cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2014 J2 第21節 京都 2:3 磐田

この記事はだいたい 223 で読めます

川勝新監督の船出の一戦、メンバーは確かに今、組める最良の組み合わせなんだろうな、っていう印象。だからと言ってこれがベストだと思うかと言われればそれはノーだわ。
右にビツが戻ってきた代わりに駒井は今度は左のSBへ。どこでも出来るからって器用貧乏にならないでほしいなぁとか思ってるのは昨日今日のことじゃないよ! 相変わらず駒井が割りを食って、駒井に無理させて成り立ってる布陣じゃないか。


前半のセットプレーから立て続けに失点したのが痛かった。完全に浮き足立ってた。
それ以外の場面でも磐田が一枚も二枚も上手で、あっさり網にかかってボールロストからのピンチっていう…あかん。ノーアイデアや。
山瀬が個人技で1点返した物の、あっという間に3失点。
…いや、もう前半早く終われ、って思ってましたよね。正直。後半虐殺ショーか…くらいには思ってましたよね。

なぜその後半の試合を前半からしてくれなかったのか

壮大な鱈とレバーの話だけど、ほんっとにこれ。
後半の立ち上がり40秒で大黒の気迫のヘディングゴールの時はさ、追いつけると思ったんですよ。15分前の自分をどつく勢いで。
実際、田森のシュートがバー叩いたのとか、惜しい場面はたくさんあったし。…だからこそ追いついて、勝ちたかったなぁ………

前半は抹消したいけど後半はよかったと思う。田村より伊藤とかそれだけの話では全くないんだけども。

さて、今日のイベントは妖怪デー。


便乗してボディペイントもやってもらいました。さらさらっと描いてしまえるって凄いなぁ…


西京極に出た妖怪の皆様。
百鬼夜行待機中。

そういえば時期も時期(祇園御霊会)だからちょうどよかったのか。

出たなエノキの妖怪!(違

それにしても今夜は虫がハンパなくて、どっから湧いたのか大量のユスリカが目に見えて蚊柱を発生させ…それが遠目にもしっかり見えるくらいの密度で次々に照明灯に向かっていくっていう…そこからは飛んで火に入る夏の虫…照明灯で焼かれて死骸になった虫が降り注ぐっていう…最悪の観戦環境。雨とどっちがマシかマジで考えるレベル。HTに「小さな虫が大量発生しています。落下にご注意ください」ってアナウンスされたけど…気をつけてどうにかなることなのか
あと、帰りが阪急の人身事故でのダイヤ乱れにぶつかって…2週連続1万人越えたところに人身事故かよ…! 先週なにもなくても西京極駅があふれるっていう…輸送力の弱さを見せつけたのに今週もかよ。ダイヤ運営上仕方ないとはいえ、ホームから溢れる客を尻目に次々通過していく特急…いや、ほんとに臨時停車とか考えてくれないかなマジで。せっかく駅から近い、大阪からのアクセスが良い西京極だけど、肝心の電車が止まらんのでは輸送力があるとはとても…

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA