cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2014 J2 第34節 京都 2:1 横浜

この記事はだいたい 251 で読めます

なんと今期ホーム3勝目だそうですわよ。
なんでも7月26日以来のホーム勝利なんだそうですわよ。

……2ヶ月ぶりて。

そりゃホームの喜び方も忘れますよね。
MVPの駒井の到着を待たずにオレオレやったのはまだしも、その後駒井のヒロインを待たずにみんなメインの方へ移動してしまったし(´・ω・`)
タモさんとたむたむだけが残ってくれて、特にたむたむは駒井が喋ってる途中も、バンザイの時も、タオルを振り回して超ゴキゲン。可愛かった(癒
その後メインに走って行く時にもチャント歌ったら走りながら両手でお手振り…可愛かった(癒

さて、試合ですが。
いやーフラストレーションの溜まる試合でした。ジャッジに対して。強く当たるのとラフプレーは違うだろうに、PAでのディフェンスが怖い怖い。いつPK取られるかと。
ただ、ゆーじくんのファウルスローについては、取らない審判が多いだけであってファウルスローする方が悪いのであって「見逃せよ」とかそういうことは言わないです(それにしてもゆーじくんのJ2デビュー戦のファーストプレーがファウルスローて)。
くどーちゃんの退場になった2枚目についても、厳しいな、とは思うけれど、1枚貰ってる時にあのプレーは軽かったと思うのであの退場についても特に文句はないんですけども。…1枚目についてはちょっと不満ですが。

そんなこんなで横浜にスコーンと先制された前半。
…ほんっっっとに左右揺さぶられるのに弱いな! 何年たっても! どんな顔ぶれでも!
…いや、空中戦兵器秋田がいた時は若干マシだったのかなぁ…なんかもう左右に振られてクロスからどーん、みたいなやられ方がトラウマになるくらい繰り返し繰り返しくりk

しかしこの日のサンガは前半ラストワンプレーみたいなところで追いつけたのが良かったですね! とても!
映像で見たけど大黒のあのシュートは…なんなんですかあれ。映像で見てもぽかーん。いやもうチーム成績はさておき、個人成績としての得点王はもう文句ないんじゃないですかね。2位に8ゴール差ついてるし。

今日は駒井のゴールもあったし(駒井が得点すると負けないジンクス継続)、というかやっぱり駒井はあの位置で使いたいわ。SBがダメとか言うんじゃなく(最初は確かにアレだったけども)、せっかくのスピードをDFラインからのダッシュに使うよりは、一つ前からの飛び出しに使って欲しいし。

あと、田森のすんごい惜しいシュートな。あれ、かなり変な体勢でボレーだったけど、あれ決まってたらこれもゴール裏ぽかーんやったな…枠行くと思わんかったし…。

交替は相変わらず遅いと思うけれど、「じゃあ何分を目安に誰と誰を替えるのさ」っていう話になると…ベンチメンバーの偏りっぷりを思うと…替えどころ…なぁ…。
強いていうならくどーちゃんの退場がなければ(あるいはそれより早い時間で)たむたむの投入はあってもよかったんじゃないかなー…とは思います。

山形が讃岐相手に大量得点で得失点差を+4積み上げて7位グループの頭に。ヴェルディと引き分けた千葉とも並んで7位グループに勝ち点同じで並んだ訳ですが…いや、ほんと千葉さんとズッ友すぎてな…一緒に上がる以外にお互いが昇格する方法ないんかいなほんま。


そんな今日の謎のお立ち台「1」…これ、用途としてはお立ち台じゃないんじゃないの…?

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA