cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

雪組『ブラック・ジャック』シアター・ドラマシティ(初日)

この記事はだいたい 620 で読めます

まっつBJ初日を見て来ました!(初日の女A’)
…できることならまっつBJの前に花オーシャンズを見たかったのですがどうしても仕事が休めず…そして3連休も観劇予定が入れられず…また来週、と相成りました。

それはそうとまっつBJですよ。

あのエエ声でBJ先生のあのセリフが聞けるのかしら((o(´∀`)o))ワクワク

『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』 | 雪組 | 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ | 宝塚歌劇 | 公式HP
雪組公演『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』


BJは初日オンリーの観劇予定なのでしっかり見て(聞いて)おかねば…! …楽よりも初日を取ることが多いので(一昨年はそれで全ツ意外ほとんど初日を見た)初日のみ、で終わってしまうことも多いのですが(ニジンスキーとかアリスとかも)悔いのないように! と思って見ていたのでーすーがー…

まぁ視線泥棒ですよね。

コロスのかりさんが目を引くこと並大抵のことではなく…矢張りダンスに定評のあるかりさんだけに照明暗すぎても動きでわかる…よ…
明るい場面ではチンピラと空港係官で、チンピラはもうなんていうか勝手なかりさんのイメージにぴったりのチンピラでしたね! 空港係官はヘタレな感じがこれまた勝手なかりさんのイメージにぴったりでしたね(かりさんのイメージって…)

うっかりかりさんから書いてしまったのだけれど、いやーまっつさんのクールなブラックジャックすごいよかったですよ。クールなブラックジャックのテンポを狂わせるピノコひなちゃんと、まっつによって散々ペースを狂わされる外の方々(特にホタテ)。

医療ドラマの、重苦しい感じはほとんどなく、時折(?)笑いもありつつの肩の凝らない芝居でした。
いや、しかしザッキー無双であった。バイトだらけといえばそうなんだけど、あれ、初めて見た人で、ザッキーを知らなくても、出る場面出る場面であれをやってたら終わる頃には「あのいっぱい出てた人誰?」ってなるよ。

配役出たときに物議を醸した栗きんとんと便利なキッチンの二人ですが、出番は冒頭のみで、りーしゃはともみん(とまなはる)が抜けた後はコロスでした。コロスの真ん中で踊るりーしゃ!!
この冒頭の場面、コーラス…というか、うん、まぁコーラスか。が、英語で入るんだけど、よくよく聞いたら……たいしたこと言ってねぇ…!! ただの雰囲気ですかそうですか…
あちこちで言葉遊びみたいな歌詞が多くて、「悪徳独特不道徳♪」とか噴くかと。しかし歌声は圧巻でした。
OPで一人ちゃきちゃき踊る娘役さんがいるなーと思ったらまぁ案の定あゆみちゃんでしたよね。ありがち。

ともみんとせしるのカップルは仁に引き続いてですが、なんていうかこの組み合わせ、安定感あるわー…
ともみんがまっつに手術を依頼する下りがあんっまりにも核心を隠すので(ナメック星爆発まで2ヶ月引っ張るレベルで)なんやねんどないやねん(もだもだ)そんな隠すほどの理由なんかいな(( ;゚皿゚)ノシΣバンバン!!)ってなった後の説明が…うん、不親切。とりあえず私はともみんの一族はとてもながーーーーーい(お付き合い♪京都銀行)テロメアを持っていて細胞分裂の速度も人より早いのだと勝手に解釈したのだけど…隣の人はDNAってタンパク質じゃないよね? とかいう会話を幕間にしていらしたので多分客席に通じてない予感。引っ張っただけにもうちょいわかりやすい説明があるといいかなぁ…
ともみんの見る夢はとてもグロテスクで、でもそれは内面にあるもので、せしると一度別れた時の「不自然な幸せっぽい空気」の嘘を暴き立てるもので、この展開はすごく…よかった。ただ器の大きいともみん、っていう薄い「いい男」感がこれで消えたというか。
ともみんの周りの人では、メイド頭のるりるりがとてもいい味を出していたと思います。あの一本調子な口調と、謎の構えww

咲ちゃんとあゆみちゃんのカップルも可愛かったなぁ…とくに咲ちゃんが←
最後にこっそりプレゼント置いてく咲ちゃんがかわいくて。
…でもなんであの日が誕生日やと知ってたんかな? 1年前時点です誕生日を匂わすような発言あったかな? 摘出してから○日、みたいな台詞もあったかなぁ…(´ε`;)?

ひなちゃんピノコはほとんど2幕だけなんだけど、一々動きが可愛い。嫌みでない幼女っぷりがとてもよかった。ソファの上で膝を抱えたまま、セットごとはけるときに動きにつられてコロン、って転がったのとか超可愛かった。
そんなひなちゃん(とまっつ)にペース狂わされまくりなホタテ。ホタテがほんっと上手くてさあ!(それこそ今更過ぎる)生真面目すぎてそれで笑いを取る所が本当に上手くてホタテ見たさにチケット増やしたいくらいホタテすごい。
まっつにペース狂わされるといえば、大学同期のまなはる。これもまた憎めない(しかし能力は平凡な)医者で、ブラックジャックが過去エピソードを語る引き金役。

コロスとチンピラの天月くんをうっかり2幕まで捕捉出来なかったのだけど、化粧の雰囲気がずいぶん変わった…? すごいイケメンになってた。元よりスタイルの良さというか小顔っぷりがハンパないのでこれはまた新たなイケメン誕生の予感。
スタイルといえば、咲ちゃんの足の長さたるや…まじまじと見て愕然とするレベルですわ…
そんな咲ちゃんは舞台に独りで歌い出したとき、全ツロックオンでの舞台に比して小さすぎた咲ちゃんを思い出して思わず「大きくなって…!」と思いました。おかんか。

全体通して、ややエピソードを盛り込み過ぎたんじゃないかな? という気もする。
・ブラックジャックの幼少期の大怪我
・ブラックジャックの顔の皮膚をくれた友達
・ともみんの一族の遺伝的病気(?)
・ともみんとせしるとの問題
・咲ちゃんの幼少期のケガ
・咲ちゃんのケガ(2回目)
・ピノコの存在
・大統領暗殺からBG付けられるまで
とくに上二つはさらっと語るにとどめてたけど、特に皮膚移植の部分は是非原作で読んで欲しい、ってことかな…。
しかし結局作中では解決しなかったまっつの症状はどないなったのやら…伏線回収しきれておりませんぞー。
1幕はマサツカ芝居だなー…と思いつつ、終わってみたら楽しかったのはサイトー効果なのかな…なんていうか私自身、サイトー作品と親和性が高いので2幕は普通に楽しかったです。…しかし空港の下りはそんなに必要な場面であったのか。ピノコに「普通でない」を意識させるためだけにしては尺が長かったかなぁ…

今回、フィナーレらしいフィナーレがなく、咲ちゃんが歌ってあゆみちゃんと踊り、後ろに他の男役→ともみんが歌ってせしるが踊り、後ろに他の娘役→まっつとひなちゃん以外で合唱、やったかな?
デュエダンとかは一切なく、みんなお芝居の衣装そのままでしたが、特に気になる訳でもなく…別にこういうのも良いと思いますよ。そりゃ宝塚的なフィナーレも良いですけど、演目次第ではなくてもいいんじゃないかなぁ…。

挨拶では初日にしてカミカミなまっつの今後にそこはかとない不安(と期待)も覚えつつ…
2回目?のカテコで今日、2/9が手塚治虫氏の命日であることにも触れられていました。…日付を確認したまっつが可愛かったです←

…そういえば一番びっくりした場面はまっつを拉致しようとともみんが後ろから襲いかかった挙げ句のしかかって薬剤嗅がせたあたりでした。…なんだろうこの…手の指の隙間から見たい気持ち。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA