cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

「美少女戦士セーラームーン」プチテトランジェール

この記事はだいたい 96 で読めます

女性オンリーのカンパニーで上演されるセーラームーンミュージカル。宝塚OGも多数出演ということで気にはなっていたものの、去年は東京でしか公演がなく…(´・ω・`)ショボーン
しかし続編たる今回は梅田でも上演される! ということで一も二もなくチケットを抑えて行ってきました。…何も考えずに「ここしか見られへんしなー」と思って取ったら大楽だったっていう…なんか前にもこういうのあったな…道化の瞳か。


しかし何が一番問題ってちびうさ編の私の記憶が既に相ッ当薄れているというあたりでしてね…ええ…でもサフィールの最期だけは覚えてるあたり己の業の深さをry
…それはさておき。

タニさんが全力でタニさんでした。いや、タキシード仮面様って…こんな…キラッキラしてた…っけ…? マントを翻してウインクを全世界に向けて(千秋楽のシアター中継+ニコ生)飛ばしまくるタキシード仮面様…? いや、確かにいけ好かないキザ野郎ではあるけれどあれはうさぎに対してだけであって別に全世界無差別爆撃ではなかったような…? タニさんだからいいのか。そうか。
それにしてもタニさんがマントを翻す度に「アール!」って聞こえてきそうなこの…デジャヴ。よみがえるA/R。
でもってですね。キング・エンディミオンのあのラベンダーお衣装との親和性が半端無くてですね。あんなけ石ゴテゴテついてるお衣装(アムールっぽい?)にまっっっったく違和感がないあたり、(元)宝塚トップスターってすげぇな…ていうかそれを見慣れてる自分にもちょっと愕然としたよね。タニさんがどんな衣装着てても基本なんとも思わないよね…
そんなこんなでタニさん凄いな、って思ったのは実は最後に客席降りして胸の薔薇にキスして客席に投げた(もれなく悲鳴の嵐)ことよりも、他の面々が涙ながらに最後のご挨拶をする中、(噛んだけど)びしっとご挨拶をしたそれでした。…慣れてる…!!

元ジェンヌを先に語っておくけれど、デマンド様の麻尋えりかさん&サフィールの真波そらさん…さん付け…びmy
いや、ビジュアル出た時から真波くんのイケメン度合いやべぇってなってたんですが、いやぁ、普通に男役さんでしたね! しゅんくん改めえりちゃんはちょっとふっくらされたかな、という最初の印象だったのでーすーがー俺様でした。すげぇ俺様でした。うさぎに馬乗りになった時は他所様のお嬢さんになんてことをって思ったことは白状しておきます。…おかしいなヅカのラブシーンではそんなの思ったことなかったのに。娘役さんに狼藉を働くよりもこう…うわわわわってなる(どんなだ
この兄弟、原作とは違った展開になってたんだけど、十分に弟→兄で、弟がヤンデレっぽかったですね。いいぞもっとやry
サフィールはいつの時点かで喪ってしまった兄の姿をドロイドで再現させてたわけで、サフィールが完璧に擬態するドロイドを開発するきっかけであり第一号がデマンドだったりしたらナニソレ萌える(コラ)いやもうこれはあれを見た大きなおねいさんたちがこぞって涎を拭いた展開なのではないかと。
ご挨拶では先に真波くんだったのですが、「サフィール役の真波そら…です」…なんだその一瞬の間は! あんなキリッとしたサフィールの後で若干グダった挨拶とかドロイドちゃんに「サフィール様命!」ってラブコールされてテレたりとかギャップ萌えかよ!(しかしここからほぼ全てのキャストで延々ギャップ萌えが畳み掛けられることになる)
次がえりちゃんだったのですが、サフィールで爆笑しすぎて次が自分の番だというのをスルーしかけてたプリンス…プリンス可愛いです…。しかし言ってる内容が「明日からもううさこに馬乗りになれない…」だったのでこのタラシが…! ってなりました。ええ。この…! 色男…!(顔を覆いつつ
そんな色男なデマンド様だったのですが、ちびうさの久家心ちゃんが挨拶の冒頭で泣いてしまった時にポケットから真っ白なハンカチを取り出すという超☆王子様っぷりを発揮。…いや、なんですのこのプリンス…!(これが自宅の居間ならクッション殴りながら床を転げまわってた)


ハンカチではなくティッシュだったそうで。…それにしても王子っぷりは変わらないですよ…。
そんな兄弟がアンコールのムーンライト伝説でセーラー戦士達が客席に降りた後で舞台上で肩を組むもんだから<○><○> 兄弟兄弟!(おちつけ)

せっかくなのでブラックムーン一味を先に書いておく。

ルベウス(立道梨緒奈)…えっと…ほんとに女性…ですか…? っていうくらいかっこよかったです。…この褒め言葉はヅカ以外にも有効なんかわからんけどもヅカファン的には褒め言葉として使ってます「女性とは思えない」。
しかし最後の「がんばるべうす」がすごく頭にこびりついて他のご挨拶覚えてないっていう。とんだトラップが最後に待ち受けていたよ…!

エスメロード(広村美つ美)ボディコンおねーさま。まこちゃんに「おばさん」呼ばわりされる場面がなかったのが残念なような…おばさんって年でもないから(中の人が)無い方がよかったのか。しかし今の時代になると「ジュリ扇」がもう時代の遺物状態だなぁ…とか。あんまりエスメロード→デマンド様な感じがなかったな。と。

んで、ここからセーラー戦士を。

うさぎ(大久保聡美)…すっごい「うさぎ」でした。紛れも無い、うさぎ。声音といい、動きといい…すごく…研究してるな…という印象。セーラームーンという役を演じるって多分きっと「難しい」なんてもんじゃないんだろうけど、すごくうさぎでした。
デマンド様に攫われて、白いドレス姿で階段を登る時、どうしてもヅカの娘役を見てると裾の持ち方とか、脚、見えてる…! って思ってしまうのだけれど、考えてみればうさぎはそんなロングドレスなんて着慣れてない(少なくとも「うさぎ」は)からそれでいいのか。
ていうかあの早替えSUGEEEEEもっと拍手入れてもいいんじゃないかと思ったんですよ。早替えなくても真打ち登場! な訳で(ヅカ脳)

亜美ちゃん(小山百代)ひときわ小柄で、隣が大体まこちゃんなもんだからすごく…小ささが目立つ…!
彼女は前作からのキャスト変更だったそうで、最後の挨拶で「メインキャストが変更になるというのは(自分もファンとして見てきたから)とても心配なことだと思う」と吐露(横で聞いてたうさぎ号泣)。でも、ずっとファンとしてセラミュを見てきただけあって、言われないと解らないレベルでした。マジで。

レイちゃん(七木奏音)すんごい可愛かった。どっちかって言えばアニメ版な感じでブリブリしたレイちゃんでした。なのにご挨拶で超絶日本語不自由っぷりを発揮したおそらく今回の私的ギャップ萌えナンバーワン。…去年の千秋楽でもこんな感じだったんだろうか。どれくらい日本語不自由だったかってジェスチャーに頼りまくってタニさんから語彙の訂正が入るくらい。反対側で亜美ちゃんまこちゃんが爆笑してたですよ。

まこちゃん(高橋ユウ)今回のお目当てユウちゃん。かっこかわいかった! ていうかだいたいかっこよかった! 何が凄いってヒールなし(制服だとほぼぺたんこだし変身してもショートブーツ)なのにきっとおそらく誰よりも背が高いっていう…ええ…元ジェンヌよりも…ルベウスよりも…まぁ身長173cmはタニさんの169cmよりも大きいんですがそれにしたってタニさんは足元ちゃんとヒール履いてたように…見えたんだけど…な…そんな訳で、マジでまこちゃんサイズ。
そんな大きい(いい意味で)まこちゃんが偽物との戦いではガチのプロレス(キャットファイトなんてもんじゃなかった)で、「乙女ナメんなよ」ってメンチ切るもんだから…ヤダ、ちょうかっこいい。なぜあそこで黄色い悲鳴が上がらないのか(そういう場面ではありません)(そういう作品でもありません)。
先に見た人が「まこちゃんよかった!」と言ってたのもわかる。まこちゃんすげーよかった。

美奈子ちゃん(坂田しおり)。今回大活躍の美奈子ちゃん。偽物との戦いで「可愛い子は一人でいいのよ!」って言ってた「自分が可愛いことをとてもいい意味で自覚している女の子」でした。嫌味じゃないもん。美奈子ちゃんの「私可愛い」って。むしろそんな美奈子ちゃんがうさぎが遅刻したバンドのステージでセンターボーカルをレイちゃんに譲ったのが逆にびっくりだ。…いや、裏でキャットファイトがあったのかもしれんけど。

でもってプルート(石井美絵子)! プルートがさぁ! すんごいよかったんですよ!
プルートがうさぎ(を通して見たネオ・クイーン・セレニティ)に向かって「アナタが憧れでした」と言い、タキシード仮面(を通してみたキング・エンディミオン)に人並み以上の情を向けてたのが…原作もそうだったっけな…このへんあんまり覚えてないんだけど、プルートの人間味の部分と、でもそれを押し殺す責任感の強さが圧縮されてて、私はこのプルート→タキシード仮面(キング・エンディミオン)は敬愛以上思慕未満(にしようとしてた)設定ありだと思うんだよね…
ていうか最後の一言ご挨拶で、舞台とかミュージカルとか初めてで…と…いやいやご冗談をーHAHAHA…マジで? こういう言い方は上から目線に見えるかもだけど…「すごく歌えてた」し、てっきり経験者だと思って見ていたのですよ…普通にタニさんとデュエットしてたやん…してたやん…滅びる間際のスモールレディ、と歌いかけるあれとかすごい上手かったんですよ。

ちびうさ(久家心)はすごいやんちゃで可愛くて、でもノリツッコミまで出来る芸達者で。ブラックムーンは体だけ成長したけど中身はまだ「ちびうさ」で。

いやーたのしかった。別に午前中に見たSANCTUARYが面白くなかったとかそういうんじゃないけど、最近ヅカでもぱーっと明るい話があんまりなくてさ。ベルばらとかベルばらとかベルばらとか。ダブルとか無理っす…みたいな気持ち疲れるのが多かったからさ…。

しかしひとつだけ不満があるとすればそれはセーラー戦士のお衣装ですよ。スカートですよ。何故あんなに軽いの…そして中があれなの(どこ見てんだ)。AKBみたいにあんなけ踊り動いてもあの丈あの位置でびくともしない(中が見えない)材質や縫製があるんだから、そういうのだと…よかったのになぁ…(´・ω・`) ちょっとあまりにもアンダーが…スパッツというかなんというか(´・ω・`)

にほんブログ村 演劇ブログへ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA