cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

6月17日 大会6日目

この記事はだいたい 140 で読めます

GL H ベルギー 2:1 アルジェリア

この試合もPKから得点が動いた試合。後ろから手を使って引っ張ってるからこれはとられるわ。しゃーない。…というか気をつけないと。
これをアルジェリアがきっちり決めて先制。アルジェリアは二十数年ぶりのW杯本戦での得点になるんだとか。

…とはいえ、今大会は先制しても追いつかれて逆転されるっていう試合が多くて、先制点がアドバンテージどころかディスアドバンテージなんじゃないかとさえ…
って思いながらも睡魔に負けて、起きたらなんていうか「そんな予感はしてた」みたいにベルギーが逆転勝ちしてましたよね…
ちょっと気になったからGL終わる頃に先制した(された)後の逆転率とか出してみたい。あとは先制点がPKだった数とかも。

GL A ブラジル 0:0 メキシコ

ネイマールが金髪になったとかいう記事を見たけど、なんていうか…あまり似合わない…? いやいや…
メキシコGKのオチョアが覚醒状態で、ブラジルの猛攻(というほど一方的な試合ではなかったけど)をことごとく止める
!止める!!止める!!! 八面六臂とはまさにこのこと…思えばサッカーで八面六臂ってGK以外には使えない表現だよね。
いやもうほんとメキシコ勝ち点1はオチョアのおかげですよ。
かといってメキシコに惜しい場面がなかったかといえば全くそんなことはなく。ブラジルも開幕戦のことを思うと精彩を欠いたようにも見えたし、グループAからのベスト16の顔ぶれは最終戦まで持ち越しになりましたね。

GL H ロシア 1:1 韓国

ダイジェストで見たけど韓国の先制点、ロシアGKのとんでもないチョンボで…追いついたロシアの得点も割と混戦の中から奪ってたんだけど、それ以外の場面はどうだったんだろう。
洪明甫は監督としてのW杯初戦で勝ち点得たんだからここ数試合の流れを思うと上々だと思えるのだけれど。

グループ H

ベルギー   3(+1)
韓国・ロシア 1(0)
アルジェリア 0(-1)

にほんブログ村 サッカーブログへ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA