cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

雪組『ベルサイユのばら-フェルゼンとアントワネット編-』新人公演

この記事はだいたい 424 で読めます

本公演を2回(+役替り1回)見てからの新公だったので、見たい人、見たい場面はもう絞り込んでいたつもり…でも目移りしてしまうのが新公というもの。…ではなかったです。今回は。本公演から思ってたことだけれども本当に…出番が…限られた人しかなくてだな…。しかも新公版でカットが入るものだから、なんか…軽かったなぁ…という印象。
別に貶める意図は一切ないんだけど、正直、目新しいことは特になかったかな、っていう。咲ちゃんが安定してることなんて今更だし、夢華さんだって新公だのバウヒロだので経験あるし、カリさんの度胸は折り紙つきだしホタテの安定感だってかなとくんの上手さだって今更だし。…まぁ化粧は流石に苦戦してるな…とは思ったけれども。

幕が開いて仮面舞踏会の場面がカットなせいでマリーの歌が…なかった…ほんとに最後まで歌わないヒロイン…か…。
咲ちゃんは開演アナウンスが本当に女の子声でちょっと不安になったけど、歌ったらいつもの咲ちゃんでした。最近ロミジュリ新公を見たから、あれから2年でやっぱり上手くなってるんだなぁ…。
あと、馬車の場面は壮さんの足の長さというか(咲ちゃんも短くないのに)、鞭捌きの巧みさというか…あの場面と壮さんとの親和性パネェ…! と改めて思いましたよ…流石や…。

煌羽オスカルはほんとうに…想像通りのオスカルでした。カリさんまだ普段の芝居から声が高いんだけど、それがいい方向に「男装の女性」であったと思います。…あざとかったけど。あのオスカル絶対処女やけど宮中で女性に囲まれてるから下世話な話も聞いてるで…っていうオスカルでした。チギカルはそういう話よくわかんないです(頭の上素通り)な感じやったんやけれども。
ホタテアンドレはそりゃ上手いよ。キスシーン以外← …今宵一夜のキスシーンはなんていうか…どこに口付けているのですk…。歌も堂々たる歌いっぷりであったのだけれど、惜しむらくは化粧が迷走してた…アンドレって(アンドレに限らずベルばらって)化粧難しいんかな…。難しいんやろな…。

あすジェローデルはサーベル下げた立ち姿に一瞬仮面の男をデジャヴしました。なんかああいう立ち姿してた気がする。国境警備隊の場面なかったから立ち位置よくわからない人…ていうかなんか保護者みたいな雰囲気(´・ω・`)

天月プロヴァンス伯と橘ブイエ将軍の場面、ふたりきりの場面だけど、天月くんは流石に上手いなぁ…と。お貴族似合うよね天月くん。橘くんは専科さんの役だったけど、B席から見ている分にはそんな違和感はなかったです。…というのは前の人の頭でほとんど姿が見えなかったからで…声だけ聞いてる分には。
専科さんの役といえば、国王陛下のあっきょんとメルシー伯をやってた桜路くん。あっきょんはなんかこう…どこかで見たことがある気がするこの感じ…と思ってたけど割りと早くに原因はわかりました。パタリロや。どうしてもあっきょん老けた姿には見えなくてさ…。桜路くんは違和感が仕事してませんでした。上手かった…。上手かったんだけど、本公演でもフェルゼンとメルシー伯との二人場面はすっごく…眠りの国の使者がだな…。

かなとベルナールは普通にイケメンでした。そしてあんりロザリーとはいちゃついてた気がする…。それでも民衆の中心で「どれだけ叫び続ければ」の歌い始める所は少しつらそう…? というか、あそこの音程低すぎませんかなかなかに。王宮で侍従? 貴族? をやってる時も立ち姿イケメンでした。

本公演で幕開きすぐからセンターで歌ってるとわきくん。…アランだったんだけど、あらくれ要素が…なかった…。全体的にお行儀の良い衛兵隊であったと思います。大ちゃんのアルマンをやってた真地くんはあの中にあると本当に…大きいね…。

牢獄の場面は流石にあゆっちすげぇ…と改て思わされた新公でした。夢華さん、確かに芝居も上手いし、声音だとかはほんとうにあゆっちを踏襲してるな…と思ったんだけれども、空気がやっぱりあゆっちは全然違った。同じ芝居を同じテンポで、似た声音でしててもここまで違うのか、って。夢華さんを侮るつもりはないけれど、あの牢獄の空気感はあゆっちの真骨頂だったんだな…と。
メルシー伯爵が跪いてマリーのスカートを握る場面でも、それをやめさせて立ち上がらせるあゆっちはすべてを悟りきったような風情だったし、他の場面でもなんていうのかな…精神面での不可侵さがほんとうにすごかったんだあゆっちマリー。まだ夢華マリーはそこまでじゃなく、気持ちが大きく揺れ動いてたなぁ…と。

あと、新公だから幕が降りてすぐラインナップなのは仕方ないとはいえ、ヒロインであるはずのマリーが断頭台に登る時の単発白髪鬘に囚人のロングスカートっていうのが…うん…(´・ω・`) 歌もカットだしねぇ…。

そんな感じで散文感想でした。…ベルばらっていう難しい新公だったのと、「そつなく上手いよね、(でもそれもう)知ってる」という意味でこう…いいもん見たわぁ…っていう感じには乏しかったです。「元気(だけは)あってよろしい」っていう感想ではこれっぽっちもないんだけれど。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA