cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2014 J2 第23節 京都 3:1 福岡

この記事はだいたい 235 で読めます

京都は日中の気温が38度を超える猛暑。いや、もう不要不急の外出は控えろレベル。家から出るのに気合いが必要でしたよ…今日の入場者数が夏休み期間中の土曜夜にも関わらず6000人を下回ったのはこの酷暑もあったんじゃないかな…
ただ、試合中は風もあるし、前回のように 虫が降ってくる こともなく、割と快適でした。


今日のスタメシはHUBのベーコン串。店で注文すると皿に乗って出て来るからか、串に刺さってるとなんか量が多いような気がする。気のせい。並んだけど美味しかったです。

で。

立ち上がりにスンフンが怖いクリアミスをしたり、全体的にトラップミスが目立つ試合でした。…後半30分くらいまでは。
駒井にしても、SBは「できなくはない」であって「できる」とかそういうんじゃないよなぁ…っていう。やっぱり駒井はもう1つ前で使って欲しい。
前半はゆーたもほとんどいいとこなかったし…ビツのクロスはワロスだし…
前半のハイライトとしては、バキのヘディングがあまりにも綺麗に決まってしまいましたね。入れるべきはそっちじゃないけど!! でも綺麗だった。そういうの次は反対側で頼むわ。

後半はサンガペースだったし、前半が嘘のようなゆーたとビツのキレっぷりで。さんぺーも今日は使われ方が良くなかったよなぁ…(´・ω・`) 大黒とさんぺーの組み合わせは難しいんだろうか。
ヒロキに変わったドウグラス。早速使わせてもらいますドウグラス。連携はまだ今ひとつかなーと思ってたんですよ。実際まだまだ詰めてくべきところはあると思うんですよ。でもとにかく強いんですよ。ATだったけどコーナーでなんであんなけ持って粘れるんww
今日今ひとつだったさんぺーに変わって山瀬が入ったことで、俄然サンガペースに。…いや、前半から結構、ペースとしては悪くなかったとは思うんですよ。カウンター怖かったしトラップミス多かったけど。その福岡の怖いカウンターの最たる坂田が下がったこともこっちに天秤傾いた理由かなーと。

待望の得点は酒井。こぼれ球を綺麗に押し込んだゴール。
そして立て続けにドウグラス! ドウグラス!! 早速仕事してくれたドウグラス!!! ありがとう徳島さん!

そしてそのまま終わるかと思ったAT、大黒!!!
ゴールを決めるや否や、ゴール裏にまっすぐ駆けて来る大黒。あそこにはひょっとしてカモちゃんのあの幕があったのかな…?(確認したらそうらしい)追いかけて来たビツと固くハグしたところで追いついた山瀬が喪章を掲げてくれた。三人とも上を指差す仕草もしてくれてたし、私が言う筋合いでないからお礼の言葉は言わないけれど、あの場面は少し泣きそうになったと白状します。

いや、ほんとに後半のラスト15分だけでよかったね! あの15分はなんのバースト状態だったのか。

そして順位が一気に上がって7位、勝ち点だけなら6位と並んで一気にPO圏に復帰ですよ。団子すぎて勝ち点3の重み半端ない。

川勝新監督初勝利ということで、この勢いのまま次のヴェルディも撃破したいところですね! というわけ水曜は西が丘初参戦してきます。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


1 comment

  1. Pingback: cella : 2014 J2 第34節 京都 2:1 横浜

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA