cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2014 J2 第36節 京都 1:1 熊本

この記事はだいたい 25 で読めます

超大型の台風が近づいている三連休初日、まだまだいい天気で暑いくらいの日差しでした。

スンフンがベンチ外で大地がスタメン。サブに元気。
田中がついにスタメン落ちして代わりに磐瀬くんがスタメン復帰。磐瀬くんについてはデビュー戦でいい動きしてたのに怪我するっていう…orz だったのでこのスタメン復帰はうれしいですね。

まぁ肝心の試合は塩気の濃い…(´・ω・`)


まずは前半から福ちゃんの調子が明らかに悪いというか、パフォーマンスがかなり低調。ルーキー怪我明けの磐瀬くんと似たり寄ったりではあかんで福ちゃん。
大地はゴールキックの精度が…なぜそんなに右に曲がるのだ。左に蹴ったらラインを割るし…そりゃ左右を狙うのはわかる。わかるけど! ビツとか毎回戻って受けてたがな。来期はおそらく、ほぼ確実に(誰か取らない限りは)正GKになるんだからそこらへんの正確さを頼みますよ…守備面では後半終了間際のとっっっても怖い場面を除いては、熊本がそんなに出てこなかったのもあって危なげはなかった…と…思…

前線は…いやほんとどれか決まってたらなー…(´・ω・)(´・ω・)
シュート数はあったと思ってるんですよ。ただ…ゴールがない(´・ω・`)
いや、シュート数もあったと思ってるだけで実際は8:5だったようで。そんなもんだったのか。
大黒とドウグラスを前後に置くのはどうなんかなぁ…俯瞰の映像じゃなく、スタンドから見てるとそこまで意識してなかったけど、相手が引いてたからもあるのかな…。

選手交代、特にさんぺーの投入が89分近くっていうのは監督的にはどんな意図を込めたんだろう。ドウグラスに点取りそうな空気があった? あった…か…?
交代枠を残すのは使い道がないからとかそういう場合があるのはわかるけど、どうせ交代させるなら、ましてFWの選手を入れるなら、なんでそんなATしかないような時間になったのか。さんぺーはそんな短時間しか出られないM78星雲からの使者なの?

監督の意向なんか一サポにはわかりっこないし、監督にもサポへの説明責任はないと思ってるけど。なんかもう来期どうしようか、みたいな意向が見え隠れしてるようでもやもや。
はっきり書くと角が立つけど、正直、私個人としては今期は川勝監督で(昇格を手にして)終えたとしても、来期は違う人に監督していただきたいと思ってます。監督をコロコロ変えることの弊害はこれまでのサンガが散々繰り返してきた歴史だけど、それでも来期も川勝監督ってのは…やだな…

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA