cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2012 J2 第19節 愛媛 2:1 京都

この記事はだいたい 210 で読めます

 (´・ω・`)
 千葉が勝って首位に立ち、ヴェルディも勝って2位に躍り出た所で負けたサンガと山形が順位落として…気がつけば首位からPO圏外の8位まで勝ち点6差の大混戦。…天国と地獄はスープの醒めないご近所さんやで…ヨモツヒラサカは滑り台かっつーくらいの急勾配やで…

 んで。
 前半はもうほんとに愛媛にやられ放題、サンガのお家芸みたいに言われてるパスサッカーを愛媛にやられてる。どっちが上位かわからん試合や…と言うほどサンガは安定上位ではないわな…
 前半終了間際から後半失点するまではは徐々にペース取り戻して、やりたいサッカーが出来てたように思うんだけども…失点、追加点はホントに迂闊なプレーから…
 それにしてもテソンが危なっかしい。競り合い途中でボール見失うとかほんまこわい。頑張って欲しいんやけど今のテソンは怖すぎる。後半、結局決められたとはいえ体張って2本防いでくれたんやけどね…そこまで何本止めても結局同じ流れで決められてしもたら意味がない。
 ゆーやはまた不発だったけども、サンガのファーストシュートに強烈なん打ってたし。…2本目は枠外したけども。HTで交替になってたけど、ゆーやは得点こそないけど、とてもいい動きをしてると思う。でも得点がない。それが全てとは言わんけど…無得点てのがなぁ…。
 ミヤは今日はオフサイドにかかりまくってたなぁ…愛媛も警戒してるのかラインかなり高い位置でキープしてたし。ミヤもライン見て何度もトライしてるんやけど、かなりの数ひっかけられてた…得点は良かったけどもその後の負傷がとても気になる…。
 気になるといえばウヨンの交替。大事なければいいんだけども。しかし交替は倉貫でなく駒井ではあかんかったんやろか。ゆーたと駒井のスピードではタイプが被るから…?
 水谷じゃなかったらもっと大量失点してたんやろなぁ…っていうシーンが相変わらず多すぎる。水谷が後進に席を明け渡して去る日はまだまだ来ないよ…水谷頑張ってくれ…。
 それにしてもだ、ゆーたが入った時に周りから聞こえる「可愛い」「小学生みたいな」「女の子に人気やった(過去形かよ)」とか聞こえてくる単語が一々こう…ね! …なんでもないです。

 まあ、ずっと勝ち続ける、とか、二桁連勝、とか、そういう物とサンガは相性が悪いというかご縁がないことの方が多いから、結局どこかで負けて足踏みするのはある意味しゃーない。理想と現実。けど目標はその上にあるんだから、次、勝って欲しい。次、ってまだ言ってられる時期と順位(順位の数字には殆ど意味がない勝ち点差どん詰まりだが)だから…次行こう次!

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA