cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

花組『愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 445 で読めます

本公演1回しか見てない状態で新公を見てきました。…正直、普段は本公演1回でもいいから見てから新公で十分かなーと思っていたのだけれど、今回は舞台上に人数も多いし、すごく…見る所が多すぎて…もう1回くらい見てからにすればよかったな、というのが実感としてあります。
みーちゃんが足で冊子を蹴り落とす場面だとか(まいてぃもやってました)、セリの斬新な使い方(新公でももちろんやってました)とか、初日にざっくり見ただけでは気づかなかったところが多すぎて。

それはさておき、ひらめちゃんの歌声がほんっとに綺麗でなんて耳に優しい歌声なんだ…(誰かと比較するとかではなく) ただ、お化粧もうちょっと…なんだろうな…お芝居の間は特に気にならなかったというかB席だったしそこまでオペラでガン見せんでもええかなって思ってしてなかったんだけど、ラインナップで見たら…なんか…もうちょい…頑張って! ってなりました。まぁ新公だから。
キキちゃんも紳士的で真ん中似合うなぁーって。ひらめちゃんとの歌も相性がいいのかすごく聞き取りやすかったです。
柚香くんはもうなんていうか…スタアさんだなとしか言い様がないですね。ちょっと後半、お芝居に熱が入るあまりか音程が迷子気味であったように思うのですが、なんせ堂々たる芝居っぷりでもう音程とか別にどうでもいいですよね(いや、そこまでよくはないけど)っていう雰囲気でした。いや、だって声もものっすごいしっかり出てるし音なんて後からなんとでもなるよ。きっと。

で、みーちゃんの役をやってたまいてぃがですね…見事にブラックでした。お化粧的な意味でも。前髪一筋シケ出して、あのにこやかなマイティスマイルを完全封印してのモランさんでした。いやーよかった。それにしても娼婦の足を抱え上げてスカートたくし上げてる場面で、ものっすごいスカートまくりあげててあれひょっとして布越しでなく足触ってんじゃn(ry とか思って「まいてぃやるぅ!」ってなりました。
でも個人的にはまいてぃにはにこやかな爽やかな役をもっともっとやってほしい。オーシャンズ新公はまいてぃにすっごい合ってた。逆に柚香くんには影があるというか、…それこそみりお様のような「下克上する側」「虐げられた(過去形)側」が似合うなぁと。…まぁこの先、バウやら新公やら(もちろん本公演でも)いろいろな役をやっていく上で新しい特性が芽生えたりするんだろうけれど。…ていうか芽生えて欲しいんだけど。

だいもんの役をやってたがりんちゃん、冒頭はなんかこう…軽いかな(年を重ねた重厚さに欠けるというか)と思ったのですが、終盤、銀橋で歌い上げた時に「ああやっぱりここが真骨頂だ」と思いました。いやほんとにがりんちゃんを初めて個別認識したのが愛プレ新公っていう遅さであったのですが、それから数年で…やっぱり「おおきく」なったなぁ…って。すっかりがりんちゃんも歌手枠ですな。
それにしてもしれっとアリーヌえみちゃんを結婚前に孕ませてるのはがりんちゃんがやっても「さわやかな顔してやることやってるな」感が半端ないです。

じゅりあの役をやったべーちゃんはじゅりあが「気品あふれる文句無しの貴婦人」だったのに対して「可愛らしい部分を残したチャーミングな貴婦人」でした。これはもう個々人のタイプだから出てくる差異かな、と。べーちゃん可愛い(超今更)。

で、ユディットですよ。きほちゃん。ショーで歌の場面貰ってるから歌が上手いのはもう見る前から分かってる(承知の上)な訳で。それでいてお芝居では盲目的にカルロに尽くす姿が単純な愛情ではなくて、依存というか、精神的に健全な状態にないように見えました。もうあなたしか見えない、あなたさえいればいい、みたいな。
それにしても鳥嫌いで有名なみりお様に鳥(しかも血まみれ)とか差し出したらそりゃキレるだろうな…と今更本公演を思い起こしてみたり。

ゆきちゃんとラブラブだった、今回が最後の公演になった蘭舞くん。お化粧も似合ってたし、何より姉さん女房とのラブラブっぷりが本公演と同じくらい可愛かったです。ゆきちゃんは流石に欠点200個あげつらわなかったけれど、そのかわりのイチャラブっぷりがすげー可愛かったです。
たそゆきの夫婦店主はびっぐとガガ様。何よりびっぐの歌声が安定感しかなくて…サンテグのラストシーンといい、歌う役が多く回ってくるようになりましたねぇ…。
あと、イデア・ド・レグリエのなっち。歌…上手いんだね…! 完全にノーマークでした。

で、新公に限らないんですが、私の大好きな場面はやっぱり絶望の中にいるマッダレーナがアンドレアの詩(が掲載された冊子)を手にして、光を見出す場面で、アンドレアが銀橋で「詩よ光となれ」と歌うあの場面です。あれ、キキちゃんでも力強く聞こえるし、蘭寿さんならもう言わずもがな力に満ち溢れている訳で(詩人というより根っからのリーダー向きなのでは)、そりゃ光も見えるわなっていう。

ところで、宝塚のDVDがAmazonで取扱開始になる…とか…しかもロミジュリDVDが値引き対象とか((((;゚Д゚)))) 今現在取り扱いナシで(在庫切れ)いったいどれほどのひとがほっとしたことだろう…(お財布的な意味で)

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


1 comment

  1. Pingback: cella : 花組『New Wave-花-』

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA