cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2015 J2 第4節 京都 1:1 讃岐

この記事はだいたい 232 で読めます

開幕戦勝利からの連敗で迎えたホーム2戦目、なんていうか 当たり前のように雨予報☔️ なのがほんとに西京極らしいですね。ええ、とても。

まぁそれでも試合が始まってからはほぼほぼ降らず、前半でポンチョもあらかた乾いてHTに畳んでしまえる程度ではあったのですが。


今日の試合、あんなけボール持ってても為す術無しか、というか。讃岐はサンガ対策なのか、上位(仮)対策なのか、いっそ潔いドン引き5バック
つまんねー戦術取りやがって、と言うのは簡単だけど、徹頭徹尾5バックのドン引き守備で、サンガがボール持たされてる間はPAにみっしり6〜7人残ってて入る余地なしってのをやられると…色気出すより着実確実に失点しないことっていう共通意識の硬さを感じましたね。
それを崩す術がないのがサンガの弱さか。
大黒や後から入った有田は裏を狙う動きもしてるんだけど、両サイドのビツとテソンからのクロスに頼りまくりな攻撃ばかり。かといってこの二人のクロスの精度がピカイチかといえば…(黙)
いや、前半のビツのダイレクトクロスは見事でしたよ!
でもサイドから崩して得点源にするには十分とは…うん…

讃岐の3倍のシュート打って、3倍のCKと2倍のFKを蹴ってても1点取れたのはPK。
決定力不足の5文字にするのは簡単だけど、じゃあ誰が、どうやって得点するイメージなんだろう。讃岐はドン引き守備してたけど、その中でもカウンター一本で点を取ろうっていう戦術がはっきりしてたし、実際それでやられた訳で。
闇雲にビツかテソンにはたいてクロス入れて中で合わせる、みたいなふんわりした得点イメージしか今日のサンガからは感じられんかったかなぁ…(´・ω・`)

チーム作りに失敗してるとか、今年はもうだめだとか、そういうことは言いたくないんだけど(貶し愛、とか言うけどそれでも自分の好きな物をマイナス方向に喧伝したくはない。良い方に宣伝して客増えて欲しいし)、そのためにはやっぱりホームで勝利が見たい……
サポなんて大多数が単純なもんで、勝ち試合見せとけば文句なんて出ないんだからさぁ…

良いところ探しではないけれど、ミヤはほんとに献身的に働くなぁ…なんでそこにいるんだ、みたいな位置でディフェンスしてたり。逆にミヤは献身的過ぎるよ…もっと我が強くてもいいと。
ディフェンスで光ってたのはテソンも。テソンとビツはドン引きの讃岐相手にサイドを一体何往復したことか…多分今日の運動量1.2はこの二人かと。
バキにしても山口にしても、ナミルにしても、ディフェンス場面ではそんなに危なげってなかったと思うんですよ。失点してるけどさ。

さて、入場者数は激減して4000人。…いくら開幕は開幕ブーストとか明治安田生命様の動員とかあったにせよ、激減しすぎやで。
そらまだ肌寒いこの季節に雨の中、レインポンチョで(傘もささずに)雨に打たれながらサッカー見るとか普通に考えたらアホの所業ですよ……

はーいアホでぇーす∩३°∀°३

ってのはさておき、全席屋根付きスタジアムはよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA