cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

花組『オーシャンズ11(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 755 で読めます

キキべー新公を見て来ました。新公らしさは残るものの、全体的にとても安定した新公だったと思います。

キキちゃん(芹香斗亜)は最初の銀橋で噛んだものの、段々落ち着いてきてからは危なげもなく、立派な新公であったと思います。…まぁ初回でもないしね。挨拶がなんか訥々として抑揚がなかったのは…緊張の糸がぷっつりいったからだったのか。

以降、目についた人だけですが走り書きです。

べーちゃん(桜咲彩花)もバウヒロインをしただけあって最初から最後まで安定した上手いテスでした。歌も上手かったし。…最近見た新公のヒロインはみんな歌える子だなぁ…という印象。
声がはっきりしていてとても聞き取りやすいのも良かったです。…ていうかめちゃくちゃ可愛かったし!! ラストシーン、舞台衣装姿の時に裾を踏んでてひやっとしたけどほんとにそれくらい。…蘭ちゃんって背、高かったんや…と思った瞬間。

可愛かったといえば、イエン(本役:華形ひかる)をやったマキシム(真輝いづみ)がヨーヨー片手に銀橋に出てきた(歌は短縮されてました)時の可愛さといったらね! 本公演でボディーガードの動き(と顔芸)激しい方で存分にアピールした所でのこの新公イエン。
バシャーにダニーと引き合わされる場面では片手側転で客席のどよめきを誘い(この時点で拍手)、身体能力の高さを発揮していました。聞くところによれば器械体操の経験があるとか。…流石やー…。

ラスティー(本役:北翔海莉)のまいてぃ(水美舞斗)が今回ずば抜けて上手くて上手くて! いや、全体通してみんな上手いんだけど、その中でも群を抜いて上手かったんですよまいてぃ。途中からほんとにまいてぃカッコいい(人´∀`).☆.。.:*・゚でした。
OP群舞も華があるし、リビングストンを勧誘しにいくFBIでは警官(新公では婦人警官2名)に色仕掛けを仕掛けてみたり、JUMP!の歌でもしっかり聞かせてくるし、肝心の(違)ジョンソン先生の部分では本公演でみちこさんがハードルをガンガン上げている中…ハゲヅラ+関西弁+若干耳遠い、のコンボをやってのけた舞台度胸に拍手を。
歌ってよし、演じてよし、踊ってよし…三拍子揃ってて今回一番輝いていたのはまいてぃかもしれない…。

ベネディクト(本役:望海風斗)をやった柚香光くん、決して下手ではないし(ていうか普通に上手い)んだけど、ベネディクトっていう役の難しさ(メイクも芝居も歌も)が際立ったなぁ…という印象でした。だいもんすごいと再認識。
柚香くんはダンスで魅せてくれる場面が好きなのですが、新公なので蛇の場面がなかったのが…残念。
だいもんよりも精神的に不安定で、キレた感じのベネディクトでした。幼さという意味ではなく、最初から(家庭崩壊した幼少期から)少し狂ったまま成長した感じというか。

バシャー(本役:春風弥里)をやったがりんくん(大河凛)、本公演につづいて歌のある役で、オールバック+シケで本公演に続いて…本役さんよりも色黒メイクでした。新公なので人数の都合上、星の時と同様に「チャイナタウンのストリートマジシャン」でした。リングで球体を作るのは上手くいかなかったのかなぁ…残念。
似非フランス紳士で出てきた時には年齢を重ねたグレー鬘+ヒゲでした。
銀橋でエレベーターを使わずに金庫に行く過程の歌(なんて説明的な言い方)も歌っていたのだけれど、普通に上手かったです。本公演や、全ツでのロケットやら、場面場面で歌を任せられる人になったんだなぁ…という印象。

ソール(本役:悠真倫)のタソ(天真みちる)、演目が決まった時から「きっと新公ソールはタソやろなぁ」と思っていて、実際そのとおりだったタソ。…上手いのなんてみんなもう分かってるじゃない…。いい意味で面白みのない配役だった訳ですが、とても安定感がありました。(やる前から)知ってた。アドリブにしてもやりすぎることなく、演技指導の場面のみ「イテッ(頬を抑えて)どうやったらチップとチョップを聞き間違えるんだ!」でした。ロシア人の時に星新公でまいける(大輝真琴)がしゃししゅしぇしょ、でやったのとは裏腹に一切何もなかったです。…ちょっと拍子抜け(期待しすぎ)。搬送される時にはなんかやってたけども。
最後に「(ペン)あるぞー」と出した時には周りから一斉に(でもヒソヒソ)「おじいちゃんだから…」とか言われてました。
タソといえば本公演のブルーザー、ツーブロックトサカ頭をまさかの地毛でやって…舞台人としての本気に恐れ入るとともに、いや、女性…男役とはいえ、女性としてそれは…! という思いもありつつ、ほんとにタソは大事にせんとあかんで偉い人…。

フランク(本役:瀬戸かずや)のぼーい(和海しょう)は、歌も芝居も過不足なく、不可なく、安定した感じでした。…だからこそ目が足りないこの公演ではあまり印象に残らなかった…。

リビングストン(本役:鳳真由)の舞月なぎさくん。歌い出しから椅子の上に乗ろうとして躓いたのか踏み外したのか…あの場面はすごいひやっとしました。今回の新公No.1客席ドキッと賞は舞月くんです。
本役のまよちゃんよりも控えめな頭でしたが、メガネは健在。あと、まよちゃんよりもヘタレ度合いは低かったような。

モロイの双子(本役:水美舞斗・柚香光)の蘭舞ゆうくんと矢吹世奈くん。蘭舞くんはまだ声が高いなぁ…と思っていたのですが、ガラス装置からダニーが脱出した後の大捕り物(新公でも客席使って走り回ってました)で、客席通路に後方から走ってきた所で、周囲のお客さんに人差し指口元に当てて「しー」ってやるだけの余裕がありました。…度胸あるねぇ…

ライナス(本役:芹香斗亜)、本公演だと歌ってないコーラス部分も新公では本人が歌うのはデフォなのか…!?
ヘタレ度合いはほとんどなかったなぁ…という印象。芝居も歌も落ち着いてるんだけど、表情が動かないのが…まだそこまでは余裕ないのかな。東京に向けて頑張れー。
賭博協会のアレはキノコ頭で、出てきた時から野菜ではなくキノコか! と思わせた所からのしいたけぶなしめじなめこ…でした。…確かなめこ。

ダイアナ(本役:桜一花)のゆきちゃん(仙名彩世)、そもそもダイアナ自体がファントムのカルロッタと似ている(姑キャラという意味で)キャラクターで、それをカルロッタを演じた一花がやってることでどうしてもカルロッタと似ているという印象を客席も持っているし、新公でもまたゆきちゃんが演じるということで…ますますダイアナ≒カルロッタという印象が強くなってしまったので…上手い、知ってた。みたいな感じになってしまったのが…見ている側としても申し訳ない。それでもファントム新公でのアドリブ織り交ぜた仙名無双ではなく、アドリブもほとんどない、無難(悪い意味ではなく)なダイアナでした。…まぁアドリブ担当じゃないしね、ダイアナ。

チャーリー(本役:彩城レア)の日高。ヘタレ不動産屋。日高は…踊ってナンボだと…ほんとに。OPでさおたさんの位置(だと思う)に入って踊ってる時はそらカッコ良かったがな。
エル・チョクロでブルーザーが暴れだした時に椅子にまだ座ったまま腕くんで溜息ついた時の横顔が冷徹そうに見えてすげーよかったです。今回のMy Best 日高はあの場面。

テーラー(本役:月央和沙)の航琉ひびきくん。顔と名前が一致したのは実は今回が初なんだけど、顔だけはとても見覚えがあるのはどうしたことだろう…。手堅い存在感でした。

ポーラ(本役:花野じゅりあ)のガガ様(華雅りりか)は正直普通に「ポーラとまいてぃのカップル可愛い可愛い」で終わってしまった……いや…ほんとに…まいてぃとのカップルが普通に可愛かったんだ…ふたりとも(ぇ

リカルド(本役:高翔みず希)の神房佳希くん。今までにもヒゲとか「大人」の男性役が多かったのだけれど、今回も安定した「おじさん(おじいさん)」でした。さおたさん役といえば、復活での執事役がとてもしっくりきていたのを思い出します。

ボディーガードのボブ(本役:真輝いずみ)をやった桜舞しおんくん、本役さんの大げさな動き(と顔芸)担当をそのまま受け継いだのか、顔芸担当でした。新公では警備員室に警備員がいないので、本公演と同じような場所に立ってPC叩いたり…。
オフィスでウッズ夫を後ろから羽交い締めにする場面は本公演のらいらい+マキシムに比べて相手がびっく(羽立光来)なので…身長差もあいまってなかなか苦しい感じ。

3ジュエルズは流石に歌ウマ枠の役だけあって、歌は本公演に勝るとも劣らない感じでした。ただ…黒塗りって…難しいよね…と思ったのも事実。私が黒塗りをそんなに見慣れてないのもあるけど…なんかこう…違和感が仕事しすぎてた。

本公演も星とは違うように、新公も星とは違った雰囲気で楽しかったです。
いやーそれにしてもまいてぃがぐんぐん伸びててびっくりです。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA