cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

関ヶ原合戦祭2013に行ってきたよ

この記事はだいたい 014 で読めます

ほぼ毎年行ってる恒例の関ヶ原合戦祭りです。今年の目玉はなんといってもこの方! 徳川宗家18代御当主であらせられる徳川恒孝様のトークショー…と言うには軽い「お話」が聞ける! しかも聞き手はあの小和田先生。…え、行かないとかいう選択肢ないですし。


で、少し時間押しつつお待ちかねのトークショー。小和田先生の振られる話題に対してお応えいただくといった感じで進んでいくのだけれど、いくら宗家の御当主とはいえ、413年前の事をお尋ねしてもそら…わかりませんとしか言われへんのとちゃうやろか…
現代の日本は身分制のない社会ではあるけれど、そういうシステマチックな身分制こそなくなったものの、貴種と言われる方々はまだ歴然とそこにいらっしゃるわけで。普段意識してなくても、ちょっとした言葉の選び方というか、学習院在学中のお話をされた時などにさらっと「華族さま」とか「近衛さま」とかいう言い回しが出てくるところがもうこの…並大抵でないと意識しないと出てこない言い回しだなぁ…と。
あと、いちいち出てくるお名前がビッグネームですよ…奥様お母様お祖母様の出身が細川家とか鍋島家とか島津家とか。
でもって昨日は徳川宗家としては恐らく初めて関ヶ原を歩かれたそうで(413年ぶり!)、その案内解説はもちろん小和田先生。………魂だけでも着いて行きたいなにその超豪華関ヶ原ツアー…!
まあそんなこんなで普段とてもではないけど御目文字つかまつることなどできないお方のお話を聞けたので(たっぷり70分!)満足です。

でもってここからは次の目的である関ヶ原といえばさくらゆきライブ!新曲も発売日だしてどうしても今日、買いたかった!

すわひめ以後のを持ってなかったので新曲含めて3枚購入。…後ろいっぱい並んでるのに3枚ともサインいれていただいて申し訳ない…
一緒に行った人もさくらゆきを気に入ったそうで、その場でCDお買い上げに。……ふふふ、いいでしょ、さくらゆき。

でもってその後はちょっと足を伸ばして岐阜城へ。

あのけぶった向こうに見える高いビルは名古屋駅だよ、と言われ…マジっすか! 濃尾平野ハンパねえ! …普段琵琶湖ばっかり見て生活してると基本的に盆地脳になるよね…隣の県が見えるとか何それ。
ほんとに岐阜城からの眺めは絶景で、確かにここ抑えたら天下取れるわ…てなもんですよ。今みたいに住宅密集してない時代なら、それこそ遠眼鏡の一つもなくても平野を歩く人馬なんて逃げも隠れもできない。そら木下藤吉郎も墨俣に奇策で一夜城とか作るわ。資材とか運んだら一瞬でバレるわ。
こういうのってやっぱり現地に行って見ないとわからんもんやね…

にほんブログ村 その他日記ブログへ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA