cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2013 J2 第15節 長崎 0:1 京都

この記事はだいたい 211 で読めます


中学の修学旅行ぶりの長崎、で、初J開催のかきどまりへ。
…かきどまりといえば去年、濃霧で試合が中止になったという…今日も言ってみたら山には霧が薄っすら…いや、どよーんとしてたのですが。試合直前になって吹いた風に乗って…みるみるうちに向こう側ゴールが見えなく…

大丈夫なのか!?

それはそうと腹ごしらえしてたら目の前にヴィヴィくんが!!



ヴィヴィくんマジ可愛いし。
(頭取らないんで)抱きついていいですかね、と思いっきりハグしてきましたヴィヴィくんマジ可愛い。

試合結果はまぁ数字の通りで、勝ち点3は手にいれました。
しかし勝っただけといえば勝っただけの試合であった…。…いや、勝ててほんっとによかった。
福ちゃんのゴール(後でOGに訂正)はあれ? 入った? 認められた…!? わーい(遅)
…しかしあれだけであった…
直後にバー直撃のシュートを浴びてから長崎のセットプレーが続いて…後半もそんな展開ががが。いやもうほんっとにバキ様様! 長崎にしてみたらほんとに事故みたいな一点に泣いたわけで。
…あれ? こんな試合最近サンガもやらかしたような?
ある意味、サンガらしくない勝ち方だったというか。…サンガらしい負け方をするよりずっといいんだけどさ。

勝てたからこそ、大勢でお越しの「30」の皆様に今日は帯同してなかった中村ユウヤのチャントも歌えたわけで。次は西京極にお越しくださりませー。

そういや試合前にチャントしてたから反応できんかったけど、アウェイゴール裏の前を通ってバックに行ったヴィヴィくん、サンガのゴール裏にも手を降り頭を下げ、立ち止まってしっかり頭を下げ…なんという腰の低いマスコットか!
ヴィヴィくんマジ可愛い(何度も言う)。

で、試合が終わってから今夜の宿である雲仙に向かった…のですが。
濃霧のため速度規制、てのはみてたよ。見てたけどさ。

これはあかん…
通行止めにするレベル。時々1車線しかない峠道でこれ。ただでさえヘアピンカーブの続く峠道でこれ。

半端なく怖かったよ!!!

ホテルの近くまで来ても看板見えないし地図のどこにいるのか…これはマジで遭難できる濃霧…!
夜の地獄ツアーも中止になったので貸切状態の露天風呂でぼへーっとしてきました。

ぼへー…明日も朝風呂しにいこ。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


2 comments

  1. Pingback: cella : 長崎遠征雑記(1)

  2. Pingback: cella : 長崎遠征雑記(1)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA