cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2015 J2 第8節 徳島 1:0 京都

この記事はだいたい 324 で読めます

思い起こせば1年と半年前、国立での苦い苦い記憶以来の徳島戦。第九は歓喜じゃなく苦い記憶に直結している…あの時明暗くっきり分かれたはずが現在のチーム状態はお互いどっこいどっこい…地を這うようなアレ。

今日の徳島はレディースデーとのことで、開場までの間にハンドマッサージなどうけてみました。なんかスッキリした気がする!

アウェイといえば

スタグルですよね

ストロベリーなんとかサンデー。限定50食? とかなめてんだろ、と思ったけど開場してすぐに荷物置いて買いに行ったら普通に買えました。でも店の場所がわかりにくすぎて迷ってたので…もったいないなぁ…丁度良いボリュームでおいしかったのに。

徳島ラーメン「ふく利」。牛丼とかなり迷ってたのですが、ハンドマッサージしてもらってる間にラーメン(の店)をかなりプッシュされてたのでラーメンにしました。肉の塩味がかなり強めでしたがそのかわりほんとに蕩ける柔らか肉でしたね! 待ち時間が短いのも高評価です。サンデーより待ち時間短かったし。

鳴門金時の焼き芋。これは帰りのおやつ。冷めてもうまうま。

ついでのエージェント活動報告

鳴門には徳島サポが作ったとしか思えないミッションがいくつかありまして。

これとか。

駅からポカスタまでのルートミッションとか。

今回はユニークポータルハック数を稼ぎたかったのですが、高速乗ってしまうとないんだよなぁ…行き帰りのSAとなんだかんだで京都市内(高速乗るまで)でしか稼げず、+60止まりでした。100はいけんかったか…。時間も無いから焼いたりもできないしでAPもさほどたまらず…いつになったらA9になれるやら。先のことを考えると私がほぼほぼ確実に(かつ最短で)次にゴールド取れるのはexplorerなので遠征の時は稼いでおきたいところです。

え、試合?

なんていうか、お互い雑なプレーの連続でしたね。スペースになんとなく蹴ってんのとちゃうか、って言いたくなる場面が多いこと多いこと。

そもそも今日のプログラム、両チームの紹介というか、状況? のところがあまりにも似通ってて、もうここコピペで同じ文章載せても何ら問題ないレベル。

そんな低調vs低調な試合で、唯一の得点がオウンゴール、なんつーか、ほんとに低調な試合らしい決勝点。

山瀬がまさぽんとゆーたのカバーに意識取られてて、期待したほどのシャドーの仕事ができてなかったんだろうなぁ…まさぽんは経験値が足りなくてふわっとしたプレーしてる部分があるんかなぁ…ゆーたはもっとゴリゴリ行ってもいいんじゃないかと思うけど、監督から止められてるのかな? 大人になったと言えばそうなのかもしれないけど、もっと若いときのゆーたは前を向いたチャレンジをやってて、そのプレーが好きだったんだよなぁ…(うかうか飛び込むなっつー意見ももちろんあるのは承知)

先発を固定したら硬直と言われ、入れ替えたら優柔不断と言われる監督という職には同情の余地は大いにあるけど、それにしたって入れ替える場所はそこなのかよ、と。ここ最近の入れ替えは硬直と優柔不断が両立してんちゃうかと。

ダメもとという言い方は好きじゃないし、そもそも「ダメもと」をせざるを得ない状態で「ダメもと」を実行して上手くいくことなんてまずもってないのもわかってるけど、そろそろ大黒・ビツ・ナミルを(別々にでも)一回休ませてはどうかと。

良いところを探そう

元気が公式戦デビュー。

元気のキックは真っ直ぐ飛ぶのね(むしろ大地はなぜあんなにぶれるのか)。しかし飛び出しちょうこええ。飛び出してポロリしてゴールがら空きとかマジ肝冷えたし。ハヤトよく守り切ったよほんと。

そんなわけでまだまだ怖いんだけど、でも思ったよりはよかった…ように見えるのは相手が絶不調(お前が言うな)なの徳島だからか…

あとは天気がよかった(風は強かったけど)のはよかったですね。試合後はバラバラと降ったけど。観戦環境大事。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA