cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2013 J2 第40節 京都 0:2 G大阪

この記事はだいたい 240 で読めます

雨が辛い季節になりましたね…寒い。
試合開始にあわせて雨が降りだすとか流石の魔境西京極ですよね。統計的に見ても決して雨の試合が多い訳ではないのに(2001~の13年間で雨あり:雨なし=1:5)どうしてこんなにも雨の記憶が多いんだろう西京極。

で、相手は開幕で3:3の殴り合いをしたガンバ。…宇佐美怖い。いやほんっと宇佐美怖い。
ガンバの攻撃マジ怖い。
…と思ってた試合前だったのですが。

硬!!!!

試合後の感想はこっちでした。槍の鋭さよりも盾の硬さが印象に残った試合でした。…ゴール前何人おんねん(守備側として)。
結局カウンターだなんだで2失点した訳でーすーがー…サンガは意思疎通とか、足元の落ち着きとか、大事な場面での踏ん張りとかが足りなかったなー…っていうのと毎度のことながら「撃たなきゃ入らないんですよ!」っていう。相手からしたら自慢のパスワーク()ですよ撃たないなら怖くない(´・ω・`)

さんぺーは大事な所で滑ってんじゃないですよ滑るのは芸風だけにry …いやほんとこの分は12/8に取り返してくれると期待してますよさんぺー…。
駒井もちょっと空回ってるように見えたなぁ…(´・ω・`)

負け惜しみでもなんでもなく、POに回る事は分かってたし(ここで悔いるべきはこの敗戦ではなく8月未勝利っていう過去の敗戦)、そういう意味ではPOに照準あわせて怪我だとか、少しでも懸念のある選手は休ませるのは戦略としてアリなわけで。内野がスタメンだったのはそういう意味もあったんだろうけど…いや、よかったようっちー。宇佐美をしっかり抑えてた。控えだった選手がきっちり結果を出したのは良いニュースだと素直にそう思いますよ。2失点しといて結果もなにも…という向きもあるけど、この敗戦は確かに敗戦なんだけど、PO以上は決まってて、かつ自動昇格もほぼゼロ(つまりPO決定)な状況では使える選手の幅が広がったことを歓迎したいなーと。肝心なのはここまで続いていた「負けなし」の勢いをこの敗戦でプッツンしてしまわないこと。去年がわかりやすく尻すぼみのままPOに突入して結果……今年もJ2にいた訳で。
そうならないために次の水戸・栃木のリーグ残り2試合をきっちり勝って、あわよくば内容も良くして、3位でPOに挑んで相手(長崎か千葉か徳島かそれ以外か)わからんけども、引き分けでいいなんてちょっと網棚に放り上げといて、2連勝でJ1復帰をだな!

最後の瞬間に勝っていればいいのだ。
…ってヤン・ウェンリーも言ってた気がする。ヅカ版だけかな。

折よくこの週末に、12/8の新幹線が取れたという連絡があったので(9月頃から東海ツアーズでホテル込で予約してた)行くで国立!(雨降りませんように!)

それにしても先週は試合が終わってるガンバに昇格をプレゼントし、今節は北海道で試合前の神戸に昇格をプレゼント(しかも神戸は負け戦)し…サポから「勝利して昇格」の瞬間を取り上げるとはなかなかに嫌がらせとしては上級なことをしでかしましたよね関西互助会(互助会っていうより嫌がらせ協会)。こんなに地味な昇格決定が続くってなかなか…ないで…うん…

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA