cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

花組『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』宝塚大劇場(初日)

この記事はだいたい 76 で読めます

みりかの初日を見てきました。
他の演目を遠回しにdisる言い方なのは承知だけど、やっぱり言いたい。

お芝居もショーもどっちもいい!

正直今回の組み合わせは宙組の時の苦い記憶があったのですが、いや、よかったですよとても。特にショーは凄く好きです。ここまで好きだと言い切れるショーは久しぶりかも。

カリスタの海に抱かれて

凄く可愛いみりかのでした。なんだろう、かゆくなるくらいの可愛さ。

かのちゃんははすっぱとか、単なる「俺女」ではなくてよかったです。みりおの前でだけドレスを着る、とか、女は綺麗なドレスが好き、とか、良くも悪くも裏表がないまっすぐな育ち方をしたんだなぁ…って。
美穂さんが「生きることは諦めること」と【大人】の立場に立つ一方で、かのちゃんは「諦めない」と…みりおもそうなんだけど、超前向きなピーターパン症候群みたいな二人。
前を向いている若者(みりかのだけじゃなくキキちゃんも)に対して、過去にとらわれてる美穂さんが最後の場面で見送りに立ったことで、美穂さんも一歩前へ歩き出したのかな、とか。

それにしてもキキちゃんはどのタイミングでみりおへの嫉妬を浄化したんだろう。狙撃手を選んだ時にはもうみりおを助けることを決めてたんだろうけど、決断したタイミングが見えなかった。ひょっとして、かのちゃんに「あの人は私よりもロベルトのほうが大事なのよ!」って言われた時からわかってたのかな。あの時は一瞬の激情で憎しみを募らせたけど、冷静になったらやっぱり親友だし…みたいな。

どちらかといえば進歩派なキキちゃんと他の若手構成員に対して、功名心のあるあきら(ヒゲ)そんなあきらを「馬鹿なんだから」の一言で包み込んでしまえるじゅりあ。いやほんとにこの大人の二人がよかったんですよ。
それにしたって「勲章がほしい」というあきらだけど、隣の美女は何個の勲章に値すると思ってんだ(゚Д゚)ゴルァ!! って思いましたよね。

みりおの部下のちなつ。たそが旧体制側の人間なのに対して、ちなつはみりおに入れ込んでいて、何でカリスタで出会ったのにそんなみりおに心酔してるのか分からなかったんだけどまぁそんなのは些細なことか。スターだから、で。
みりおも生まれながらの貴族ではないし、ふみかさんは貴族だけど高貴さはないしで、場面で一番高貴だったのはちなつでした。階級は高くないけど高貴。出番はそんなに多くはなかったけれど、実は結構良い役だったんじゃないかちなつ。
たそは最初に出てきたときからあまりの存在感とヒゲの安定感とで誰かと思ったんですよ。たそ、上手すぎ。たその力量に割り振られる役柄がやっと追いついてきた(普通逆だよ)みたいな。

かれーちゃんのナポレオンはかなりアレなナポレオンでしたね。育ちの悪さ(貴族でない)を露呈するかのような下世話な話ぶりとか、下手な笑い声とか。
かれーちゃんをdisるつもりはないんだけど、どうしたってかれーちゃんにはまだ貫禄がない訳で、そんなかれーちゃんには「まだふさわしく無い」笑い方(あの笑い方で、堂に入るのは専科さんくらい)や振る舞いが、まだ砲兵隊長のナポレオンが「大物っぽく振る舞おうとしている」のと繋がって、なるほどこれもありかと。あのナポレオンは後に皇帝になったときに、若かりし砲兵隊長時代に背伸びしてやってたあれこれを思い出して頭抱えるに違いない。
そう、この砲兵隊長ナポレオンは後の皇帝ナポレオンの黒歴史なのだと思ったら私の中ですとんと落ちたというか。

それにしてもこういう形で「ナポレオン」を話の中にがっつり固めてくるとは思わなかったです。別場面ばかりになるのかと思ったらちゃんと他の人と同じ時間と空間にいたし。

なんか他にも言いたいこととかたくさんあったんだけどもショーがとんでもなく楽しくてお芝居の終盤ものすごく急展開でまとめたこととか「急展開wwでも嫌いじゃないwww」で脳内インプットが終わってしまった…

宝塚幻想曲

緞帳あいて、ものすごくキラキラした FANTASIA の文字で早々にテンションが上がり、オープニングから普段ならシンバルが担う所が和太鼓という所に更にテンション上がり。いや、ほんとにこのショー、和太鼓でテンション半端なく上がりましたね。

ふぁーんたーじあー(どどどどどんどんどん)

っていうのがほんとに耳に残る。メインテーマが耳に残りやすいのはほんとにいいことだと思います。

それにしても明日海りお、芹香斗亜、柚香光…一気に若返った花組は確かにとてもフレッシュなのですが、なんかこう…スパイスが欲しくなるのは贅沢というものですかね。

あきらとちなつとまいてぃの旅人の場面。旅人、っていう単語とあのキラキラしたお衣装とのミスマッチ感はあったけど、ミスフル(だっけ?)の時のマーメイドみたいな? あんな感じ? きらりがあきらと踊ってて、お芝居のじゅりああきらといい、ほんとに今の花組には希少な「どっしりした大人の男」だなぁあきら。
それにしてもこの並びになったときにちなつがあきらよりも大きくてですね。役柄もあって一人金髪なもんだから他の場面でも大いに目立ちますねちなつ。そして足が長い…!!!

で、次の場面でとんでもないゴールドぎらぎらのお衣装で出てくるみりお。ここは周りの男役(紫スーツ)もとんでもなく格好良くてですね。目が足りない。らいらいとちなつの並びに色気を見て、ふと横をみたらさおたさんと神房佳希くんが並んでてこちらはノーブルで。

そんなみりおに「格好いいなー」と感想を漏らして出てくるキキちゃんのバスケの場面。
城妃美伶ちゃんに手酷く振られてショックを受けるキキちゃん、絵面といいSEといい、完全にアニメでした。
そこに現れる勝利の女神。…お衣装…うん…カラーリング…うん…なんですのそのレインボー…
今回のショーは至る所で聞き覚えのあるメロディーが使われていたんだけど、ここはサカオタにはお馴染み過ぎる凱旋行進曲そしてWE ARE THE CHAMP。場面はバスケなのに私の脳内は代表戦からのJリーグっていう。
ライバルのかれーちゃんと対決してなんかよく分からないけど婆娑羅状態(補足:戦国BASARAの特殊状態)みたいになってダンク決めたのにやっぱり振られて…
この場面、私には突っ込みたい所が多すぎましたね。面白かったけど。

歌劇かなんかで読んでたみりおの花魁ですが、確かに綺麗でした。…うん、でも 知ってた。
えりたんやかなめさんのように、足をガッツリ出すわけでもないので「わーお綺麗ですねー想像通りですねー」だったというか。
それよりもこの場面で歌っているのがらいらいときらりなものだから、そっちにね…視線がね…88(´Д⊂ヽ
ここの娘役さんのお衣装がほんとに可愛らしくて。今回のショーはお衣装も素敵だなぁ…

かれーちゃんが黒い衣装で銀橋出てきてからの場面、ここは正直うしろのマキシムとるなくんが身体能力ハンパなくてですね。どんな筋肉の使い方と身体バランスだよ! と。

ツッコミ所? というかみりおが座して智拳印結んでせり上がって来たときはまさかの花バサ再びかと思いましたよね。謙信様。
和太鼓といい、いくつかのジャパネスクな場面といい、このまま台湾行くからなんですかね。でもなんだかんだ言って、私この場面も好きですよ。

フィナーレの黒燕尾、大階段を使って次々に娘役も混じって大勢が入れ替わり立ち替わり…いやぁ…いいなぁ宝塚(浄化されたかのような感想)。
それにしても最近、黒燕尾の場面の初めにトップさんが大階段の真ん中に座ってるパターン多くないですかね。

デュエダンの曲が「花は咲く」で、歌詞はなかったけど、ここでこの曲を聴くのは1年ぶり二度目(月の花詩集、新公のみの場面ではーちゃんとまゆぽんが歌って以来)か。

さおたさんのご挨拶、時々言葉が飛びながらでしたが、「手を取り合って歩き出した二人」というみりかのを称した言葉がどう聞いても仲人挨拶でした。
みりおのご挨拶を実は初めて聞いたんだけど(明日海りおの花組初日を見るのは今日が初めて)、すごく…迷走していました…月の時にバウ初日とか見てた時はそんなに思わなかったんだけども。
そんなみりお、3回目のカテコで組替えでやってきたかのちゃん、城妃美伶ちゃん、ちなつを「一歩前へ」と前に出し、「私も花組に来たときに受けた洗礼を」とあの花組ポーズを。今回は掛け声ありでしたが、さすがに決めてきたのはちなつだけでしたね。娘役さんはパレードのあの冠つけてシャンシャンも持ったままでは(かのちゃんは羽根も背負ってるし)難しかろう…

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA