cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2013 J2 第9節 京都 3:0 鳥取

この記事はだいたい 228 で読めます

3連戦のラスト。計画通りのターンオーバーと、予想以上の怪我人続出(宮吉・原…)でスタメンFWはまた初チョイスの横谷久保。原川もスタメンで秋本と田森のボランチ…明るいニュースはベンチに中村ユウヤが復帰…山瀬の復帰はいつになるのかなー…。
そんなこんなでおそらくは狙い以上にイレギュラーな顔ぶれだった訳ですが。それが良い方向に作用したんじゃないかな、という印象です。
後ろ向きなパスもなかったし…結構前を向いてプレーしてたようにも思うし。

鳥取を侮る訳ではないけど、同じ緑のチームの印象で言うなら正直な所、岐阜の方がよほどサイドの突破が怖かったし、裏も取られてたように思います。

で。

横谷(・∀・)イイネ!!

ガンバさんありがとうございました横谷は大事にしますノシ

月曜の京都新聞でも「そのプレーには雅さが漂う」とか書かれてるんでもう京都の選手ですよね。…雅やかなプレーとはなんぞやとかその形容の仕方は如何なものかとかそういうツッコミは  雅 で な い ので却下です。
…いや、でもほんと雅なプレー…いや…うん…頭から突っ込んでいった先制点は雅とは程遠い泥臭さでしたがええのかそれは。
安ちゃんの3点目へのクロスは本当にお見事でした。…安ちゃんはユウヤからゴール奪ったみたいな感じになったけど。決まってたからよかったもののアレで外してたら…ユウヤの頭抱えっぷりはあれ以上のことに…。

久保ゆーやも久方ぶりの西京極ゴールで…それまでにもっと取れたやろ! という場面が沢山あったので…まだまだかなぁ…やっぱり2種登録の段階で爆発してしまったのが早すぎたんやろかなぁ…
それにしてもゆーやのゴールに繋がるまでの流れで力(初スタメン!)も絡んで…力はまだ存在感がないんだけど、よくも悪くも無難なんだと思う。…悪い場面で目立つ訳でもないし。今後にもっともっと期待。

昨日の試合で一番良かったのは個人的には駒井です。…っていうか駒井の走りっぷりは本当にスゴいね。最後少し足をつったように見えたけど、それにしたってあんなけ走ってて足をつるにしたってその時間帯かよ、っていうね。前線でボール追い回したかと思えば最終ラインで福ちゃんと挟みこみに行ってて…いやほんと駒井くん縮地でも使えるんですか。あるいは分身とか。

そんな駒井くんがゴール裏でマイクパフォーマンスをしてくれた訳ですが…パーサが駒井くんの肩を抱いて前に引っ張りだしたんだけども、パーサの動きが昨日は本当に…おかしかった。何がおかしいって、全部。明らかになかのh……内蔵が別でしたね。あんな軽快に動いて、ハーフタイムなんかゴール裏で小芝居? 小ネタ? をするパーサ見たこと無い…! 横谷に絡んでみたり(横谷迷惑そう)、オレオレのアレに併せて軽快に飛び跳ねてみたり………いやほんと悪いものでも食ったんじゃないですか。心配になるくらいパーサが別人(別鳥)でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA