cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2014 J2 第24節 東京V 1:0 京都

この記事はだいたい 110 で読めます

初めての味フィ西…西が丘。味スタの罠というか味の素の罠にはまることなくたどり着いた国立西が丘。

わーこぢんまりしてて落ち着くー…ってヤマハでもこんなん言ってた気がするけども。
それにしても一見どっちがメインかわからないくらいにシンプルなスタンド…そして収容人数も7000? 今日のあれで3333だったらしく…うん、いっぱい入ってたように見えたけども。


試合の話はもう…先週のあのぽぽぽーんと入ったあの3点はなんであったのか。福岡は坂田を下げたけどヴェルディは甘くなかったということか。
西が丘の構造上、ピッチレベルと大差ない高さの視点で見てるからイマイチ奥行きがよくわからないんだけど。それにしても…シュートが…少なかったのではないかと。
良いとこ探しにはなるけど、駒井の守備意識が随分高まってるなーと感じました。あの背丈なのにゴール前で競り合う駒井。競り勝てはしないけど、タイミングで合わせてたからそれも進歩か。
監督変えて劇的に変わることはないとは思ってはいたけど、楽観視してたんだなぁ…とちょっと前の自分に喝。チーム状態は思った以上に悪かったようだ。表面健康的に見えるのに内臓やられてたみたいな。

また千葉やらとは離されたけど、湘南のことを思うとまだなんとかなると思える数字ではある…けど今年も狙うはPOだよなぁ………PO行くなら3位は避けようマジで。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA