cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2015 J2 第2節 京都 0:2 磐田

この記事はだいたい 39 で読めます

ホーム開幕ですよー短くて長いオフが終わり、長くて短いシーズンが始まりましたよー


お、数日前の雨予報が消えた…?
と喜んでいたら…

………ほんとに降らないの…?
疑わしき西京極ウェザーは今年も健在。結局ぱらつく時間もあって、カッパまではいらなかったけどゴミ袋は必須アイテムですね。


試合結果についてはもうそのままなんだけど、気になったのは大黒がボール呼んでるのに全然大黒に(というか裏に)ボール出ないのな。出してるのに届いてないのもあるけど、大黒呼んでるな、っていう場面なのにパスは横かマイナスっていう。
仮に大黒がガチガチにマークされてて、大黒がそういう(マーカーを引きつける)仕事をしているのなら次に誰がゴールを狙うのか。
ロビーニョが入ってからはロビーニョが凄く警戒されて2人3人付かれてるんだけど、だったら誰がフリーになってるのか。
そういう二人目三人目の存在感が乏しかったかなぁ、と。

だいたい大黒がマークされるのなんて想定の範囲内で、むしろ去年の得点王を厳重マークしない相手がいたらそれはバカなのか、よほどの思うところがあるかのどちらかで。
監督が「何がなんでも大黒を90分使う」なら大黒を使って点を取る方法をもっと用意しとかないと。大黒でしか点が取れない去年の二番煎じはもう使えないよ。

今日、封じられてたのはビツも同じ。むしろビツは相対してるアダイウトンとの相性が悪すぎた。
だからこそアダイウトンが下がってからは一気に攻撃で畳みかけられたんじゃないかとも思ったし。

繰り返しになるけど去年のサンガを見てる相手はまず大黒、次にビツや駒井(それから山瀬)をチェックしてくるのは間違いないんだから、彼らをおとりにするような戦術とか…考えてるんだろうけどまだ実現に至ってないのかなぁ…

あとは西京極の芝を見方に出来てない。滑る選手多すぎ。

良いとこ探しじゃないけど、ミヤのポスト強打したシュートはよかった。狙いすぎたかな、とも思えるけど、あれを打てるのは流石ミヤ。
他にもハヤトと駒井はロケットエンジン搭載してるみたいな走り方をするし、ロビーニョの速さはほんとに魅力的。…ただしボールロストと高さには弱いのか競り合いがいまいちだったのがな…。
開幕見た人がナミルいいよ、って言ってたから期待してたんだけど、今日のナミルはあかんかったのか、私が期待過剰だったのか。
時間は短かったけどジンソンいいね!

なんだかんだとマイナスばっかり書いてるけど、こういうことを言えるようになるとシーズン始まったな、と思えますね。
前半、失点するまでのプレスはほんとによかったし、後半、ビツを苦しめてたアダイウトンが下がってからの攻撃も悪くなかった。
後はほんとに得点がなぁ…

失点にしても、1点目はセットプレーだし、2点目は完全にミス。…からのアダイウトン個人技にやられてる。
崩されての失点ではないのがまた…悔しいなぁ…

それにしても観客数16000って( ☉ω☉)
これより多かったのは2002の磐田戦の2万超えくらい? 大量に動員仕掛けてくれた明治安田生命をはじめ、企業さんのお力あってこそですね…SBは招待券で超満員だったようですし。ホーム南とアウェイゴール裏との緩衝帯もいつもより狭かったし。

最後に、2失点で完封負けしといて お前が言うな感はんぱないんだけど、敢えて言う。

こんな磐田は怖くない。

昔の磐田はもっとこう、正確なパス(ショートもロングも)で守備陣営切り裂いて揺さぶって崩して点を取るチームだったと思うけど、今日の磐田は前の外国人が一人で頑張って点を取るだけのチームでした。
悪い意味で「J2のサッカー」というか。J2の戦い方そのものというか。昇格できてもこれではJ1戦えないな、っていう。

うん、お前が言うな。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


1 comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA