cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2012 J2 第18節 京都 2:2 山形

この記事はだいたい 229 で読めます

 勝ちたかったナァ(´・ω・`) いや、負けてないんだけど相手が勝ったかのような喜びっぷり(実際勝ちに等しい引き分けだし)だから余計どよーん…

 今日は11000超えの観客(招待券でホームBに人がいっぱい)(京都銀行様のSM大人買い)で、そういうときに梅雨入りして後半雨降り(試合終了と共に降り止む西京極ウェザー)で試合も勝ちきれへん…(´ヘ`;) しかしこれでサンガはJ通算250万人の観客動員を突破したそうで。…300万人はいつの日か。
 京都銀行様といえば、配られた旗な。帰りに打ち捨てられたりでマナーが悪いとかそういう話もありますが、こと、試合前の話だけをすれば選手入場時にSB一面に紫がはためいてるさまは本当にキレイでした。

 で、試合はねー…
 山形は強かったです。どれくらいって、今期二桁シュート打たれたんどんなけぶり? ひょっとして初めて? しかもSH数<被SH数なんて初めてとちゃうか…
 そうでなくても立ち上がり、得点するまではホントに怖かった。ウヨン→ミヤでどんぴしゃ先制点の後はペースつかめてたかに思うけど、先制点以外にも惜しい場面は沢山あったわけで…枠内シュートの数ならサンガのが多かった…んじゃないかなぁ…
 後半になって雨が降り出して、ミヤの追加点は…あれ、見てるこっちもちょっと意外に思ったんやけど、直前のオフサイドになったプレーとほとんど全く同じやん。得点してから看板飛び越えてたミヤにちょっと泣きそうやった。雨やしな! 泣いてもバレへん! しかしミヤにマイクパフォーマンスしてほしかったなぁ…(´・ω・`)
 失点はどっちも終了間際。立ち上がりに得点して終了間際に追いつかれ…なんか2001年の開幕戦を思い出しました。立場も、実際立ってる場所も、得点順番も真逆やけど、スコアも天気も同じやし。
 あつたかは足をひねったんやろか…走ってる途中で突然座り込んだし…
 ゆーやは得点こそないけど(それが一番の問題)シュートは枠内に飛ばしてるし、強烈なん打ってる。ほんとに1点取れたら変わると思うんやけど…
 今日のテソンは正直あかん。タッチライン沿いにパス出そうとして失敗してる場面が前半から多かったのと、裏を取られる場面が多すぎる…攻撃参加の意識はとても感じるんだけど、山形がテソンの裏を狙ってるし、実際破られてる訳だからなぁ…
 負けてないんだけど、負けてないんだけど! 負けたようなどよーんとした疲れがあります帰り道…雨やし余計にな…
 それにしてもミヤは山形キラーやな! 天皇杯のプロ初ハットといい今日の2得点といい…

 11000超えの観客の影響といえば、山形から出店してくれた芋煮がKO1時間前には完売したこととか(おいしい物を持ってきてくれたんやから完売させるんが礼儀やろ!)とか、再入場のチケットがなくてもぎった半券渡されたとか(そして戻ろうとしたら「これは違う」とはねられかけ…ホウレンソウ!! スタッフ大変やろけどホウレンソウ!!


Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA