cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2012 J2 第23節 千葉 3:2 京都

この記事はだいたい 159 で読めます


 (´・ω・`)

 最近この顔文字ばかりです。7月になったら勝てるかも。勝ちたいなぁ。ミヤとサヌもスタメンだし…と思っていたけれど現実はこれっぽっちも甘くはなかった。
 そんなこんなでフクアリ初参戦してきました。蘇我駅降りたらそこから千葉カラー…! ペナントも! コンビニも! 駅丸ごと千葉カラー…! もちろんフクアリまでの道のりにもパンくずのようにペナントがはためき歩道にもデコ。マンホールも千葉。……う、うらやましい…! スタジアムもめっちゃきれいー!!
 フクアリといえば喜作のソーセージ、というわけでしっかりタッパー持参で食べさせていただきました。…向こう2週間分くらいのソーセージ一気に食べた気分。

 シュート数はほぼ同じ、得点も1点違い…数字だけを見た時の印象と、実際の試合をみた後の感覚がここまで不一致なのもなかなかないかな…と。
 前半のスコアレスは決して悪くはなかった。ミヤが物凄い一生懸命やった。これはいつものことやけど。逆にミヤは少し力を抜いてはどうかと思うくらいいつも一生懸命すぎる…
 サヌはまだ本調子ではないのかなぁ…走りきれてない感じ。
 前半は何をおいても福ちゃんが良かった!! ホントに福ちゃんが良かった!!
 水谷の1本止めたファインプレーとか、盛り上がったんやけどなぁ…
 失点シーンは向こうサイドやったから…うん…(´・ω・`)
 3:0になってないわー…と思ったけど、そこから2点採れたのが良かったのか…少なくとも悪くはない。決して悪くはないんだけど、今のサンガのサッカーは、千葉やヴェルディみたいに大量得点を狙えるような(あるいはそもそも狙うような)サッカーではないわけで。それは技量とか力量だけの話ではなくスタイルとしてもそういうサッカーではないように思うわけで。じゃあどうやって勝つのかといえば得点数より失点数を低く抑えなきゃいけないわけで。…でもそれが出来てない。
 安ちゃんのちょっとすらしたようなヘディングシュートといい、あつたかの気迫のゴールといい、きれいでなくてもいい。どんな形でもゴールはゴール。もっと打っていって欲しい。
 それにしてもこの3:0から後半終了間際に2点返す…っていう試合、千葉に10年くらい前に西京極でやられたような記憶が…途中出題の林にボコボコキメられた…最終節くらい。ピーコさんのラストゲームかな?

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA