cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

雪組『JIN―仁(新人公演)』宝塚大劇場

この記事はだいたい 424 で読めます

 挨拶含め公演予定時間がほぼ2時間っていう長丁場の新公でした。…まるで一本物。とはいえ、全然退屈しない…というとアレだけど、ズッコケ要素がない、普通に上手い(でもこれって凄いことだ)公演でした。…いや、ほんと普通に完成度高かった。ロミジュリの時にも思ったけど、雪組さんって新公レベル高いな…ほんとに高いな…。

 久しぶりの主演の咲ちゃん、最初からぱーんとよく声出てるし歌うまいし…いやもう貫禄ですねほんとに。ロミジュリの時はキラキラオーラに目を奪われてて、そのあとに見た全ツロックオンで1場面真ん中で歌って踊ってしてたときはまだとても声が出てなくて、まだ一人で真ん中は早いんじゃないか…とか思ってたけど今日の新公見たらもうそんなのは過去の事やね。すごい上手かった。

 最後の新公でヒロインのさらさちゃん。…いや、知ってたよ。歌がうまい事は知ってたよ。それにしても最初の出番でいきなり歌うっていう難しい役だったのに…おおう普通にしっかり声出てて上手い…。けど本公演でも思った事なんだがあの前髪は…うん…もうちょっと可愛い前髪にはならんもんかな(´・ω・`)

 なぎしょは龍馬、良い感じの3枚目で、遊郭で足がぶわっと見えた時はちょっとこっちが慌てたけれども。奔放さとかがよく出てたと思う。もちろん序盤でそれを引き立ててたほたてくんの存在も大きいんだけど。あの押し付けがましい「友よ」と歌う銀橋でもすごく咲ちゃんと良いコンビで、灼熱を思い出しました。

 カリさんの恭太郎もすっとしてて、青天がよくお似合いやった。まなはるの勝先生にしても、まなはるのクドい芝居がとてもいい方向に作用してて、ホントに適材適所やと。これ、逆のキャスティングやったらずっこけてたかもしれん…。まだカリさんは声が高いし、まなはるは声が詰まるというか、喉が詰まっているような感じがするけれど、そんなことは学年が解決すること…だと…思う…よ。

 で、ほたてくん。…今回本当に、半端無く上手かったんだほたてくん。あの、難しい佐分利役を本当にものにしていたというか…とにかく存在感が一人半端ない。大体どこの組にも、どのタイミングでも、「新高学年とか嘘やん」っていう芸達者がいるものだと思うんだけど、雪だとほたてくんだわ。なぎしょ龍馬の奔放さを引き立てる苦労人演技といい、ちょっとお調子者な関西人演技といい、鈴屋からの手紙を届けに来た時の演技なんて、あの舞台にたった一人、出てきて手紙見てむふふって笑って袖にはけるだけ(文字にしてしまえばそれだけ)の芝居なのに、一気に客席鷲掴みにしてんの。パネェ。仁友堂のシーンで真ん中でソロ歌ってもものすごいうまいし(ドン・カルロスでまっつの役で沢山歌ってたからうまいのは知ってたけど)、ホントに存在感半端無かった。

 イリヤくんの洪庵先生、歌はうまいし、立ち姿も貫禄…を見せようとしているのは伝わってきました。ただ、いかんせんどうしても顔が幼い。本役さんが専科さんっていう難しさはあると思うけど、もうちょっと老けメイクのがよかったかなぁ…。

 あすくんの高岡は凄い綺麗で冷酷な高岡やった。咲ちゃんとはまた違った冷たさというか怜悧さで。

 野風の夢華さんはさすがの上手さやった…。あと、本公演でもなんだけど、あのウエディングドレスの場面な。日本もの化粧に黒髪でウエディングドレス着るからアンバランスさが…って思うんだけど、でもあの時代で洋服なんて着慣れてない日本人が突然ドレスなんか着たら「着られてる」感満載でちんちくりんなんだからむしろあれくらいアンバランスな方が私は好きです。

 あんりちゃんのお駒はせしるほどはすっぱな感じはしなかったなー

 桜路くんの山田先生もまたいい味出してたなーほたてくんとの掛け合いが凄い面白かった。

 あのルロンさん役の真地くん。今回で顔認識出来た気がする。本役がなんせあのアモーレの国からやってきたような大ちゃんだからどうなることかと思ったけれど、アドリブは「ゲジゲジマユゲ!」とかましてみたり、ナチュラルにキザってみたり…大ちゃんを写していて凄い…。確かに真地くんもヒール効果かるりちゃんやさらちゃんと比べてかなり、大きかったけど、足元で裾が余っているのが見えて…大ちゃんどんなけ足長いん…そして大きいん…。

 天月くん何の役やっけー? と思ったら読売りか!! あの読売りか!!! どーりで歌うまいと思ったよorz 適材適所だなぁ…ほんと。

 橘くんはあの歌舞伎役者か…! そうと意識しては見られてなかったんだけど、町の場面でも女形らしい嫋やかな踊りっぷりやったなぁ…。名乗り上げでもしっかり声出てたし。仮面の男の新公で歌を聞いて可愛いし歌えるやん、と思ったので次はしっかり見たいです…。

 さらさちゃんの挨拶はゆっくりと、一言一言大事にしゃべっている印象を受けました。続いた咲ちゃんは久しぶりだったからなのか、本当に感極まった様子で言葉が出てこない、といった印象でした。そういうところはまだ「可愛い」んだけど、それでも貫禄が出てきてて凄いなぁ…。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA