいるし…目玉と情報処理回路あと3セットくらいください…。
ウッドペッカーズといえば、バンドというより完全に歌って踊るアイドルだった訳ですが、お手伝いしてるワルガキ達、スコップ持ってるのも何人かいるものの、フライパンやボウル持ってるのも何人かいて…ゆりやん厨房担当…!? 料理男子! とか思ったことを告白します。ゆりやんが料理男子とかそれだけでメニュー倍額にされても許せる。今回のゆりやん、黒髪とぱっちり目でほんとに(いつも以上に)美男子なんですよほんとに。

ストーリーは(特に後半)すごく駆け足で、年月の経過がものっっすごい速いし、終わってみて「じゃあ何がどうなったの」と言えば…うーん…? 再演ではあるものの20年以上経ってるし、あまり他の作品ではない設定だったり、ストーリーだからそっちの方に意識が行ってたなーという感想です。

CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-

宙組のクライマックスみたいなのを想像してたのですが、物語の一場面を切り取ったのは2場面だけでしたね。

Mr.シンデレラでボロを着た王子のみやるりがかちゃの魔法で紳士になってシンデレラ(くらげちゃん)に会いに行く…んだけど! ここはもう何をさておいても母親役のまゆぽんがですね! 学年詐欺だ…! まゆぽん半端ない…。しっかりプログラム読んでなかったから出てきた時に「あー母親は男役の女装かー貫禄からして(オペラで凝視)………まゆぽん…だよ…な…」
あの場面、シンデレラのほうもわかばちゃんの魔法で「お嬢様」になってただけなんかな…とすると「絶対あのお嬢様を落とすのよ!」って言われてる「お嬢様」は別にいるということなのかしらん。

もう一場面、ドールオペラ。コッペリウス博士(沙央くらま)の自動人形コレクションに混ぜられてしまったちゃぴを助けに行くまさお…この場面、なんかこう…前に似たようなのを見たような…と思っていたら…ダンスロマネスクでもりえさんが今回のこまさんみたいに人にあらざるものを杖で操ってて杖を奪われたら敗れ去ってたわ。……え、あれからもう3年? ウッソー

もう一場面、たまきちが真ん中で、若手を引き連れてアイドル☆やってる場面もデジャヴだったんですがアレなんの演目だっけ…あれもダンロマだったっけ…。

ショーではジョーくんがすごく…好みの髪型であったりお化粧をしていてですね…るねくん見つつジョーくんも見つつ、でも月組のちなつも見納めになってしまうし…オペラ大忙し。
しずくの場面は上から見ていてとても綺麗だったし、今回上から見てて楽しいショーだなー…と。もちろん客席降りの恩恵は被れない…と思っていたら二階席にも客席降りあったよ!! 下級生来てくれたよ!! でも(通路より前だと)後ろ振り返れないよ! 頭の後ろにも目が欲しいよ!!!

今回のエトワールは初のくらげちゃん。初日はまだ緊張してるなー…という印象だったのですが、最後の伸びはさすがだったので緊張解けたらすっごい良くなると思いました。
あと、まさおのご挨拶が…えりたんばりにチャキチャキしていたのも印象的でした。別に前がほわっとしてた訳じゃないけどさ。

それにしてもお芝居でもショーでも、かちゃとみやるりのニコイチっぷりがずいぶん目立つ…というか印象に残った演目でした。KINGDOMのあとだから余計にそう思うのかな…でも気のせいレベルじゃないしなぁ…。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA