cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2013 J2 第6節 京都 1:2 徳島

この記事はだいたい 126 で読めます

神戸戦は西京極不参加だったので久しぶりのホームゲーム……がこれか!(╯°□°)╯︵ ┻━┻

いや、ほんとにね、今日の試合はほんっっとに酷かったと思うのですよ。声出ししてて、こんなに…いや、そもそも声出し自体は無償の行為であるべきで、何か見返りを求めるのはおかしいと思うからこういう言い方もおかしいんだけどさ…それでも声出ししててこんな張りあいのない試合も…あまりないわ…

ボールを前に運ばないとシュートには繋がらないし、シュート撃たなきゃ入らないんだよぉぉぉぉヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

なんか悪い意味で「サンガらしい」試合になってたと思います。…いい意味での「サンガのサッカー」が全然出来てなかった。パスを通すことが目的じゃないでしょ。あくまで得点のためのシュート、シュートのためのパス、であるはずで、パスのためのパス、しかもそれが雑ってんでは…orz

まぁ切り替えですよ切り替え。
どんなに悲観しようともまだ6試合。まだ3月。……GWあけてもこんな調子だったらその時はもうちょっと落ち込もうかと思うけどまだ3月だし…ね…。

そういえばCKからのボールにスンフンが伸び上がってキャッチしただけでゴール裏からどよめきが起こりましたよね。…いや、なんかこう、にゅうっと出てきたんだよ…滞空時間おかしかったよ一人だけ…。

徳島には元サンガの斉藤大介や松井謙弥、大久保裕樹がいて、斎藤と松井はスタメン…松井…いいGKになったなぁ…(´Д⊂ヽ 紹介の時点では3人共に拍手。…が。
途中交代で出てきた大久保が…最後の最後にさんぺーを倒して得点機会阻止で一発レッド…まぁこのPKを原が決めて1点返したんだけどもさ…

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA