cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2012 J2 第16節 京都 1:0 北九州

この記事はだいたい 250 で読めます

 遂に 暫 定 首 位 !!! ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

 開幕湘南で負けて以来手が届かなかった首位というものに片手かけた状態! …ここまで15試合をかけて追いすがってきましたよ…。
 いやしかし前半は完全にサンガペースで、あれ、前半立ち上がりからウチのペースじゃね? とか思ってたら後半はすっかり北Qにやりたい放題されて、挙句に博貴がイエロー2枚で退場(今シーズン2回目)してしまってなんかこう…勝点3はゲットしたけども勝った気がしない…テンションあがらん…。
 KBSの録画見てるけども、今日は韓国五輪代表監督…のミョンボさんが来てるそうで。…お久しぶりですねミョンボ兄さん。ウヨンはGWあけてから絶好調やから、サンガとしては正直痛いけどもウヨンには五輪に行ってほしいと思う。

 なんにしても、取れる時にとっておかないと、というのがなぁ…毎度毎度なんだけど。そもそも取れる時に取っておいたら特に失点の少ない今シーズンにおいては負けてない訳で。それにしても今日はゴール前、それもゴールやGKと距離がない位置でぽろっとサンガにボールが溢れる場面が沢山あったように思うのだけれど、前半のサヌといい…ふかすね…いや、仕方ないよ。わかるよ。GKと距離短すぎてしかもQBKだから難しいのはわかるよ。でもそれを決めて欲しいとわがままを言うのがサポという存在なのですよ…! 後半ゴール前で高速クロスに飛び込んだミヤとか、決まってたら超盛り上がったんやけどなぁ…。
 それにしても北Qにサイドをかなりえぐられていたなぁ…という印象です。特に後半。今朝見たトゥーロンのオランダ戦じゃないけど、攻守の切り替えが早い。北Qの場合はサンガがパスを回してシュートを打てないでいる所を奪ってからのサイドの突破、サンガは相手のパスミスからの速攻。…だから結構深い位置でボールを奪って一気にゴール前へ、っていうのが今日のサンガはいつもより多かったと思う。

 それにしてもこの暑さですよ。まだ5月とはいえ、13時KOは暑い。日差しがキツイ。次の富山も、その次の山形までがデーゲームだけど、今日の試合でサヌがばててたように思うのでちょっと懸念材料かなぁ…いや、あんなけ走っててバテへんほうが超人なんやけども。

 ていうかJ’s GOALの監督インタビューでヤス監督が「京都さん」ってすごい敬意っていうか上に見てくれていや正直こんな試合で評価してもらって痛し痒しなんですがそちらのホームではどうぞお手柔らかにお願いしますよ…。

 で、だ。

 今日のゴール裏マイク担当は得点した充孝だった訳ですが。「今日は水谷と松尾の誕生日でービリーにも子どもが生まれてー」………とそんな事を言ったところで言葉が続かなくなり……ノープランかよ! 無言になったままマイクをゆーたに押し付け…ゆーたは何するのかと思えば片手で指揮して「はっぴばーすでー」とマイクを持ったまま歌い出した…のですが(西京極で歌った選手2人目)。…ひどい音痴というかリズム感だな! ジャックナイフドリブルなんかする選手はやはり凡人とはリズム感が違うのですネ!!! まぁ超絶歌いにくかった訳ですよ。
 歌い終わったら水谷は帰ろうとするし(まだオレオレやってへん!)、オレオレの後のバンザイも誰がやるのかgdgdになって結局水谷がやったんだけど2回もフェイント入れてくるしww 何にせよgdgdでした。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA